淀川市民マラソン

淀川市民マラソンに参加しました。
まだ、足の故障は完治していないのですが今年まだ1回もゴールテープを
切っていないにでこれが最後の機会です。

スタート会場の守口の淀川河川敷に行ってみると、人、人、人・・・。
どうやらフルとハーフを会わせて14.000人が参加するそうです。
d0075225_1214278.jpg



スタート前にチームホラポスの人達と会って記念撮影をしました。
その時にryujiさんから「はるきサブ5プラン」なるメモを頂きました。
と言うのも今回ryujiさんはまだ5時間切りをしていないはるきさんの
サポートをして一緒に走るのでそのためのペース配分表でした、
それによると前半は1キロ6分半で行って後半から徐々に1キロ7分に
落としていき最後は4時間44分でゴールするという物でした。
故障中で全然練習をしていない私にはこれでも厳しいかなあ、と
思ったのですが取りあえずお付き合いさせて頂くことにしました。

フルマラソンのスタート地点にryujiさん、はるきさん、ふかちゃんと
一緒に行き、ゲストの高橋尚子さんの応援を受けながらスタートしました。
ゲートをOCさんがチームホラポスの旗を掲げて応援してくれていました。

コースはほとんど平坦で天気は曇り、時折小雨が降ったりやんだりで
マラソンには絶好の日和です。

順調にペース走をするryujiさんとはるきさんに付いて行きました。
ペースは予定通り1キロ6分半くらいです。
しばらくはryujiさんと色々と話しながら走って行きました。
はるきさんも余裕がありそうです。

毛馬橋を渡って淀川の対岸に行きました。
十三を越えやがて塚本を越えたところで約11キロ
やっと1つ目の折り返しです。

塚本幼稚園の園児達がたくさん応援に来てくれていたのでみんなとハイタッチを
して元気をもらいました。

故障中の足の方は痛さを通り越して少し痺れてきていましたが、それ以上は悪く
なりそうにないので何とか走れます。

しばらく行くと今度は亀オヤジさんご夫婦が応援に来てくれていました。
やっぱり知り合いに見られると元気が出るというか、疲れた姿が出来ないと
いうのかやっぱり助かります。

復路の毛馬橋を渡ったころにryujiさん達とはぐれてしまいました。
しばらく待っていたのですが諦めてここからはひとり旅です。

21キロの大会会場を通過するときに枚方側からハーフの部のランナーが続々と
ゴールしてきます。
やっぱりハーフだったら楽だったのになあ、まだ半分あるよ~、と弱気になりました。

すると高橋尚子選手が応援してくれていました。
ハイタッチしてもらって気持が高揚し、ひとりになって少し落ちてきたペースが
また復活しました。

またまたOCさんから声をかけて頂きました。

それから大阪ミントのフクさん発見。

30キロ過ぎでほぼryujiさんの「はるきサブ5プラン」と予定通りの時間でした。
なんだかはるきさんではなく私用のプランのような気がしてきましたね。(笑)

余裕があったのはここくらいまででした。
やっぱりどの大会でも70パーセントあたりが一番辛いものだと思っていたの
ですがやっぱりここでもその通りでした。
ペースがどんどんと落ちて行きました。

それでも「はるきプラン」の予定通り1キロ7分はキープしています。

すると後ろからryujiさんから声をかけられました。
「え~はるきさんは」
「もう見捨ててきました」
と言ってかっ飛んで行きました。
まるでお尻にジェットエンジンを積んでいるみたいでした。
私はというととても付いていけずひたすら「はるきプラン」を守ることにしました。

あと1キロというところでロッコーマンさんにお会いしました。
ロッコーマンさんは3時間23分という好記録でゴールされたそうです。

ゴール間近でチームホラポスの面々が応援してくれました。

結局、最後までペースを上げることなくゴールしました。
タイムは4時間46分でした。

残念ながら「はるきプラン」の4時間44分には2分遅れてしまいましたが、
本当にこのプランはありがたかったです。
おかげでそんなに疲れることもなくゆっくりとマラニックを楽しめました。
ryuji監督、どうもありがとうございました。
おかげで今年最初で最後のゴールをする事が出来ました。

でも、フルマラソンのワースト記録を更新しましたね。(笑)
d0075225_1225548.jpg


              ゴール後におしょうさんから命の水を頂きました。
d0075225_1233153.jpg


                      チームホラポスのみなさん
[PR]
by szsato | 2010-11-09 11:57 | 大会
<< B級グルメ~甲府鳥もつ煮 自転車&ジョグ >>