西国街道東へ西へ(その1)

3月23日(土)は車の車検でした。
7年目で走行距離は24万キロを越えました。
走りすぎですね。

伊丹にあるオートバックスに車を午前9時に預けて
西国街道(まずは国道171号)を東に向かって走って行きました。
途中で国道から離れて阪急石橋駅に向かいました。

明日ここに4人で集まって西国街道西行きのマラニックを行うので
集合場所の確認をしました。

ここから国道176号の石橋の交差点を渡って旧西国街道に入って
行きました。

旧西国街道は国道171号線と平行したり合流したり離れたりして
続いています。

しばらく走っていくと「瀬川の宿」という看板がありました。
それから桜井の駅前を通っていくと蔵がある古い家が見えてきました。
なかなか旧街道の雰囲気が残っていました。

箕面線の踏切を渡ってしばらく旧街道を走っていくと「牧落の高札場跡」の
看板が有りました。

やがて国道171号線と合流しました。
牧落の交差点を過ぎると旧街道があり南側に入っていきました。

しばらく行くと忠臣蔵の萱野三平邸跡につきました。
今は無料記念館になっています。
萱野三平は討ち入りに加わりたかったのですが周囲の反対にあって
参加出来ずこの屋敷で切腹して果てたそうです。

今日は一人マラニックなのでゆっくと走っていたのですが
途中から何かのウォーキング大会と合流してしまい、そのうちに
スタッフの人から「ご苦労様です」と声をかけられる始末になってしまいました。

さすがにジョグしているのにウォーキング大会の参加者と間違えられるのは
悔しいのでペースを上げてどんどんとウォーカーを抜いていきました。
結構参加者が多くて先頭集団の人を追い越すのにかなり時間がかかりました。

本当にお調子者なので自分でも嫌になってしまいますね。(笑)
おかげで良い練習が出来ました。

先頭を追い越してからも暫くはペースアップ状態で走り
もう大丈夫かなあと思えてから急激にペースダウンしました。

やがて「郡山宿本陣跡」があって今では記念館になっていました。
ここは「椿の本陣」と呼ばれていたそうです。
昔、この本陣に浅野内匠頭が泊まったという記録があるそうです。

旧街道はやがて国道171号線と交差して北側の道に入っていきました。

しばらく走ってから北側に道を外れ「今城塚古墳」に行きました。
この古墳は淀川流域では最大の前方後円墳ですべてが公園になっています。
一部が埴輪公園にもなっています。

去年、この近くに仕事で来たときに時間を見つけてきたことがあり、
いつかはここでジョグしてみたいと思っていたのでした。

やっとその時の思いがかなうぞ、意気込んだのですが
走り出してすぐに足の股関節に痛みが走りました。
さっきのウォーカーを抜くときに張り切りすぎたか?

颯爽と走る予定が足を引きずりながらの鈍足ランになってしまいました。

とにかく1周してまた道を南下して西国街道に戻りました。
西国街道に入っても痛みは治まらず走ったり歩いたりの状態でした。
そんなときに携帯電話がなって車検終了の連絡が入ってきました。

これを救いに今日はJR高槻駅で終了しました。
本日の走行距離は22キロです。
[PR]
by szsato | 2013-03-29 16:52 | ジョギング | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 西国街道東へ西へ(2) 坂本龍馬脱藩マラニックに参加しました >>