長距離ランの擦れ防止

フルマラソンの距離を越えると体のあちらこちらに擦り傷が
出来てしまいますね。

萩でも多くのランナーが途中で擦れに苦しんできました。
特に股ずれは辛いですね。

友人のランナーが去年の萩往還250キロで順調にはしっていたのですが
千畳敷を降りた地点で(約130キロ)で股ずれに耐えられずにリタイヤして
しまいました。もったいないですね。

スタート前に行われるウルトラセミナーではそんなときは手袋をパンツの中に
突っ込んでしまえばマシになる、なんて言っていましたがなかなか大変です。

実は私も長いこと股ずれには苦しんできました。
「そんなものはやせれば無くなる」
なんて言われたこともありますが、それはそれで難しい課題です。(笑)

そこで色々と試みました。
まあ、恥ずかしいので今まで内緒にしてきたのですが
最近では全然股ずれで苦しむ事はなくなったのでそれなりの効果はあるみたいです。
(250キロ完踏したときも股ずれにはなりませんでした)

その方法とはすごく簡単なことです。

市販の防水傷テープ(傷パットの無いタイプ)のラージ版、もしくはフリーサイズを
スタートする前に擦り傷が出来そうな所に張って置くだけのことです。
ワセリンとかクリームは一切塗りません。
そんな物を塗るとテープがはがれてしまいます。
汗にも強く結構しっかりと張り付いてくれています。
ただし張り方がまずいと途中ではがれてしまうことがあるので予備のテープは
数枚持って行きますよ。

別に股ずれ専用という訳ではないので気になるところにあらかじめ張って置くのが
良いと思います。

まあ一度お試しあれ・・・。
d0075225_10501579.jpg

[PR]
by szsato | 2013-05-10 10:45 | マラソングッズ
<< 筍を担いで西国街道 萩往還250キロ、来年頑張ります >>