神戸ヒルサイドマラニック

 神戸ヒルサイドマラニックに参加してきました。
このマラニックは3月29日に試走会に参加していたので今回は”頼りないスタッフ”
としての参加です。
と、言うのは試走したもののコースがマニアックすぎてほとんどわからないからです。

 何はともあれJR六甲道に午前9時半に30数名のランナーが集まりスタートしました。
先頭はこのマラニックのプロデューサのT原さんです。スリーパはS木さん、そして
中間が私とカメラマンのカワニャンさんです。
出発そうそうだらだらと上り坂です。途中から住宅街に入って下り、登りの連続です。
神戸一番きつい坂(?)を昇ってもうぜいぜい状態でした。
本当にジェットコースターマラニックです。
灘丸山公園をすぎて摩耶ロープウェイの駅を通りすぎてからトレイルランです。
山道を登り切って所が五鬼城展望公園です。ここからの神戸の展望はなかなかのものでした。
d0075225_9283563.jpg


 ここから新幹線の新神戸駅まで走り、駅の中で昼食の買い出しをしました。
それを持って駅の裏から布引の滝に向かいました。
雌滝を越えてさらに上流の雄滝の展望所で昼食としました。
 滝から発生されるマイナスイオンを体中に感じられてとても心地の良い場所です。
それと遠足気分でワイワイととても楽しい昼食でした。
d0075225_9352524.jpg


 昼食後はここから駅の方に戻りその途中から北野道を走って神戸北野異人館に
向かいました。この道はゆるやかなトレイル道でとても走りやすかったです。
そして異人館の裏側に抜けるので普段観ることのない情景があります。
(たとえばクリスマス用の大きなサンタクロースが横たわっていたり)
異人館で30分くらい自由行動となったのですが、ちょうど広場で大道芸の綱渡りを
行っていたので見とれていました。安全綱もマットも何もないのに2メートルくらいの
高さで綱渡りをするのはなかなかたいしたものです。
d0075225_950947.jpg


 異人館を出発してから最後で今日一番長い登り坂を上ってビーナスブリッジに
いきました。やはりこのマラニックに参加するランナーはみんなタフですね。
スタッフ同士の話ではここは誰も走らずに歩くでしょう、と言っていたのにほとんど
歩く人はなくみんな走っていきました。
 ビーナスブリッジは恋人達が南京錠をかけて愛を誓うという事で南京錠が
何百個と連なっていたそうですが、現在はビーナスブリッジの上の広場のモニュメントに
移設されています。
 ビーナスブリッジを降りてから三宮方向に走っていくと途中の交差点で
ハンドルネーム”kimi爺さん”が特別エイドを用意して待っていてくれました。
 kimi爺さんはこのマラニックに参加予定だったそうですが、お孫さんのピアノの
発表会は重なってしまって泣く泣く不参加だったそうです。

 その交差点のすぐ先が”北野工房のまち”です。ここは阪神・淡路大震災に見舞われて
大きな被害を受け、また児童数の減少によ、隣接する二小学校との統合が決定され閉校
となった旧北野小学校跡を利用して誕生したそうです。神戸らしいお店が色々と入店して
います。
コンセプトは「大勢の卒業生の思い出がいっぱい詰まっている校舎の面影を極力残す事」
だそうです。 ここで家族へのお土産のプリンを10個買い込んでリックが一杯になりました。
(家族へのケアも大切ですよ)
 
 トーアロードの人混みの中を走り抜けて中華街の南京町に行きました。
ここで少し休憩してからは三宮の市街地からHAT神戸に向かいシーサイドを走りました。
途中でなぎさの湯の前に無料で入れる足湯があります。ここで少し今日の疲れを癒しました。

d0075225_10264033.jpg

気持ちよさそうですね










d0075225_10265884.jpg

凧につながっている鯉のぼり
を見かけました。










摩耶埠頭を通ったのですが、試走会の時はここで4人で小林旭や石原裕次郎に
なった気分で写真を取り合って遊んだのですが今日は走り抜けました。
 午後4時にJR六甲道の駅前の公園にゴールしました。
実走時間4時間、25キロのマラニックでした。
d0075225_10405058.jpg

           S木さんが作成てくれたコース図です。
[PR]
by szsato | 2008-04-27 21:03 | ジョギング
<< 萩往還、行ってきます 大阪造幣局の通り抜け >>