西国街道東へ西へ(2)

3月24日(日)、阪急石橋駅に午前9時に集合しました。
今回の参加者は、Runmaさん、ランパパさん、MMさんと私の4人です。

駅を出発して西へ目指して走って行きました。
しばらくして国道171号線と合流しました。
さっそく浄源寺の前に西国街道の看板がありました。
この辺りは壁は旧街道の面影が残っていました。

軍行橋を渡ってから国道と別れていきます。

途中で道を外れて伝和泉式部のお墓を見に行きました。
そこには石の宝塔が残っていました。

再び道に戻って昆陽を通って行きました。
この辺りは昔は宿場町で旧街道の面影が残っていました。
清酒「剣菱」もここ伊丹酒の発祥だそうです。

今回のコースの中で一番旧街道という感じがした所でした。

やがて道は国道171号と合流してしばらくは国道を走りました。
国道が大きく左に曲がって行くところで再び国道から別れて
武庫川に向かいました。

髭の渡し跡から武庫川河川敷を少し走って国道の甲武橋を渡り
再び旧街道に戻ろうとしたのですが、ここで道に迷ってしまいました。

うろうろした後で門戸厄神駅に出てやっと旧街道にでる事ができました。

西宮駅の周辺の大阪王将で昼食をして(軽く生中2杯・・・)
国道43号線にでてえべっさんで有名な西宮神社をへて、打出から国道2号
線を走って行きました。

この辺りは阪神大震災のあとの復興でまったく旧街道の面影は残っていなくて
ひたすら走るのみでした。

灘区の足の神様である敏馬神社でゴールとしました。
今日の走行距離は32キロでした。

その後は灘温泉で汗を流してRunmaさんの地元である界隈で
グルメツアーが始まったのでありました。

美味しかった!
[PR]
by szsato | 2013-03-30 07:36 | ジョギング | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 萩往還の参加書が届きました 西国街道東へ西へ(その1) >>