四万十川への道 第一弾

 昨日、2週間後に迫った四万十川100キロウルトラマラソンのために
久しぶりにLSDをしました。

 コースは丹後のときに走った篠山までの道です。
今回はひとりではなく、すごいランナーに付き合って頂きました。

 午前8時に間に合うように自宅を出て6キロの道を阪急川西能勢口に走って行きました。
8時丁度に今日一緒に走っていただくkimi爺さんがやってこられました。

 実はkimi爺さんは私よりも20歳も先輩でありながら、私など足元にも及ばない
すごいランナーです。申し訳ないのですが今日はゆっくり走にあわせて貰いました。

 川西能勢口の駅から清和台へのダラダラな登り道を走っていき
まずは多田神社に参拝しました。kimi爺さんも30年前に一度ここにこられた事が
あってずいぶん懐かしがっていました。

 参拝をしてから猪名川沿いの旧道を走って行ってやがて新道と合流し
途中から歴史街道に入って多田銀山に行きました。
途中で栗が沢山落ちていました。私には珍しくない光景ですが、kimi爺さんには
こんな体験はしたことがないと喜んでおられました。
ここでいつものようにプチ観光をして、さらに歴史街道を走っていくと
やがてプチトレイルランをしてやがて猪名川道の駅に出ました。

 ここで給水とトイレ休憩をして国道12号を篠山に向かって走って行きました。
ここからはあんまり面白い所はなくただ黙々と距離を延ばして行くだけです。

 出発してから約20キロ地点のコンビニでトイレを借りて、おきまりの
ガリガリ君をかじりました。何味にしようかと悩んだのですが、結局いつもと同じ
ソーダ味になりました。kimi爺さんもソーダ味が一番サッパリすると意見が合いましたね。

 約25キロ地点のコンビニでおにぎりとビールを買って昼食にしました。
全然アルコールを飲まれないkimi爺さんには悪いと思ったのですが、
これから峠が続くのでそろそろ給油しておかないと走れないもので・・・・。

 ここからは緩やかな登り道がダラダラと続きます。
途中の峠の茶屋の看板がある(営業しているかどうか疑わしい)所の自販機で
ウルトラサイダーを飲みました。これもこのコースを走るときのお決まりです。
kimi爺さんもそのお決まりに付き合ってくれました。

 西峠を越えて下りきった所が後川です。
もしこのまま県道を真っ直ぐ行くと少し登ったらトンネルがあって長い下り道のあと
10キロくらい平坦な道を走れば篠山の市街に到着します。
 そしてもう一方は、この後川で県道を離れて西に行くと厳しい登りのある母子峠を登り
永沢寺(ようたくじ)に出ます。そこから少し走ってさらに三国ヶ丘峠を登って
長い長い下り道を下りてから3キロほど平坦な道を走ったら篠山の市街です。
こちらの方が距離も5キロ程遠くなります。

 久しぶりのランだったので少しバテてきた私としては前者のほうがいいなあ、
なんて思いながらkimi爺さんにお伺いしてみると当然のように
「せっかくだから永沢寺に寄って行きましょう。」という事になりました。

 案の定、母子峠の登り道ではkimi爺さんのペースには付いていけず
先に行って待っていて貰いました。それにしてもまったく疲れを見せずに
淡々と走って行かれる後ろ姿に驚愕し尊敬の眼差しで見送りました。
私も将来こんなランナーになりたいと思いましたね。

 永沢寺で少し休憩してからいよいよ最後の三国ヶ丘峠を目指して登って行ったのですが、
さすがに疲れ果てて走っているのか歩いているのかわからないペースになってしまい、
再びkimi爺さんに待って貰いました。
あとはkimi爺さんに引張ってもらって篠山城跡でゴールしました。

 本当に後半はボロボロになってしまい情けなかったです。
篠山までの距離は51キロで自宅から駅までの距離をいれて
57キロ走ったことになります。

 こんな調子では四万十川100キロマラソンは不安ですね。

kimi爺さん、一日練習マラニックに付き合って頂きましてありがとうございました。

ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2009-10-04 17:28 | ジョギング
<< 娘の修学旅行 月間400キロ達成出来ず! >>