24時間テレビの100キロマラソン

24時間テレビ100キロマラソンの特番を見ました。
最貧弱ランナーのアンガールズが走るというのは興味がありましたが
最貧弱っていっても2人とも若いからそう大げさな事はないだろうと思っていましたが、
けっこうきつそうでしたね。

でも時速5キロで歩いても20時間で100キロになるのですから
24時間は長すぎますよね。

数年前に参加した100キロウォーキング大会の制限時間は24時間でした。
その大会の唯一のルールは「絶対に走らない事」でした。
(ちなみに私は18時間でゴールしました)

しかし、番組構成上「24時間100キロウォーキング」じゃあ盛り上がらないだろうし
されど終了時間ぎりぎりにゴールしないと意味がなさそうですからね。

でも確かに2ヶ月だけの練習で100キロを走らせる(歩かせる?)
スタッフの大変さは良く伝わってきましたが。
[PR]
by szsato | 2006-08-29 10:15 | ジョギング | Comments(2)
Commented by MYpapa at 2006-09-01 02:10 x
まったく同感です。 私は100キロは未だ経験してませんが、風来坊さんやウルトラランナーは、苦笑まじりに観てるんだろうなと変な観かたをしていました。 寛平さんが走ってたときは失敗もあったし、かなり泣けましたが、もうそろそろこの企画も潮時かと思うんですが。 
Commented by szsato at 2006-09-01 23:25
間寛平さんは偉大なウルトラランナーです。でも24時間マラソンも段々と感動が少なくなってきましたね。24時間の時間枠や距離にとらわれないで本当に頑張っているウルトラマラソンを見てみたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 40時間戦えますか ランニング復活 >>