1.17追悼ジョグ

 あの忌まわしい瞬間から15年が経ちました。
そしていつの日からか始めた恒例の阪神大震災追悼早朝ジョグを
今朝も行ないました。
とは言っても目が覚めたのは5時半を過ぎていました。
大あわてで着替えて家を飛出したのが5時40分でした。
いつもバタバタです。

 そして、5分後の5時45分に立ち止まって西の空に向って
しばらく黙祷しました。
「阪神淡路大震災で亡くなられたすべての人に、
そして生後4ヶ月で旅立ってしまった我が娘、明日香に・・・」

 今に想えば明日香には良い父親ではありませんでした。
彼女が誕生した時は長期出張中だったので、初対面は生まれて1週間後の
事でした。
そして普段でも長女が3歳だったので、妹が出来たことによって甘えが強くなってきたので
明日香をあまり抱いてあげることがなかったのです。

 そして、あの1月17日も私が出張に行っていたために芦屋の家内と一緒に実家に
行っていて震災にあってしまいました。
家は全壊して明日香だけが亡くなってしまいました。
私は偶然にもその日の早朝に出張先の群馬県から車で帰って来たところでした。
そして、地震のあとやっとの思い出崩壊した芦屋の町にたどり着いたのですが・・・。

 明日香の事を思い出しながら走っていると思わず涙がこぼれそうでした。
でも、ぐっと堪えました。
だって、いいおじさんが涙を流しながら走っているのって、絵になりませんからね。
[PR]
by szsato | 2010-01-17 09:37 | ジョギング
<< 何でやねん! 商売繁盛で笹もってこい >>