大分県津久見市に帰省しました

木曜日の夜から九州に帰省したいというお袋さんを連れて
阪九フェリーで神戸から新門司に向かいました。

金曜日の朝9時に東京から空路でやってくる従姉妹を迎えに
福岡空港に行きました。
格安航空券の飛行機なので飛行場も一番端の方です。
しかも去年の阿蘇カルデラマラソンの時など到着予定時間を
2時間過ぎても整備不良ということで着陸してきませんでした。
さすがに彼女は遺書を書こうと思ったそうです。
今回は定刻どおり到着したので良かったです。(笑) 

高速道路で津久見まで走って津久見市民病院に入院している
お袋さんのお兄さん(長男)、つまり伯父さんを見舞いました。
伯父さんは90歳になる高齢で先月手術を受けたところです。
訪れた時にはほとんど意識はなかったみたいでした。

次は兄弟の次男の方の伯父さんの家に行きました。
伯父さんは3年前までは猟師をしていてよく猪肉を送って
くれていたのですが、一昨年軽い脳梗塞でに入院してしまいました。
今は退院して息子、つまり従兄弟の家族に大切に介護されています。
伯父さんは元気なのですが脳梗塞の影響で物忘れがひどくなって
しまったそうです。
でも色々と話をしたところ元気そうで何ともない様子でした。
しかし、もしかしたら数時間後には忘れられているかもしれない
と思うと寂しくなりました。

その後もう一件親戚の家を訪問してから夕食の店を探して
津久見の街をうろうろしたのでした。
美味しい魚でしたたか飲みました。

土曜日、朝7時にホテルを出て海岸線を走って行きました。
約2キロで昨日行った津久見市民病院です。そこから山側に軽い坂道を
のぼって行くとやがてトンネルに出ました。
トンネルを抜けてから津久見市街に戻って行きホテルに帰って
約7キロでした。

その後は兄弟の三男の伯父さんの家を訪問しました。
こちらの伯父さんは何度も脳梗塞で倒れていまではかなり
痴呆が進んでいるそうです。結局伯父さんとは会えず家族と
話をして帰りました。
その後、お墓参りをしてから隣町の臼杵市に行ってお袋さんの
お姉さん、伯母さんの家に行きました。
ここはお年寄り3人暮らしです。
伯母さんが一番若くて82歳です。そこの叔父さんが92歳、
叔父さんのお姉さんが95歳とすごい高齢化で大変です。

それから津久見に戻って再び津久見市民病院にお見舞いに行って
午後4時にホテルに帰って来ました。
やっと解放されたので着替えてホテルを飛び出しました。
今度は山側に向かい大友公園に行ってみました。
ここは緊急津波避難場所になっていました。
さすが海岸の街ですね。

そこから津久見球場(津久見市民体育館)まで走って行きました。
ここで数年に一回はプロ野球の公式戦が開催されるそうです。
球場をバックに津久見高校を甲子園で優勝に導いた小嶋監督の胸像
の写真を撮ってからホテルに戻ってちょうど10キロ走りました。

シャワーを浴びてからお袋さんを交えて従兄弟と従姉妹と私の
「いとこ会」をしました。
その晩も飲みすぎでした。

日曜日、最終日です。
朝から走ろうと思っていたのですが、従兄弟が朝の魚市場を案内
してくれるというので朝7時に市場に行きました。
従兄弟の知り合いの人にモイカをセリで箱買いしてもらいました。

結局、走れずじまいでした。
この日も昼まで親戚廻りをして臼杵インターから高速道路で福岡空港
に向かいました。空港で東京に帰る従姉妹を見送ってから新門司から
フェリーで神戸に帰りました。

高齢化についてすごく考えさせられた旅になりました。
d0075225_215898.jpg

[PR]
by szsato | 2012-01-23 21:05 | ジョギング | Comments(2)
Commented by ちぇーさん at 2012-01-24 08:29 x
大分までの帰省、お疲れさまでした。
以前、風来坊さんの日記に、よく猪肉の話が載っていましたが、最近は無いなあと思ったら、伯父さん具合が悪かったのですね。

うちの両親も高齢になり、離れて暮らしているので心配です。
Commented by szsato at 2012-01-24 08:42
ちぇーさん、ありがとうございます。
そうですね、猪肉は高価なのでなかなk買ってまでは
食べませんからね。
残念です。
家も親戚に高齢者多いので大変です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大阪国際女子マラソンの応援 ユニバーで走り始め >>