坂本龍馬脱藩マラニック、ファイナル(いざ脱藩へ編)

3月21日(金)午前5時半、平成の脱藩者が坂本龍馬生誕の地に
集合しました。

実際には坂本龍馬は文久二年(1862年)3月24日に高知を出奔して
25日にに梼原に到着したそうです。

改めて脱藩者を紹介しますと、

首謀者のH川さん
ベテランのすずやん、
山男のH原さん
くノ一のお田鶴さん、
ドクターTさん、
チリ帰りの千Bさんご夫婦
途中で聞き返す予定のK岡さん
そして風来坊です。

K岡さんは明日100キロマラソンの練習会があるので
途中まで参加で脱藩は出来ないそうです。(それもすごい)
d0075225_10333961.jpg


記念撮影をしてからいざ脱藩へ。
出発時には小雨が降っていましたがそのうちに上がっていました。
それでも走っていても寒さを感じられました。

まずは才谷家(坂本家の本家)所有の和霊神社に行き脱藩祈願の
参拝をしました。
龍馬も脱藩の日にお酒を供えたそうです。

ここからチリから帰国してそれほど走り込めていないという事で
千Bさんの奥さんが現代の駕籠(サポートの車)でワープする事に
なりました。

残されたメンバーで走っているとJR朝倉駅に着きました。
ここでH原さんから悪魔のささやきが・・・。
「ここから日下までの道は歩道もなくなり車の交通量もおおいので
ワープしませんか?ちゃんと陸蒸気(列車)の時間も調べてきましたよ。」

実際、数年前までの脱藩マラニックはこの間は車でワープしていたそうです。
それがいつも間にかフル脱藩になっってしまいました。

この誘惑に私と千Bさんが乗ってしまいました。
健脚の脱藩者と別れて朝倉駅にいってみますと
H原さんが調べてきた時刻が古くて実際には40分以上またなければ
いけないことが判明しました。

駅でじっと待っていても寒いだけなので隣の枝川駅まで走る事にしました。
枝川駅まで走って30分くらいだったのでちょうど良いくらいに列車に
乗れました。やはり陸蒸気は快適でした。(^0^)
もし龍馬があと5年生きていたら新橋~横浜で陸蒸気に乗れたので
まあいいかあ~。

日下の駅でおりてサポートのH川さんが待っている所まで走って行くと
走って向かっている他のメンバーはまだ到着していなくて
千Bさんの奥さんは先に出発したとの事でした。

どうせ健脚連中にはすぐに追いつかれるだろうから我々3人もすぐに
出発することにしました。

奥さんを追いかけ健脚連中からは逃げてまるで鬼ごっこのようでした。
奥さんにはすぐに追いつけるだろうと高をくくっていましたがなかなか
追いつけませんでした。
結局、金剛力士のお堂の手前でやっと追いつけました。
d0075225_11495748.jpg


d0075225_1150723.jpg


逃げろ逃げろでしたが蛸公園に着く前に追いつかれてしまいました。
さすがですね!

d0075225_11523022.jpg


ここからいよいよ山道です。
休憩している間に身体が冷えて寒かったです。
取りあえずは集団で走って行くました。
鳥の囀りが耳に付くようになりました。

やがて道は朽木峠へと登っていきました。
かなり厳しい登り道で息が上がってきました。
やっとの思いで峠にたどり着いたらすでに健脚組はくつろいでいましたね。
d0075225_1355545.jpg


峠の下りで取り残されるのが嫌なので先に行くことにしました。
しかし数分後にはぴったりと後ろに追いついてきました。ふう~
d0075225_137379.jpg

      途中で倒木が道を遮る

峠を下ってしばらくはのどかな里山を走りやがて葉山の蔵に着きました。
ここでH川さんが準備して下さったお昼と麦ジュースを頂きました。
d0075225_1415030.jpg

d0075225_1423270.jpg

   鰹のたたもありました

ここから国道197号を走って檮原に向かいます。
お腹がいっぱいになったら走れません。
先に出発してダラダラと歩いていたら後ろからドンドンと抜かれてしまいました。
しかたなくゆっくりと走り出したのですが日頃からの練習不足でとてもペースアップ
する事は出来ませんでした。

トンネルを抜けやっと大川の分岐にたどり着きました。
出発してから約55キロです。(私は列車ワープしたので47キロです)
K岡さんの参加はここまでです。
ここから高知市内の自宅に走って戻るそうです。
(K岡さんはこの日110キロ走ってから翌日の練習会で70キロ走ったそうです)

私はここですでにワープ中の千Bさんの奥さんと一緒にワープさせて頂きました。
d0075225_1444626.jpg


茶畑の居る愚痴まで先行して送ってもらい刀神社と呼ばれている将監神社まで
先に行きました。
d0075225_145714.jpg


ここからワープから復帰した千Bさんの奥さんと一緒に再び国道197号を檮原に
向かって走ったり歩いたりしながら進んで行きました。

四万十川の源流を過ぎ檮原まであと10キロというあたりで健脚脱藩者ご一行様に
抜き去られてしまいました。

今晩の宿の時間もあったのでみんなの足を引っ張っても行けないので
檮原まで7キロ地点で2人とも車に乗せて頂きました。
まあ、明日もハードな道程だから温存するためだと自分で言い聞かせながら
今日の工程は終了しました。
本日の走行距離は70キロです。

今に思えば初めて参加したときは全行程85キロを走りきったのだから
体力があったのだなあとしみじみと思いましたね。

檮原の「雲の上ホテル」の温泉で汗を流してから
定宿の民宿「友禅いやしの宿」で食事をして宿泊しました。
d0075225_1464270.jpg

             皿鉢料理

初参加の時は疲れすぎて起きているのも辛かったのを思い出します。
しかし今回はワープのしまくりで全然余裕です。

ランナーの集いで楽しい一時が過ごす事ができました。
とくにドクターTさんのお話しは勉強になりましたね。

d0075225_1461783.jpg


ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2014-03-27 13:59 | 大会 | Comments(2)
Commented by お田鶴 at 2014-03-27 22:45 x
風来坊さん、脱藩マラニック楽しく読ませてもらってますよ。
写真きれいに撮れていますね。流石、カメラマン!!
Commented by szsato at 2014-03-31 14:16
お田鶴さん、ありがとういございます。
遅筆ですみません。
ただ段々と記憶が怪しくなってきていますので
今後どれだけ正確に書けるかの保証はありません。
(^0^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 坂本龍馬脱藩マラニック、ファ... 坂本龍馬脱藩マラニック、ファイ... >>