阿蘇カルデラスーパーマラソン

過去3回阿蘇カルデラスーパーマラソンに参加してその結果は2勝1敗でした。
その1敗も一昨年に初めて萩往還250キロを完踏した1カ月後の事だったので
正直あまり苦手意識はなかったです。
しかし、やはり練習不足というものは容赦がなかったですね。

午前5時に南阿蘇のウィナスを出発した時には練習不足にも関わらず順調な
スタートでした。
萩往還の時の走友であるAさんとしばらくは一緒に走らせて頂きました。
Aさんは私よりも10歳くらい年配なのに100キロマラソンは10時間代
萩往還250キロは40時間くらいで完走する超ウルトラランナーです。

今まではここの大会でも一緒にスタートして10キロも行くととてもついて
行けなくなって私から離脱していたのものなのですが、今回はしばらく一緒に
走って頂きました。
当然私にとっては速いペースです。
私は100キロの時で順調な時には最初は大体1キロ6分半から7分くらいで
走るのですが今回は1キロ6分をキープしていました。

20キロ過ぎの高森峠までは自分でも考えられないくらいハイペースで走って
いました。しかし、所詮練習不足の私にはここまでです。

確かに2キロで標高400mを登らなければならないこの峠は走る事は
出来ませんがそのあとが良くなかったですね。

峠を登り終ったらすっかりバテテしまいました。しかも峠まではすべて歩いたと
言うのにです・・・。

ここからはカルデラの上なのでアップダウンの連続でした。
しかも日差しがカンカン照りになってきました。
エイドで頭から水をかぶっても5分も走るとカラカラに乾いて容赦なく
日照りが襲ってきました。

すると上り坂はまったく走れなくなってしまいました。
過去になかった事です。やはり練習不足の報いですね。
それからは今までの貯金をすべて使い尽くしてしまいました。

50キロ過ぎの中間地点のエイドにたどり着いた時には制限時間15分前に
なっていました。
この大会は後半の制限時間がかなり厳しいと言う事はわかっていました。
逆に言えばわかっていただけに精神的に辛かったです。

エイドを出発してからもしばらくは回復を待って歩いて行きました。
気持ちの上ではこんな所で歩いていてはダメだとわかってはいるのですが、
体は言う事を聞いてくれません。

それでもしばらく歩いていると回復してきて少しずつですが走れるように
なりました。
そこから5キロほど走り続けていたのですが、いい加減に苦しくなってきました。
でもこんなペースでも次の関門にはまだ間に合う可能性はある、と言い聞かせて。

ところがそんな時に不思議と知り合いと会うものですね。
今年の萩往還で同じ87キロでリタイヤしていたTさんと再会しました。

彼は途中の故障でずっと歩いていました。
どうしようかなあ、と迷ったのですが結局私もここで走ることは終って
しまいました。

そこからはTさんと色々と話しながら63キロ地点で回収車に乗せられて
しまいました。

もしかしたらもう少し頑張ったらと思った事は事実ですが、今回の練習量では
64キロの関門は何とか抜けても次の関門、またその次の関門ではまず
無理だったでしょうね。

練習は嘘をつかない、正にその通りだと改めて思いしらされました。

写真をアップしました。
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2011-06-08 23:47 | 大会
<< マイカップ バカ息子の尿検査 >>