白山、白川郷マラソンの50キロ完走、いや完歩

白山、白川郷マラソンの50キロに参加してきました。

50キロで制限時間が10時間半なのでなめてかかっていましたが
標高差1200Mはなかなかタフなコースでした。

第一回大会なので宿泊事情も現地の交通事情もわからないため
今回はカワニャンさんとわかちゃん、わかだんな(わかちゃんのご主人なので)
の4人で旅行会社を通して宿泊場所を申し込みました。

わかちゃんとわかだんなは都合によって電車で受付会場まで来る事に
なっていたのでカワニャンさんとカワニャンさんのラン友2名(当然女性)との
4名で西宮から車の乗り合いで現地に向かいました。

名神高速から東海北陸道を通って白川郷に着きました。
村営駐車場に車を止めてから世界遺産の合掌造り集落を観光しました。
d0075225_21224066.jpg


今日のお昼ご飯は村の中の食堂に入り山菜山芋鉄板焼き定食を頼みました。
素朴な味でなかなか美味しかったです。
今度家でやってみよっと。
d0075225_21231673.jpg


それから明日の下見を兼ねて白山スーパー林道を車で走ってみることに
しました。
ちなみに明日はマラソン大会のため白山スーパー林道は一般車通行止めです。
(なかなかな物ですね)

白川郷からしばらく上り坂を登っていきました。
これがなかなかな急勾配です。

料金所について通行量を払おうとしてジェジェジェ!
何と片道3.150円也です。

西宮から白川郷までの高速量が3.750円だったのであまり変わりませんね。
そこから白山スーパー林道の景色を堪能したと言うよりもコースの厳しさを
堪能しました。
d0075225_21264059.jpg


それから受付会場に行ってわかちゃん夫婦と合流しました。
実は私は3日前から去年半年間苦しめられていた膝痛が再発症していて
参加するかどうかを迷っていました。

ところがわかだんなも突然足首が腫れ上がってしまい参加するかどうか
迷っていると言うことでした。
結局、2人でゆっくり歩いて参加しようということになりました。
d0075225_2144443.jpg

         コースを検討するカワニャンさん

今晩の宿は民宿「獅子吼荘」です。
ここは受付会場から約20キロです。
ちなみに受付会場の「白川役場」から明日のスタート会場「道の駅瀬女」
まで34キロです。
遠すぎませんか?


わかだんなも私も二人とも民宿の階段を手すりなしでは登れない
状態でした。( ̄∇ ̄)

「獅子吼荘」は思っていたよりも綺麗な宿で食事も大変おいしかったです。
こんな場所だから山菜と川魚料理だと予想していたのが大いに外れました。
流石に石川県、海の幸がいっぱいでした。
特にノドグロの塩焼きは美味しかったです。
d0075225_21271651.jpg


食事の後は明日の準備をして4人でワインで前祝いをしました。

翌日4時に起床しました。
4時半にはちゃんと朝食の準備をしてくれていました。
ちなみに100キロの部の人は2時半頃に朝食の準備をしていてくらたそうです。
本当に至れり尽くせりでした。

そこからスタート会場の「道の駅瀬女」に行きました。
スタートは午前7時からだったのでのんびりと時間がすぎましたね。
(いつも100キロは4時から5時くらいのスタートが多いので)
d0075225_2128412.jpg


ゲストランナーは丸山弁護士でした。
スタートしてから一緒に歩きながらスタートしようと言っていたわかだんなに
裏切られてしまいました。
わかだんなはどんどんと前に行ってしまいました。

後から聞いたのですがわかだんなは朝になったら腫れが少し収まっていたらしく
結局なかなかの好タイムでゴールされたそうです。

ひとり取り残された私はスタートしてからずっと歩いて行きました。
どんどんと集団から取り残されていきました。
地元の人が応援してくれるのですが恥ずかしかったです。
本当にそれくらい走る事が出来ませんでした。

ふと気がつくと最終車両を伴ってずっと歩いていました。
鬱陶しいものですね。

そのうちの歩くのには慣れてきたのか完全ではないのですが
ウルトラウォークが出来るようになってきました。
道はスタートしてからずっと登り道です。

10キロ過ぎから前に歩いているカップルがいました。
段々と追いつくのが気がつくのか時たま走り出しました。
私は走る事ができないのでそのたびに離されるのですが歩きになると
また追いつきます。何度かそんな繰り返しだったのですが坂道の勾配が
厳しくなるとついに追い越す事ができました。
やっと最終車とお別れすることが出来ました。

それから1人抜き2人抜きで第一関門の最高地点約28キロまで
20人程抜きました。
ゲストランナーの丸山弁護士も10人目として抜きました。
追いぬくついでに握手をして頂きました。

昨日下見をしていた通りなかなかなタフなコースでずっと歩いていても
いい加減に疲れてきましたね。
約13キロで白山スーパー林道の入口ゲートにたどり着きました。
d0075225_21295070.jpg


今回は膝痛での参加なので登りは何とかなっても下りはむりだろうから
登り終わる第一関門でリタイヤする予定でした。
しかし登り終わってみるとここの関門時間が13時なのに12時15分に
到着することが出来ました。
ということはあと22キロ、残り時間は5時間15分もあります。
それこそ残りも全部歩いてもゴール出来そうだと思ったら膝にかなり無理を
してもらうことにしました。

当然走る事は出来ません。
折角追い抜いたランナーからはどんどんと抜き返されていきました。
後は自分との戦いです。
d0075225_21311244.jpg


下り坂のほうが膝への負担が大きので膝がきしみました。
何度も大会の車を駐めようかと思ったりもしました。
やっと白川郷の集落が見えてきました。大分と降りてきました。
d0075225_2133377.jpg


それでも何とかスーパー林道を過ぎやっとの思いで下りきって白川郷の村に
入っていきました。
白川郷に入ってあと残り10キロ?

下りきったらゴールじゃあないの?
次の関門は45キロ地点の展望所?

展望所ってもう下りきったのに・・・。

そうです、下ったら登る、ウルトラマラソンの鉄則ですね(^0^)

そこから白川郷の観光客であふれるコースを過ぎて展望台までの厳しい登り道を
登っていきました。
d0075225_21335491.jpg


その途中で50キロを走り終わったラン友のカクイさんが出迎えてくれました。
しかも缶ビールを持っていて一口ごちそうになりました。
美味しかった!
d0075225_21342040.jpg


展望台で写真を撮ってから再出発です。
d0075225_21345789.jpg


ここからがなかなか長く感じられました。
考えてみたら歩いているのだから5キロといったら1時間近くかかるのですからね。

結局何とか10時間で歩き通してゴールする事が出来ました。
いや完歩ですね。
一緒に参加していた仲間がまさか完走するとは!とびっくりしながらも
暖かく迎えてくれました。

さすがに見栄っ張りなので観光客が多い白川郷の町の中とゴール寸前だけは
ゆるジョグをしましたが、それ以外は全然歩き通しました。

もし膝の具合が悪くなかったら」もっと余裕があっただろうか?
けっこう考えさせられました。

今は膝痛は悪化してしまい歩くのもなかなか大変な状態ですが
昔、海宝さんから言われた言葉がよみがえってきました。

「痛い痛いと行っているが明日になるとその痛みが完走の喜びになるのだよ」

d0075225_2140415.jpg


写真をアップしました ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2013-09-30 17:10 | 大会
<< わかちゃん練習会10周年記念パ... 緊急事態発生、膝痛が・・・ >>