こっそり参加ひっそりリタイア、丹後ウルトラ

今年の丹後100キロマラソンは全く練習していなかったのでこっそり
参加してきました。
d0075225_1650216.jpg



今年はスタート前にも誰にも知り合いに会わないで午前4時半の
スタートを待ちました。

今年のゲストの「はるな愛」さんの寝起きのがらがらなダミ声に送られて
真っ暗な道をずるずるしました。

最初の難関の七竜峠は思っていたよりも順調に走る事が出来ました。

練習不足なのに何故かなあと思い巡らしてみたらスポーツジムで
短い距離だがトレッドミルでキロ6分半~4分半のインターバル走を
何回かしたのが良かったみたいにです。

峠を下りきった最初の10キロ地点を65分程で通過しました。

普段の100キロマラソンならばまずまずの出だしなのですが、
ここからはやっぱり練習不足が祟りましたね。

15キロ位から周りのペースについて行けなくなりずるずると
落ちていきました。

自分では30キロの関門は間に合わないと思うほどバテバテになり
登り道は歩き走ってもペースは上がらすほぼ関門は諦めていました。

ところが30キロの関門時間にはまだ30分程余裕を残して
通過しました。

本来ならば「ここからだ!」となるはずがそうもいかず
だらだら走りが続きました。

夕陽ヶ浦温泉を過ぎるまでは何とか走りをキープしていたのですが、
七竜峠の復路はさすがに歩いてしまいました。

すると途中で50キロの部の先頭集団に追い抜かれてしまいました。
今までこんなに所で抜かれた事はなかったのでショックでした。

それからは次々と抜かれていきました。

バテバテでやっとの思いで峠にたどり着いた時には
右の外側の股関節に激痛が走っていました。

ここからせっかくの下り道なのにこれでは走る事が出来ません。

仕方なく足を擦りながら峠を下っていきました。
d0075225_1649425.jpg


50キロの人達には続々と抜かれていきました。
せめて走る事が出来たらこんなに置いていかれる事はないのに、
と思うとモチベーションがどんどんと下がっていきましたね。

やっとの思いで峠を下りきった45キロのエイドにたどり着いた時には
まだ関門時間は残っていたけれども走る事が出来ないのでひっそりと
リタイアさせてもらいました。

毎年思う事なのですがやっぱり今年も思いました。

「来年、頑張ろっと…。」

リタイアがきまったらまだ暑い中走っている人達には申し訳ないのですが
さっさと引き上げてビールを頂きました。

その日はやけに夕陽が綺麗でしたね。
d0075225_1658509.jpg

[PR]
by szsato | 2014-09-17 16:23 | 大会
<< しごかれました、M練 重陽の節句 >>