丹後への道、篠山マラニック

長引く風邪の影響でまったく走れなかったのですが、
やっと復活しました。

昨日、丹後100キロマラソンまで1週間になり今回はまだ40㎞を越える練習を
していなかったので焦ってきたので自宅から丹波篠山までの42㎞を走ることに
しました。本当は先週に走る予定だったのですが休日出勤で疲れていたのと風邪で
咳がひどくて走れる状態ではありませんでした。
週明けに医者に行って薬を貰い、咳は収まったのですが薬の影響で虚脱感が
抜けず全然走れずにいました。
そこでいきなり42㎞の練習なので篠山までたどり着ける自信はなかったのですが
ここで諦めては丹後はまったくダメだと思い家を出ました。

走り始めは流石に重たくてなかなか辛かったのですが、10㎞を過ぎると段々と
体が慣れてきたのか口笛でも吹きそうなくらい気持ち良く走って行けました。

ところが日ざしが厳しくなるにつれペースが落ちてきました。
15㎞過ぎのところで「ふるさと館」の駐車場前の日陰のあるところで休憩しました。
暑さでかなりまいっていたのですが10分ほど休憩したら再び走れるようになりました。
それにしても、日陰がほとんどなくて本当にヘバリそうでしたね。
d0075225_2394820.jpg

                       六瀬の常夜灯

約半分の21㎞地点の杉生のコンビニで昼食をとってから西峠を目指して
走り出したのですが、段々と足が止まり最後には歩き出していました。
それもかなりバテバテ状態で、途中で止めようかどうかかなり迷いました。
止めるならば1時間に1本あるバスに乗れば引き返す事が出来ます。

それでもずっと歩き続けて西峠にたどりつき、下りになればやっとフラフラながら
ゆっくりと走ることが出来るようになりました。
それでも暑さと練習不足のせいでかなり疲れていました。
下りの途中にある「峡谷の森公園」でアイスシャーベットを食べて一息つきました。
ここは冷房はなかったのですが、自然の気持ちの良い風が吹いていて座っていても
ウトウトと眠気が誘われました。30分くらい休んでいるとかなり回復して再び
走る事が出来ました。

峠からの下り道は木陰が多くかなり気持ち良く走る事が出来ました。
後川で下りは終わりました。それとここ後川は引き返すためのバスの始発地点です。
ここを越えてしまうともうリタイヤは出来ません。
それでもかなり復活できていたので何とか次の峠へと向うことが出来ました。
峠道を登っていると対向車の軽トラックから「頑張ってください!」との掛け声がありました。
やっぱり嬉しいものですね。

順調に城東トンネルまで走りきる事が出来て、日置までの下りも止まらずに
走り続ける事が出来ました。
ところが不注意からペットボトルの水が途中で空になってしまい、喉がカラカラの状態で
自動販売機を探しながら走っていったのですがどこにも見あたりませんでした。
日置の町についてやっと自販機を見つけてミネラルウォータを買ったのですが
押さえようと思いながら押さえきれずに500mlをほとんど一気に飲んでしまいました。
すると今度は疲れがぶり返してきて再び走らなくなりしばらくは歩き続けました。
峠を下りきってしまうと再び炎天下の道が続きます。
ここからゴールの篠山城址まで約10㎞です。

とぼとぼ歩き続けてやっとの思いでコンビニにたどり着きました。
幸いにもこのコンビニには休憩室があったのでアイスクリームを食べて体を冷やし
またまた30分も休んでしまいました。
長く休んだかいがあって再び走り出すことが出来ました。
それでもゆっくりゆっくりです。
今日は途中でひとりもランナーは見かけませんでした。
サイクリストは数人見かけたのですがいつもよりは少なかったですね。

やっとの思いで篠山の町に着きました。ここから篠山城址まではあと2㎞です。
安心感からかここからゴールまではまたまた歩きです。
と、言うかもう走る力は残っていませんでした。

このコースは今まで何度も走ってきた道なのにこんなに苦しんだのは初めてです。
今回は何度も何度もリタイヤを考えていただけに篠山城址に着いた時には本当に
嬉しかったです。
d0075225_23115173.jpg




でも、100㎞マラソンの本番1週間前でこの有様では完走は無理でしょうね。

昨日の走行距離は42キロです。
そして、今日は疲れ取りの意味で7キロ走ったのですが、やっぱり疲れていました。(笑)

9月の走行距離は49キロです。
d0075225_23121371.jpg

ミネラル分の補給のために麦茶はいっぱい飲みましたが最後は麦酒ですね。
[PR]
by szsato | 2010-09-12 23:08 | ジョギング
<< 超プチインターバル走 重陽の節句 >>