橘湾岸100キロマラニック、リタイア

金曜日の午後1時に会社を早引けして車で博多に
8時間かけて行き、天神のホテルに宿泊
しました。

土曜日の朝はホテルから博多川沿い博多ふ頭までの
往復4キロを朝ジョグしました。
お天気も良くて気持ちが良かったです。
d0075225_11215945.jpg


午前9時にホテルをチェックアウトして熊本県
天草市でステーキハウスを経営する萩往還の友人
Aさんのお宅に向かいました。
さっそくお昼にチキンステーキをご馳走になりました。
d0075225_11391987.jpg


今回はAさんに車を出して頂いて長崎の橘湾岸
100キロマラニックに参加しました。

天草の鬼池港から島原の口之津港までフェリーで
渡りました。
フェリー乗り場に行くとAさんの友人で私も阿蘇で
お世話になったUさんが待っていました。
Uさんも一緒に参加です。Uさんはなんとこの
フェリーの機関長をなされているそうです。

口之津からスタート地点の小浜に行きました。

受付を済ませて駐車場でマラニックの準備を
していると海に沈む綺麗な夕陽に遭遇しました。
急いで写真を撮ろうとしたのですが日が沈む
スピードが速すぎてかろうじて間に合いましたね。
d0075225_11433187.jpg


準備を済ませてから3人で名物の小浜チャンポン
を食べに行きました。
スープは魚介の味わいであっさりしていて
美味しかったです。
d0075225_1243713.jpg


Uさんはしきりにここの店の生ビールが旨い!
と言っていました。(^O^)

スタートは23時50分なのでそれまで車で
仮眠をしたのですが全然寝れませんでした。

23時30分にスタート地点に集合したら
ここの大会のベテランのおおばさん、
ジョグノート仲間でここで100キロの
完走を
今年15回目を狙う凄いSさんと会いました。

いざスタートをするとずっとAさんの後を付いて
行きました。
Aさんも萩往還を40時間で何回も完走した事の
ある強者です。

最初の10キロをキロ6分で走りました。
道はアップダウンが続きます。
マラニックにしては速すぎですよね。

21キロの口之津エイドが2時間10分です。
この前参加した淡路島のハーフマラソンよりも
良いタイムです。

30キロの原城址で3時間20分でした。

でもAさんについて行けたのはここまで。
さすがにほとんど練習していないため
かなりの
無理がありました。

さっそく前々から不安のあった腰痛が発生しました。

がく然とスピードダウンです。
それでも我慢して何とか走っていると左足底痛が…。 
おそらくバランスが悪くなったためだと思います。

腰痛は益々ひどくなる一方です。
ついにほとんど走れなくなりました。

41キロエイドでリタイアしようと思ったのですが

午前5時過ぎで余りにも寒いので次のエイドまで
頑張ってみることにしました。

途中で女性ランナーが転倒して頭を強打したらしく
立てない状態になっていました。
連れ合いの男性が大会本部に連絡して
救援を呼んでいましたが、なにぶんこの寒さなので
女性ランナーは倒れたまま震えていました。
そこでリタイア用に持っていたレスキューシート
(薄いアルミ製で保温力がある)をリュックから
取り出してかけてあげました。

何とかかんとか次の51キロエイドにたどり着いた
のは午前7時半になっていました。

最初の30キロを3時間半で走って
次の20キロに4時間かかった事になります。
ここでリタイアを申込もうとしたらスタッフ
からせめて7キロ先のエイドで島原城を見てから
リタイアしたらと薦められたので泣く泣く
もう7キロ頑張ってみました。
本当に遠かったです。
結局午前9時前に島原城エイドに到着して
関門時間までまだ1時間あったのですが
ここでリタイアしました。
もう身体中がボロボロです。
d0075225_1241443.jpg

 
d0075225_12443730.jpg

今回、登りそこなった普賢岳です。
待ってろよ!
来年リベンジだ~

と言っても来年くるかなあ~
(^_^)v
[PR]
by szsato | 2014-11-23 11:14 | 大会 | Comments(9)
Commented by ウルトラマン at 2014-11-24 23:56 x
橘湾岸スーパーマラニック島原ステージ、お疲れ様でした。私にとってもとても厳しいコースでした。練習をしっかり積んだ臨んで良かったと思っています。雲仙の地獄谷巡りのコースは来年是非走ってください。
Commented by ryuji1962 at 2014-11-25 13:16
残念でしたね
色んな大会にチャレンジされる精神は凄いです
お仕事が落ち着かれたら
ゆっくりリベンジして下さい
お疲れ様でした
Commented by おたづ at 2014-11-26 18:24 x
風来坊さん、お疲れ様でした。

私は11月初めに左膝を痛め走れないまま六甲全山縦走に参加しました。
この大会は走りはダメなのでとりあえずスタート地点へ行き3歩出てみてダメならリタイヤする、と決めていましたがゲート?が開いた途端、人参がぶら下がっていた訳でもないのに気が付けばゴールしておりました。

今まで山を走らず歩くだけというのはランニングを始めてから一度もなかったので、荷物が4Kはあったと思いますがものすごく楽でした。
ただ、膝をかばってゆっくりだったため12時間5分かかりましたが、夕暮れにライトを使うこともなくゴールしました。

参加票に写真が必要だったのですが、手元に10年前のものしかなく、係りの人に突っ込まれたら「今日はノーメイクだから」と言おうと思っていたのですが、スタートまでの順番待ちの時に、前にいた女性に10年前の写真を使ってると言ったら、受付時にその女性が「この人の写真は10年前のものです!」といきなり言われ、受付の人は再度写真と実物を比べ爆笑。『ここは関西やなー』とつくづく思いました。

風来坊さんのアドバイスとても役に立ちお蔭で完歩出来ましたありがとうございました。感謝!
Commented by szsato at 2014-11-28 15:29
ウルトラマンさん、
年内15回目の100キロ完走、おめでとうございます。
本当にウルトラマンですね!
今回リタイヤしてしまったけれど
再チャレンジしたいコースですね。
来年も参加してみたいです。
Commented by szsato at 2014-11-28 15:31
ryujiさん、ありがとうございます。
まずは腰痛を治して一から長距離の練習を
しないと当分完走は無理ですね。
仕事が暇になるのは嫌ですが
もう少し走れる時間がほしいです。
Commented by szsato at 2014-11-28 15:33
お田鶴さん、
全山縦走お疲れさまでした。
韋駄天のお田鶴さんには物足らなかったでしょうが
たまにはのんびりした大会も良かったのでは?
(^0^)
10年前の写真でもおそらく全然変わりませんよ。
Commented by おたづ at 2014-11-30 11:18 x
風来坊さん、

すずやんがね、「20年、30年くらい前の写真を貼ればもっと笑いが取れる。」ですって。
最近の写真でないといけない、とは書いてなかったもので。

六甲全山縦走は距離は程よいのですが、ちょっと山が低すぎかな。
奥多摩は1,000メートル以上がほとんどでハセツコースを
10月に3分の1ほどトレイルランしましたが、きつかったです。

一昨日病院へ行き膝のMRIを撮ってもらいました。
左膝の半月板が内側も外側も損傷していました。おまけに内側に近い大腿骨が欠けていて「多分脛骨があたってそうなったのだろう」とのこと。
走るとロックがかかったようになり全く走れません。
幸いにも六甲縦走は走らなかったので痛みはひどくならず変わりないしという所です。

半月板は手術しか治す手段がないので日常生活に支障をきたす時には手術をすることもあると聞き、手術をしたいと言ったのですがどうもランニングは日常生活には入らないようですねぇ。

ところで、来年3月のいつもの頃、勝手に脱藩しようと計画してます。
初日は電車を使って途中まで行く。(多分10k以上は少なくなる)
ゴールの雲の上ホテルでお風呂の入ってからタクシーで10k離れた檮原の民宿「かまや」で宿泊。
(翌日の走行距離が10k少なくなる。)
ゴールの宿間にはあらかじめ宅急便で送った着替えなどをすずやんの友達が持ってくる。
と、大雑把にはこんな感じです。
いかがですか?
Commented by szsato at 2014-11-30 13:39
お田鶴さん、お大事にしてくださいね。
六甲全山縦走大会で山が低すぎと聞いたのは
初めてです。
さすが、お田鶴さんですね!

勝手に脱藩ですが、面白そうですね。
でもいつものワープが出来ないのがワープの
常連の私には辛いですね。
だからその時の体力の状況で参加出来るか
どうかですかですね。
Commented by おたづ at 2014-12-03 17:55 x
風来坊さん、

そうなのよねぇ。籠欲しいよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< お~い、お茶 京都で打ち上げ >>