箕面~妙見山往復マラニック

 昨日、土曜日にryuji1962さんのお誘いをうけて
亀オヤジさん主催の箕面~妙見山往復マラニックに参加しました。

 メンバーはryujiさん、亀オヤジさん、AKAさんと私の4人です。
皆さんとは今回初面識でしす。
 箕面駅に集合して8時半にスタートしました。
箕面~妙見山往復41キロを目標4時間半から5時間で帰ってくる予定だそうです。
正直、私には無理!
これは大分迷惑をかけるなあと思って参加しました。

天気予報では一日雨だったのですが、スタート時点ではまだ降っていませんでした。
おかげでかなり涼しく走れました。

 スタートしてから滝道でいきなりryujiさんがスパークしてかっ飛んでんで行きました。
さすが立山登山マラソンに参加されるだけのことはあります。
(立山は今年天候のために途中で終わってしまって残念でした)

 亀オヤジさんとAKAさんはこのコースはいつも練習コースにされているそうです。
最初はゆっくりペースで行かれました。
たぶん今回は私にあわせてくれているのだと思いました。

箕面の滝で休憩してそこから車道に登って行きますが、普段はここは走らない
所なのにさすが皆さんは走って行かれます。

 AKAさんはずっと変わらないペースで登り道を行かれます。
亀オヤジさんは道の出てきた沢蟹が車で踏みつぶされるのが可哀想だと
いうので道の端に避難させながら走っていました。
かなりの数なのに大丈夫かなあ?
大分遅れていたみたいなのにあっという間に追いついてこられました。
さすが!

 箕面ダムを越えて北摂霊園の入り口を通って高山で給水休憩をしました。
ここから妙見山の登り口の金石橋までずっと下りです。
下りに強いryujiさんに付いて行ってみようなどと無謀な事を思ったのですが、
速すぎてとても無理でした。

 そのおかげで結構疲れてしまいましたね。
そして、いよいよ妙見山への7キロの登り道です。
ここはさすがに付いて行く事ができずマイペースでゆっくりと登って行きました。
それでもいつもよりは速かったと思います。

 どこまでも続く登り道、次のカーブが最後か?と思いながらずっと裏切られ、
やっとの思い出登ってと思ったら2キロほどの下り道。
帰りはこれを登と思うと素直に喜べない・・・。

 下りが終わったら三叉路に出て右折、ここから1キロ再び厳しい登りが続きます。
そして雨がしだいに強くなってきました。
涼しいを通り越して寒い?

 やっと妙見山の山頂のバス停にたどり着いたら皆さんが待っていてくれました。
やっぱり足を引張ってしまったなあ、と思っていたのですが皆さんは
「いやいや、5分も待っていませんよ」
と慰めてくれました。

 そこで給水したりおにぎりを食べたりして20分休憩して復路に着きました。
下りはやはりryujiさんがかっ飛んでいきます。
そしてAKAさんは見事なペース走です。
亀オヤジさんは後ろを走っていたのですが途中でペースをあげて飛ばして行かれました。

 金石橋からのきつい登りの走って高山に着いて給水休憩。
自販機にカエルがへばりついていたのは微笑ましかったですね。

 ここからはダラダラな下り道ですが、結構速いペースです。
私はAKAさんに必死に付いていきました。
箕面の滝はパスして滝道を下ります。この頃は雨が一段と強くなっていました。

 箕面の駅にゴールしたときの私のタイムは4時間59分でした。
本当に5時間で往復出来ました。しかも、休憩時間を入れてなので実走は4時間半くらいです。
自分ひとりではまず無理なタイムです。
来週の丹後に対してすごく良い練習ができました。
どうもありがとうございました。

 その後は、阪急石橋で銭湯に入ってさっぱりしてから、餃子の王将に入ったのが
確か午後3時頃でした。マラソン談義で楽しい一時を過ごしたのですが、店を出たのが
確か午後9時前でしたね。
 生ビール4人で31杯、ひとり5千円成。
約6時間、マラニックよりも飲んでいる方が長いやん・・・・。

 そして、今日はリハビリランで13キロ走りました。
これで今月(9月)の月間走行距離が200キロを越えました。
大会を入れずに練習だけでは最短記録です。

写真を撮る余裕は無かったのですが、少しだけアップしました。
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2009-09-13 22:55 | ジョギング
<< いよいよ丹後、今年こそリベンジを 重陽の節句 >>