四万十川マラソン完走記

四万十川100キロウルトラマラソンに参加しました。
なんとか制限時間ギリギリでゴールする事ができました。
以下に14時間いっぱいに楽しんだ完走記を記します。


午前5時に蕨岡中学校に到着した。
62キロのレストステーション カヌー館行きの荷物を預ける。
それから、トイレに並ぶが15分くらいかかり用を足したらすでに
スタート地点に集合するようにとの放送がかかっていた。
d0075225_06364.jpg

あわてて、スタート地点に並ぶがすでにすごい人だった。
「今日も1日いっぱい楽しむぞ~。」
と心の中で叫んで気合いを入れる。
5時30分に号砲と共に100キロの部の約1500人のランナーがスタートした。

まだ暗い道を松明の明かりに導かれて走る何とも幻想的な世界だ。
松明が無くなると、途中、途中でボランティアの人達の車やバイクの
ヘッドライトが行く道を照らしてくれる。
朝早くから沿道の応援には頭が下がる。

普段はゆっくりしか走れない自分が周りのペースに流されて
1キロ6分で走っている。
このままでは最後までもつ筈がないのでペースダウンしたいのだが、それが出来ない。

d0075225_072772.jpg
10キロを過ぎたあたりから段々と
登り坂になってきてペースも少しずつ落ちてきた。
13キロから坂道がきつくなってきた。15キロすぎ、
いよいよ本格的な山道になる。
細かくピッチを踏んで汗をかきながら粘る。


d0075225_093913.jpg
18キロ、山の下のつづら道を見渡すと「ここまで登ってきたんだ」と感動する。
19キロすぎ、後2キロ、20キロすぎ、後1キロ、峠までの距離のことしか頭に浮かばない。

21キロを過ぎてエイドステーションが見えてきた。
ここで給水と給食をとればもうそこが峠だ。
この大会の最大の難関を越えた。ここまで2時間25分、
ほぼキ1ロ7分のペースだ。
この坂道を考えれば出来すぎだ。
ここからいよいよ長い下り坂。登り道以上に気を遣う。
走りやすいので時間を稼ぐにはチャンスだがその分リスクも高い。
自分でも十分に分っているのだが、今年も失敗してしまった。
30キロ地点、調子に乗って気持ち良く走っていたのだが、突然左足首と甲に
痛みがはしった。「しまった!」と思ったがもう後の祭りだった。
後はこの痛みとどう付き合うかだ。
案の定、30キロからガクンとペースが落ちた。

d0075225_0113560.jpg

33キロ、ついに四万十川と合流する。
雄大な流れにしばらく疲れと痛みから開放される。




d0075225_012365.jpg
四万十川の向こうにトロッコ列車が走る。



昭和大橋を渡って連動の応援を受けてから
やっと41キロすぎのエイドステーションに到着。
ここは60キロの部との合流地点だ。
ここまでほぼ5時間。少しかかりすぎたために60キロの
ランナーはとっくに通り過ぎた後だった。

d0075225_014389.jpg


ヘトヘトになってやっと50キロを過ぎて一つ目の沈下橋を渡る。
この橋は往復するので行き交うランナーで何だか楽しい。
四万十川の心地の良いホットした一時もこのすぐ後に待っていた
峠ですっとんでしまった。さすがに朝の21キロ地点の峠とは較べ物にはならないが
疲れた足には堪えた。
そして下り道。足の痛みがピークを迎える。

峠を下り終ったら去年までは川沿いの木陰の多い気持の良いコースを
走っていたのだが今年は山林崩落の影響でコース変更がされていて、
対岸の日陰のほとんど望めない広い車道を走った。
この間一番、暑くて苦しくやたらと水を飲んだ。

d0075225_0155993.jpg
毎年、オカリナを吹いて応援してくれる
人がいる。感謝、感謝で元気をもらう。






62キロのレストステーション カヌー館にたどりついた時は
8時間が過ぎていた。おにぎりを1個食べてから疲れを押し殺してすぐに出発した。
疲れはコーラを片手に少し歩いて回復させた。
コーラを飲みなから1キロほど歩いたらランの復活だ。
後は関門時間との勝負だ。
d0075225_0152243.jpg
岩間の沈下橋を渡る。
川風が心地よい。





71.4キロ関門(10時間11分)・・・9時間30分

ここではすでに回収バスが待機していて、あきらめたランナーを
乗せていた。
「足は痛むがまだまだいくぞ!」と誓う。
関門をクリアしたら再びコーラを飲みながら
1キロ程歩きながら回復を待つ。


79.5キロ関門(11時間15分)・・・10時間50分
d0075225_0203736.jpg


82キロに名物の私設のエイドステーションがあり、地元の特産の料理が
並ぶが水分の取りすぎでとても食べられなかった。残念・・・。
もうここからはゆっくりでも走り通すしかない。


86.9キロ関門(12時間19分)・・・11時間53分

d0075225_0211054.jpg
ここも何とか間に合った。ふうっ・・・。
黄昏の四万十川が美しい。
でも、感慨にふけっている時間はない。






94.1キロ関門(13時間17分)・・・13時間3分

残り6キロ、あたりは真っ暗だ。
やっと完走できる見込みが出てきた。
でも油断は禁物だ。ここで歩いたら終わりだ。
あと6キロ、されど6キロ・・・。
しかも、結構な山道だ。
沿道の応援にはげまされ、しばらく足の痛みは忘れる事にした。

あと2キロ、街並が見えてきた。応援が多くなりみんなに最後の元気をもらう。
紙吹雪の道を通る抜けて中村高校の校門をくぐって時に思わず込み上げてきた。
でも、鳴き顔でゴールするのはいやなので、無理やりに笑顔をつくった。

ゴール(制限14時間)・・・13時間54分
d0075225_0213957.jpg


6分前にゴールできた。また込み上げてきて笑顔が思わず崩れそうになるが
フィニッシャーメダルをかけてもらうと再び笑顔がもどった。
今回は足の痛みもあって途中で何度もあきらめかけてので
この完走はひとしおに嬉しかった。
d0075225_0215622.jpg

[PR]
by szsato | 2006-10-17 00:23 | 旅日記 | Comments(11)
Commented by ミカン at 2006-10-17 09:09 x
見事な完走、おめでとうございます。
最初の峠越えが厳しそうですね。
応援、エイド、景色、皆素晴らしそうですね。
いつかは出たい大会です。
筋肉ちゃんを休ませてやってください。
お疲れさまでした。
Commented by MYpapa at 2006-10-17 23:05 x
おめでとうございました!! そして100kmのドラマを興味深く読ませていただきました。 やっぱり大勢のランナーが集まって走るのって苦しい中にも楽しそうでいいですね。私もいつか行きたいな~。 そしてまた飛びコメントで申し訳ないですが、フットクラフトさんなくなっちゃうんですね。 娘のシューズを買いに行ったことがあります。 なかなか行けませんでしたが、いろいろアドバイスもしてくれてよかったのに残念です。ほんとにまたの復活を期待したいですね。
Commented by szsato at 2006-10-17 23:24
ミカンさん、こんばんは。
ありがとうございます。これで丹後の悔しさを少しでも
拭えた気がします。

Mypapaさん、こんばんは。
ありがとうございます。
ところでMypapaさんもフットクラフトさんのお客さまでしたか?
知っていれば居酒屋フットクラフトお別れ会にお誘いしましたのに・・・。
Commented by もりもり@神戸 at 2006-10-18 05:37 x
四万十川ウルトラマラソンの完走おめでとうございます。
80km過ぎから辛かったですね。
私も泣きそうでした。自分の体が自分ではないような感じでした。
会場ではお会いできませんでしたが、またカワニャンさんのマラニックでお会いすると思いますので、よろしくお願いします。
Commented by きんぐ at 2006-10-18 09:29 x
完走おめでとうございます。完走記じっくりと拝見しました。
100Km走りきるだけでも凄いのに痛みをこらえてよくがんばりましたね。
私なら諦めてます。
体をしっかり休めて下さいね。
Commented by ハリー at 2006-10-18 12:49 x
はじめまして

加古川に住む上野と申します。

今回、なんとか四万十川でウルトラデビューできました。

初参加の緊張でメーリングリストの皆さんとはお話できませんでしたが、
これからもよろしくお願いいたします。

私も少しブログにアップしました、よろしければあの峠からの
景色を見に来てくださいね。。
Commented by きっしゃん@神戸っ子 at 2006-10-18 15:22 x
あらためて、おつかれさまでした&おめでとうございます
ブログを見てると読んでると、2年前の光景が浮かんできます
やっぱり、あそこは美しいですね
もう走ることはないかと思ったりもしましたが
今、ちょっとその気になっています^^
Commented by ryuji1962 at 2006-10-18 18:49 x
はじめまして! ミカンさんから紹介してもらいました
私も参加しており同じタイムでのゴールでした
道中お会いしてたかもしれませんね!
お疲れ様でした!
Commented by szsato at 2006-10-18 22:28
もりもり@神戸さん
四万十川かっ飛んでのゴール、おめでとうございます。
本当に80キロからは遠かったですね。
それだけに、すごっくゴールの中村高校に入った時は
ひとしおでした。これからも宜しくお願いします。

キングさん、こんばんは。
応援有り難うございました。
キングさんもいつかは四万十川いかがですか?
最高に良いですよ。

ハリーさん、はじめまして。
初ウルトラおめでとうございます。
これからも宜しくお願いします。
ブログの峠からの写真、とても綺麗に撮られていますね。
思わず当日の事に思いを馳せました。

きっしゃんさん、こんばんは。
いつも応援ありがとうございます。
来年あたりカワニャンさんも誘って再びどうですか?

ryuji1962さん、はじめまして。
同じタイムですか?
きっと抜きつ抜かれつを繰り返していたと思いますよ。
走る前に知り合っていれば一緒にゴールしていたかもしれませんね。





Commented by ささき at 2006-10-18 23:23 x
ささきです。完走おめでとうございます。腰の調子も良かったようですね。
まだ、四万十川は走ったことがないのですが写真を見ているだけで行きたくなる様なところですね。毎年10月第3日曜は仕事に関連する試験で行けません。今年も午前の試験がサッパリだめでした。早く合格して四万十川へ行きたいで~す。
Commented by szsato at 2006-10-19 21:44
ささきさん、こんばんは。
ぜひ来年は参加して下さい。
しまなみ海道の海と島々の美しさも良いけど
四万十川の山と川のハーモニーも
最高ですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 四万十川マラソンのGPSデータ 居酒屋フットクラフト >>