筍を担いで西国街道

母親が
「今年はもう筍は終わったのかなあ~、もう一度たべたいな~]
なんて言うものですから母の日の事だしと去年西国街道を走った時に
見かけた京都と筍屋さんを思いだしてさっそく阪急電車で東向日駅に行きました。

いつもよりも大きめのリックを背負って駅から1キロほど走った
西国街道沿いにそのお店「神崎屋」さんはありました。

店先にはまだまだ沢山の筍が並べられていました。
さっそく値段を聞いてみると最低2000円からでした。

なるべく軽くしたいので1本はと聞いてみるととてもリックに入る大きさでは
ありません。これをむりやりリックに詰め込むと先端がリックからはみ出して
しまいますね。(笑)
それではあまりにも格好悪いので2本2000円の物にしました。

これは無事にリックに収まったのですがずっしりと重たかったです。
これを背負って高槻駅までの15キロを西国街道を走ったのですが
、肩にずしっと食い込みまるで冬山登山をする人が夏季に訓練をする
ような気持ちになりましたね。

今日はものすごく晴れわたり暑くて参りましたね。
体がまだ夏モードになっていなかったのですかね。
でも阿蘇に向けての良い練習が出来ましたね。
d0075225_2204854.jpg

[PR]
by szsato | 2013-05-13 22:00 | ジョギング
<< 息子の母の日プレゼント 長距離ランの擦れ防止 >>