萩往還、撃沈

 萩往還250キロマラニックに参加してきました。
 結局、昨年と同じ107キロ地点の川尻岬でリタイヤしました。

 先に進みたいという気力はあったのですが、足首痛で歩く事もやっとの状態に
なったため無念のリタイヤです。
 まあ、練習不足の結果ですので仕方がありませんね。
一からやり直して来年また再チャレンジです。

川尻岬からリタイヤバスに乗って宗頭公民館に行きました。
そこの体育館で2時間ほど仮眠すれば疲れはかなりとれました。

 ふっと見れば知り合いの方(75歳で毎年ランナーとして参加)が
早々とリタイヤしたらしく荷物の受け渡しのボランティアをしていました。
ひとりでキリキリ舞いで大変そうだったので、臨時のボランティアをする事にしました。
それにじっと寝ていたらかえって足が吊りそうになりそうなので少し動いている方が
回復が早いかもしれないと思ったからです。

 ところがこれがなかなか大変な仕事でした。
1人や2人なら何ともないのですが、いっぺんに5人も10人も来ることがあります。
 おまけに知り合いの人は途中で疲れたからと言って休んでしまいしばらく1人で
大忙しでした。近くでビールを飲んでいた人が見るにみかねてピークが過ぎるまで
手伝ってくれました。
 結局、最後のランナーの越田さんが午前4時にスタートするのを見送って
ボランティア終了です。

 絶対数も足らないのでしょうが、ボランティアというのは大変な仕事ですね。
いつもランナーの方からしかみていない者が、大変貴重な体験ができました。
 
 本当にこれからはもっとボランティアの人達に感謝をしなくては、と思いました。
[PR]
by szsato | 2007-05-07 21:41 | ジョギング
<< 最悪の日曜日 いよいよ萩への旅立ちです >>