萩往還250キロ、来年頑張ります

250キロ超ウルトラマラニックには
偶然とかたまたまとかはあり得ません。

色々と言い訳はあるのですが
やはり練習量が全然足りていませんでした。

自分の場合はいっぱい、いっぱい練習しても
ぎりぎりなのにしかたがないです。

5月2日午後6時「エイエイオ~」の掛け声で
スタートしました。
今回は第5グループで9分遅れのスタートでした。
d0075225_16325466.jpg


上郷駅までは実に気持ち良く走れました。
駅に着いたのは7時30分だったので13.2キロを約80分で着いた事に
なります。自分のウルトラのペースとしては速すぎです。

さあここから長い登り坂になるのでペースダウンして走っていたら
ryujiさん、かねやんさん、じゅんこさんのホラポス軍団に追いつかれて
しまいました。

そこでしばらく付いていったらどんどんと前のランナーを追い抜いて行きます。
二本木峠あたりではもう付いて行く事ができなくなりました。

こんどこそマイペースでと思って走っているとジョグノート仲間の
ウルトラマンさんに追いつきました。

そこで今度はウルトラマンさんのペースに付いて行く事にしました。
色々と話しながら走っていると疲れもやわらいできますね。

33キロ地点にコンビニがあったのでトイレを借りるために
ここでウルトラマンさんとは別れました。
トイレを借りてジュースを飲んで(まだビールではありませんよ)
再出発です。
今度こそ一人旅でした。

11時30分、44キロの西寺交差点に到着。
5時間20分、まあまあのペースです。

ところがやはり練習不足はここらへんから出てきましたね。
52キロ以上練習で走っていなかったのも響きました。

坂道が続き段々と走れなくなり気力もダウンしてきました。
すると今度は今まで何度もお世話になった越田さんとお会いしました。
越田さんはこの萩往還を最初からずっと参加している超ベテランランナーです。
越田さんは登りは歩く、下りと平坦な道は走る、宗頭では5時間寝てゆっくり休み
午前4時(関門時間)に出て余裕でゴールする、という強者です。

越田さんとそのまま豊田湖まで引っ張って頂きました。
お話しながら走っていると不思議なもので体力も気力も回復してきました。

三又路を右に曲がって登って行く途中で道路の轍に足を引っ掛けて
転んでしまいました。

左肘をしたたか打ちつけてしまいました。
良く見ると手のひらも擦りむいて血まみれでした。
59キロの豊田湖に到着したのが3日の午前1時30分でした。
豊田湖のトイレで傷を水洗いしてからバンドエイドで応急処置をしました。

ここのエイドの受付に同じ旅館に泊まっている札幌からこれてている
美人ランナーのAさんが居られました。
調子がおもわしくなく休んでいるとの事でした。
実はバンドエイドはAさんから頂きました。

豊田湖からは再び一人旅です。
寒くても左手が血まみれなのでウィンドーブレーカを着る事が出来ません。
Tシャツ1枚なので震えながら走って行きました。

さすがに疲れてきてここから多くのランナーに抜かれてしまいました。
「今回はここまでか・・・。」
どこでやめるかということばかりを考えるようになりました。

67キロの俵山温泉エイドについても回復しませんでした。
それから長くて厳しい砂利ヶ峠をとぼとぼと歩いて行きました。
眠たさもピークになってきました。
確か完踏した時はここも走って登ったなあ、なんて考えると益々と
気が滅入ってきました。

峠からに長い長い下り道をボチボチと走っていると段々と調子良くなってきて
80キロの新大坊エイドまでの10キロは休まずに走り続けることが出来ました。
d0075225_1720679.jpg



復活!
と思ったのですが基礎体力も無いくせに調子に乗ったものだから
ここからまた走られなくなってしまいました。
眠気も襲ってきました。

伊上の交差点を右折してしばらく行くと自販機がありました。
ここでブラックコーヒーを飲んで少しですが眠気を抑える事ができました。

朝日が綺麗でした。
d0075225_17235114.jpg


不思議と登り道になるとゆっくりですが走る事が出来るようになり
何とか87キロの旧油谷中学校に着く事が出来ました。
チェックをしてから近くの海湧食堂でお粥さんを食べました。
この食堂はこのレース中で雄一生ビールが飲めるところなので当然
頂きました。

気力回復!
午前7時に食堂をでて登り道を走り続ける事が出来ました。
恐るべし生ビールパワー・・・。

しかしそんな付け焼刃のパワーは俵島でことごとく打ち砕かれてしまいました。
俵島の厳しい道では全く走れなくなってしまいました。
時間がかかり過ぎているのと左肘も痛いし足も痛いし眠たくなるしと
気力がどんどんと萎えて行きました。

俵島のチェックポイントでは何と豊田湖でお世話になったAさんが追いついて
きました。休んでいると少し回復して走れるようになったという事でした。
d0075225_1735862.jpg



自分はもう走れないのでAさんは先に走って行かれました。
ここからずっと歩きです。
やっと農協の三又路までたどり着いたらAさんがベンチに座っていました。
やはり調子がいまひとつ良くないみたいです。

Aさんは私付いて行きますというのですが
「私に付いてきても完踏できませんよ」と言うと
「行ける所までお願いします」ということで再び道連れが出来ました。

Aさんは去年初めて250キロに参加して見事完踏しています。
走歴も私よりもずっと長いベテランランナーです。
色々と話していると何故かまた少し走れるようになりましたね。
(現金なものですね)

本当はこれ以上歩き続けるのも辛いので107キロの川尻岬でリタイヤを
しようと思っていたのですが、それも出来なくなってしまいカレーライスと
缶ビールで最後のエネルギー補給をしました。

それでも案の定、117キロの立石観音で力尽きてしまいました。
私と道連れになったAさんには申し訳ない事をしました。

結局、今年も「宗頭おはようございます隊」の一員になっちゃいました。

朝、バスは山口行きしかありません。

Aさんと相談して萩までのコースを歩いてみる事にしました。
私は何度か明るい時に(当然リタイヤした時ですが)歩いているのですが
Aさんは去年真っ暗な時に走ったので全くイメージが出来ないそうです。

4日午前7時に宗頭文化センターを出発して約3キロで
藤井商店に到着しました。
d0075225_1805980.jpg


ここから細い道を左に登って行きます。
暗いと全く分からないのですがのどかな里山の良い道です。

楽しく話しながら歩いていると辛いはずの鎖峠もあっという間に
到着しました。長い道を下って三見分岐を左折してから三見駅に向かいました。

途中で馬の頭が3つ並んでいました。
d0075225_1862415.jpg



三見駅を見てAさんは去年とまったくイメージが違うと感心していました。
d0075225_1819553.jpg



レース中ではここからの道が一番暗くて恐い所なのですが、
明るい時ならばどういう道ではありませんね。

踏切を越えると雄大な日本海に出会います。
ここも暗いと海の音と潮に香りしかしませんね。

玉江駅を通過して萩城址に行きここでお土産を物色し再びコースにでてから
浜崎緑地公園を通って行きコースは雁島橋を渡っていくのですが、今日は
橋を渡らずに左折して萩駅に向かう事にしました。

実はAさんも私も焼き物に興味があったので萩市民体育館で開催されている
萩焼き展を見に行く事にしました。

途中でこんなものがありましたよ。
d0075225_18175923.jpg


萩焼きを堪能してお土産も買ってから萩駅からシャトルバスのある東光寺の
金照苑までタクシーで行って山口に帰って行きました。

一日お付き合い頂きましてありがとうございました。
本当ならばさっさと山口の宿に帰って不貞寝していたところを
おかげさまで充実した一日を過ごせました。

写真はこちらです。
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2013-05-06 18:26 | 大会 | Comments(15)
Commented by che-san at 2013-05-06 19:42
お疲れ様でした!
また是非来年リベンジしてくださいね。
関東からも僕の友人も多く参加して、皆萩の魅力に取り付かれているようです^^。

越田さんって、あのトランスアメリカを走った越田さんですよね。
あの人は良く飲むし良く走るし、面白い人ですね。
Commented by とーたん at 2013-05-06 20:14 x
お疲れ様でした!
来年のリベンジで美味しいお酒を浴びるほど呑んで祝杯をあげてくださいネ(^_^)
Commented by カワニャン at 2013-05-06 22:24 x
お疲れ様でした。

なかなか有意義なマラニックでしたね。
こんな楽しいデートをしてみたい。

ところで、ウェブアルバムを見ようと思ったのですが、
『そのページは見つかりませんでした。』というメッセージで
観れないですが・・・
Commented by szsato at 2013-05-07 08:44
ちぇーさん、ありがとうございます。
やっぱり練習ですね。
でも今年も楽しんできましたよ。
越田さんには過去色々とお世話になっています。
Commented by szsato at 2013-05-07 08:45
とーたんさん、ありがとうございます。
ぜひ来年には美味しいお酒を飲みたいものです。
Commented by szsato at 2013-05-07 08:47
カワニャンさん、ありがとうございます。
おかげで楽しい一日になりましたよ。
リタイヤして良かった。(笑)
ご指摘有り難うございました。
設定が公開になっていませんでした。
早速、修正しました。
Commented by ryuji1962 at 2013-05-08 11:20
お疲れ様でした
今年も宿の手配ありがとうございました
上郷でお会いした時、随分と調子がよさそうだと思ってたんですが
また来年頑張りましょう
Commented by szsato at 2013-05-08 21:32
ryujiさん、完踏おめでとうございます。
流石です!!
来年も宜しくお願いいたします。
いつも先行逃げ切りで行って潰れています。(笑)
Commented by すずやん at 2013-05-09 22:30 x
お疲れ様でした。萩往還の250キロなんて僕はエントリーすらしようと思いませんから、風来坊さんを尊敬します。
また来年、立て直して挑戦してください。
Commented by szsato at 2013-05-10 10:26
すずやんさん、ありがとうございます。
萩も脱藩と同じく一度はまってしまったらなかなか
抜け出す事が出来ませんね。(笑)
すずやんさんの実力ならば絶対に完踏出来ると思いますので
一度はまってみませんか?
Commented by すずやん at 2013-05-10 20:43 x
僕は萩では2回の140キロ失敗という記録を持っていますからね。
それと、4月-5月初旬は今の職場だと年で一番忙しいので、いい走りをできそうにないんです。急がしいを理由にしたくはないんですけどね。
Commented by szsato at 2013-05-11 09:11
すずやんさん、
140キロは辛いから250キロの方が楽しいと言っている
人は多いですよ。
250キロの参加資格は140キロに参加したという事だけ
なので来年はすずやんさんも250キロいかがですか?
Commented by お田鶴 at 2013-05-13 12:24 x
風来坊さん、お疲れ様でした。なんだかんだ言いながらも100k以上行ったのですねぇ。エライ!
おまけに美人ランナーとの楽しい時間もあって(こういう出会いはめったにありませんよ)‥‥完走できなくても収穫?はありましたね。

私も若いにーちゃんとならウルトラを走る気になるかも。


Commented by szsato at 2013-05-13 21:44
お田鶴さん、ありがとうございます。
確かに美人ランナーとご一緒させて頂いた時間
は楽しかったです。
でも1年一度の脱藩マラニックでも美人ランナーと
ご一緒させて頂ける事を楽しみにしていますよ。(笑)
Commented by お田鶴 at 2013-05-14 19:43 x
やっぱし‥‥私も内心はそう思っていた!(爆笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 長距離ランの擦れ防止 萩への道、最後の練習 >>