新車が納車されましたが・・・じぇじぇじぇ~

9月に契約して2か月、待ちに待った新車が納車されました。

HONDAフィット3のハイブリッドです。
色はハイブリッド専用色のスカイブルーです。

ディラーに引き取りに行って書類の確認やら色々と説明を受けてから
いよいよ愛車とご対面です。

担当者に連れられて注射スペースに行きました。
ところが自分の車が見当たりません。

しかし戸惑っている私にも構わずに担当者は説明を続けます。
「ご希望のナンバーも取れました。オプションも確認してください。」

私は「え?」
と言って状態です。
どう見ても私のオーダーした車と彼が説明している車とは違うのです。

「私の車ってこれですか?」
と聞くと彼も不審そうに
「はいこれですが?」
「注文した物とは車の色が違うのですが・・・」
「え~」
「私がお願いした色はスカイブルーでしたよ。」
そうです、この車はどう見ても紺色です。

そこで慌てて彼は契約書を確認しました。
「契約書にはちゃんとブルーメタリックになっていますよ。」
じぇじぇじぇ~

そうです、契約書にはこの色が記載されていました。
確かに見積書にはこのブルーメタリックと書いていたので
契約する時にハイブリッド専用色のスカイブルーに変更してくれるように
要望したのでした。
その時は彼も確かに
「そうですね、人気色ですからね。」
と答えたものでした。

しかし実際は変更されずに契約書が作成されてしまったみたいです。
色の変更を忘れていたという単純なミスです。

しかし最終的に確認しないで契約してしまった私が悪いのです。
大袈裟に言って法廷で争っても全面的に私が負けるでしょう。

たかが車の色です。
でも私の気持ちは晴れません。
担当者はひたすら謝るだけです。
そんな彼を見ていると遠い昔は思い出されました。

それは大学時代に自転車部に所属していてその時の愛車が赤色だったの
ですが、2年間も色々と走りまわっているとけっこう傷だらけになって
きたので馴染みの自転車屋でフレームを塗り替えてもらう事にしました。
オーダー色は前から憧れていた濃いグリーンでした。

大人の渋い愛車が出来ると期待して受け取りにいくとなんとそこには
変わり果てたウグイス色の愛車がありました。

大人の渋みはホーホケキョとは!

店主に文句を言うと
「これはこれで綺麗やん」
で押し切られてしまいました。

結局そのウグイス色の愛車で大阪から出発して北陸、東北を縦断して
北海道を一周した相棒になったのですが。

さて、車です。
ひたすら謝る担当者ではまったく埒があきません。
私も決してクレーマーになりたいわけではないのですが、
どうしても納得が出来ないでいました。

やがて店長もやってきました。
店長が言うには
「確かに契約書はそのようになっていますが、まったくミスがなかったとは
思いません。心からお詫びします。しかし今さら色に塗り直しも再発注も
不可能です。ここは申し訳ないのですがこのまま引き取って頂きたいので
お願いします。この通りです」
と土下座でもされかねない状態でした。

もしここで土下座でもされたらそれこそ大変です。
私が世間から誹謗されかねませんからね。(笑)

店長がさらに
「契約が成立している以上今さら値引きも難しいです。
だから何か他でご希望があればおっしゃって下さい。」
と言いました。

私もいつまでも無理難題ですねていても大人げないし今さらどうする
事もできないというのもわかっています。

しばらく考えてから
「実はアルミホイールを考えているのですよ。
少しでもそれが安くなるならお願いできますか?」
と答えると店長の顔がぱっと晴れわたり
「わかりました、すぐにご提案いたします。」
と言う事になりました。

結局、HONDA純正のアルミホイールが4本セットが
販売価格120.000円が半額の60.000円と取り付け工賃サービスと
いうことで手を打つ事になりました。
(ついでに外したスチールホイールにスタッドレスタイヤを取り付ける工賃も
サービスしてもらう事になりました。)

待ちに待っていた色とは違ってしまったのですが、話が付いた以上は納得して
ブルーメタリックの愛車を受け入れる事にしました。

現在世界一の省エネ車(プラグインハイブリッドは除く)の乗車した感想は
また報告させて頂きます。

d0075225_21465036.jpg

希望した色はこの色です。しかし結局下の色になっちゃいました。

d0075225_21471070.jpg

[PR]
by szsato | 2013-11-02 21:49 | ブログ
<< 色々と忙しかった3連休 珠洲マラソン撃沈 >>