萩往還250キロ参加してきました

萩往還250キロマラニックに参加してきました。
あくまでも参加です。
この練習量で完踏出来るほど甘くはありませんでした。
もしこんな状態で完踏出来たら来年からはなめ切って
しまってもっと酷い事になってしまうことでしょうね。

今年はスタートから雨が降っていました。
スタート時点では少し小降りになっていたのですが、
段々と強くなってきました。

今年も上郷駅までの13キロは流れに乗ってしまい
キロ6分半くらいのペースで結構飛ばしてしまいました。

ここからは真っ暗になって永遠と続く登り坂になっていきます。
いつもならまだまだ元気なのですが、さすがに今年は
ここでバテテしまいました。

約20キロの二本木峠を越えたあたりからは完全に
ペースダウンしてしまってどんどんと抜かれていきました。
「今年は西寺(44キロ)までたどりつけるのかなあ?」
と不安にさえなってきました。

32キロ過ぎにコンビニがあっていつもなら立ち寄ったことは
なかったのですがここで小休止しました。

コンビニで羊羹を買ってコーラで流し込みました。
これが良かったのか元気が出てきて再スタートをした時は
どんどんと走れるようになってきました。
ここから西寺までは誰にもに抜かれることなく、
まして何人も抜きながら走る事が出来ました。

しかし回復したには西寺までです。
ここから豊田湖までは再びバテバテになりかなり歩いて
しまいました。
結局、豊田湖(59キロ)に到着したのは午前2時半でした。
去年よりも30分遅く完踏した時よりも1時間半遅いタイムでした。

豊田湖からは雨がさらに強くなってきて体が冷え
切ってしまいました。
俵山温泉のエイドに着いたら収容のバスが止まっていて
何人かのランナーが乗り込んでいました。
みんな疲れきっています。
思わず自分も一緒に乗り込みたい衝動を必死に抑えました。(笑)

ここから砂利ヶ峠までの長い長い登り道が続きます。
それでも俵山温泉のエイドで持っていた甘いドーナツを食べたのが
良かったのかまあまあ走る事が出来ました。

峠からは大坊ダムを通って日本海に向かって下って行きました。
そろそろ夜が明けてきました。
降り続いていた雨はようやく収まってきました。
私にとっていつもこの時が一番眠たくなる時間帯です。

そこで走りながらリックから甘い一口バームクーヘンを
食べました。そらから眠気覚ましのガムを噛み続けました。
そうする事によって眠気はかなり抑えられました。

今回感じた事の一つは眠気は当然寝ないで走るから
寝不足によるものですがそれ以外に低血糖によって
引き起こされている要因もあるみたいですね。

だから極力疲れてきたり眠たくなってきたら何か甘い物を
口にするようにしてみました。
(そのおかげで終っても体重は減っていませんでした、笑)

新大坊のエイドに着いたのは午前6時半でした。
次の油谷中学校(87.5キロ)の関門が午前8時半で
ここから7キロあります。
普通なら2時間あれば7キロは何てことない距離ですが、
これだけ疲れていてだらだら歩いていたら危ないです。
それにそこまでの道はアップダウンが続きます。

ここでまた小復活しました。
7キロのアップダウンの道をずっと走り通す事が出来ました。
油谷中学校に着いたのは午後7時半でした。
ここで預けていた荷物から靴下を取りだして足にディクトンを
塗りたくって履きかえました。
今回は肉刺対策にケアを忘れないように心がけました。
海湧食堂で中華丼を食べました。
例年だったらここで生ビールといくところですが今回は
心に余裕がなかったでので飲みませんでした。

ここからの登り道は順調に走ることが出来ました。
それも俵島に着くまででしたが・・・。

俵島では激しいアップダウンが続きました。
練習不足の足にはこれは堪えました。
俵島の案内板で約100キロです。
俵島を一周して久津港に戻りここから川尻岬に向かいました。
ほとんど走れません。疲れ果てていました。
長い長い登り道を歩き通してやっと川尻岬の入口に
たどりつきました。
ここから1キロ下って川尻岬の沖田食堂エイドです。
ここまで108キロです。
時間は12時になっていました。関門時間30分前でした。

ここでカレーライスとビールを飲みながら悩みました。
今年から各地の関門が厳しくなって次の関門は仙崎(往路)で
18時30分です。

完踏した時にここに着いた時間は午前9時です。
今回よりも3時間早いタイムでした。その時の仙崎(往路)
に到着した時間は16時20分でした。今回よりもかなり
元気だった時でも7時間20分かかっています。

どう考えても今回は仙崎の関門には間に合いそうにありません。
情けない事にそんな事を考えてしまうと戦意喪失して
しまいました。

「まだスタート出来るのにここでやめてしまうのは情けない、
いやいや関門に間に合うならまだしも辛い思いをしても
無駄ならばさっさとやめる方がいい。」

結局、まだあきらめないで出発する勇気あるランナーを見送りながら
バスに乗ってしまいました。

リタイヤの言い訳を色々と考えたのですが、体が冷え切ってしまった
雨はすでに上がっています。

足はくたびれてはいるけれどどこも痛くありません。
肉刺もケアのおかげで全然発生していません。
又ずれも医療用フィルムを貼っていたおかげでまったく大丈夫です。
去年のリタイヤの原因になったお腹の具合もスタート時から
ビオフェルミンを服用していたので何ともありませんでした。

今年は事前に色々な事を想定して対策していたのでここまでのところ
ノートラブルでした。

それなのになぜリタイヤか?
練習不足による体力とそれにもとずく精神力の無さがすべての原因だと
思います。

宗頭文化センターにバスで送られて体育館で毛布に包まってしまうと
泥のように眠ってしまいました。
来年は走っている時に何度も頭に浮かんだこの毛布の暖かさを
振り切れるように実力と精神力をつけてリベンジしたいです。

だってゴールした時の喜びと感動はこんなものではないのだから・・・。
[PR]
by szsato | 2012-05-07 06:25 | 大会 | Comments(15)
Commented by すずやん at 2012-05-09 07:02 x
お疲れ様でした。今年は天候も厳しかったようですね。それ以上に風来坊さんは忙しすぎでしょう。
Commented by yurara28 at 2012-05-09 09:44
はじめまして。ちぇーさんのところから飛んできました。
時折お名前は拝見しておりましたが、コメは初めてです。

萩往還のハードさに思わず反応してしまいました。

ツイッター上で何人もの荻に出られたランナーさんをお見かけしましたが、やっぱり250kmは、とてつもなく大変なんですね。
10kmでへばっている私って何?と思いました(;^^A。
お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

↓↓出張の折、隅田川テラスを走られたんですね。
私も走ってます^^。
Commented by ryuji1962 at 2012-05-09 11:23 x
お疲れさまでした

関門厳しくなったんですね
川尻での苦悶の様子
胸が痛くなります

来年、お供出来るよう
頑張ります

色々、ありがとうございました
Commented by oc at 2012-05-09 12:58 x
お疲れ様でした。
ゆっくり休足なさって下さい。

天候も悪くさぞ大変でしたでしょうね。

萩はいつかは走りたい大会ですが、なかなか二の足を踏んでおります。
いつかご一緒できるように頑張りたいです。
Commented by szsato at 2012-05-09 23:10
すずやんさん、ありがとうございます。
脱藩マラニックの成果もなくさっさとあきらめてしまいました。
来年も脱藩、そして萩往還と参加したいと思っています。
Commented by szsato at 2012-05-09 23:17
ゆららさん、いらっしゃいませ。
私もちぇーさんのブログでお名前は拝見させていただきました。
これからも宜しくお願いいたします。
萩往還はとっても大変ですが、それだけに完踏した喜びも大変大きいです。
だからこの8年間、萩往還にはまってしまい言わば萩中毒ですかね?
Commented by szsato at 2012-05-09 23:24
ryujiさん.ありがとうございます。
あの厳しい天気の中、140キロ完踏おめでとうございます。
来年はまた250キロに戻って来られるのですね!
「お供できるように」
どころか私が付いて行けるように頑張ります。

Commented by szsato at 2012-05-09 23:27
ocさん、ありがとうございます。
逆鯖を個人的に走られるocさんなら萩は何にも問題はないのですよ。
Commented by ちぇーさん at 2012-05-09 23:54 x
お疲れ様でした。
私のブログのところでも書きましたが、ここ最近、風来坊さんは忙し過ぎて疲れが溜まってたのだと思いますよ。
何とか仕事の合間に、疲れを癒せると良いのですが。
萩往還は、ウルトラの聖地なので、今回の事にめげず、何度でも挑戦してくださいね!

今回、私の知り合いも140Kmと70Kmに参加しました。
本当は私も萩往還に参加したいのですが、参加費と往復の交通費が結構痛い(;^_^A
川の道は前泊なしで参加出来ますからね。
でも、いつかは萩往還に参加したいと思っています。
Commented by szsato at 2012-05-10 00:03
ちぇーさん、ありがとうございます。
川の道完走おめでとうございます。さすがですね!
確かにここしばらくは超人的(ちょっと大げさですが)に忙しかったですが言い訳ですね。
(また明日日帰りで千葉県出張になりました)
萩往還は何度はねつけられてもまた挑みたくなるほど魅力的です。
いつか参加して下さいね。
Commented by ウルトラマン at 2012-05-13 12:04 x
書き込みが遅れて済みませんでした。私もやっと昨夜、初完踏記を書き上げた所です。川尻岬での計算、冷静に考えると至極当然のことと思います。私も練習不足の時でしたらそう考えてしまいます。ブログでも書いておられるように練習不足による体力と精神力の低下の要素が大きいですね。
関門時間の繰り上げはぎりぎり完踏するランナーにはきついですね。
仙崎往路をクリアすれば完踏は見えてきますので、来年は川尻岬に11時に着くように頑張りましょう。お疲れ様でした。
Commented by szsato at 2012-05-17 06:33
ウルトラマンさん、返事が遅くなってすみません。
完踏おめでとうございます。
常に時間的に余裕がないと精神的にあきらめてしまいますね。そのためには練習量しかないので来年はゴールに
たどり着けるように頑張ります。
Commented by すずやん at 2012-05-22 21:53 x
6月の9日、10日に勝手にしまなみをやります。風来坊さんの忙しさからすると参加するのは非常に難しいとは思いますが、一緒に天空の橋を渡りませんか。
今回は、尾道を9日の3時に出て、生口島にて1泊して今治を目指します。面白そうでしょう。

ココを見られている人で興味のある人はメールください。
Commented by szsato at 2012-05-23 08:49
すずやんさん、おはようございます。
勝手にしまなみの事は掲示板を見て面白そうだなあと思っていました。
でも1週間前に阿蘇に参加するので仕事的にも家庭的にも無理だなあと思っていました。
しまなみ海道は好きなコースなのでいつかはご一緒したいです。

Commented by お田鶴 at 2012-05-23 21:44 x
風来坊さん、掲示板をご覧になっていたのですね。今年は途中で一泊する(一泊するような距離じゃないのに)ので、これはもう完全に観光旅行です。でも(今の時点で)サポートが見つからないため荷物を背負って走りますけど。昨年は途中で揚げたてコロッケやジェラードを食べました。おいしーいよ。是非来年に!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アサヒビール西宮工場見学会 萩への道、最終弾 旧西国街道マ... >>