四万十川ウルトラマラソンの抽選申し込み用紙がきました

 四万十川ウルトラマラソンの抽選申し込み用紙がきました。
今年の開催日は10月19日(日)です。
そして、抽選の受付期間は5月22日から6月19日です。
私は去年も参加したので抽選申し込み用紙が送られてきたのですが、
RUNNETでも申し込み可能ですよ。

 初めて四万十川ウルトラマラソン100キロに参加してから去年まで
5年連続で当選しています。
その結果は?と聞かれると少々辛いのですが、3勝2敗でした。
初めての時から2年連続で完走していたので(しかも2回目は100キロ自己ベストで)
3回目の時は嘗めてかかっていたのでしょうね。
62キロのカヌー館レストステーションに着いたときには胃をやられて気分が悪くなり、
寝込んでしまいました。1時間くらいして何とか復活して走りだしたのですが
時すでに遅しで、70キロ付近でバスに拾われてしまいました。

 2回目のリタイヤは実は去年でした。
50キロをすぎて半家沈下橋の手前のエイドでトイレに行ったところ
血尿がでてしまいその後は戦意消失してしまいました。
結局62キロのカヌー館レストステーションでリタイヤでした。
(これも100キロ最短リタイヤ自己ベスト?です)

 四万十川ウルトラマラソン100キロのコースはスタートからしばらくは緩やかな
登り道です。15キロすぎてから勾配がきつくなってきて21キロの峠まではなかなか
楽しめる(大いに苦しめる)道です。
 峠から10キロくらいはずっと快適な下り道ですが、ここで故障をして後半
走れなくなってしまう人が結構多いそうです。
(去年の血尿もここのせいかなあ?なんて思っています)
33キロくらいの所で四万十川と初めて遭遇するのでここは感動ものです。

 後は比較的ゆるやかで走りやすいのですが、半家沈下橋をすぎて55キロ付近に
少しピリッと応える峠道があります。それさえすぎればゴール付近までは大丈夫です。
ただし、ゴール近くの残り3キロくらいにまたピリピリッと応える登り道がありゴール
寸前の中村高校の前にふうっと言うくらいの登り道が待っています。
(これが制限時間いっぱいだったらけっこうしんどいですよ)
 でも、ゴールの手前で紙吹雪で歓迎してもらえます。
これにはとっても嬉しいのですが、もうゴールかなと思って聞いてみたら、
「はい、あと1キロです。」だって。少し疲れがぶり返しました。
 
 この大会は町あげて歓迎してもらえるので、沿道の応援が非常に多いのです。
スタートしてしばらく行った山間地に、こんな早朝におばあさんやおじいさん、
それに小さな子供たちまでが大勢声援してくれます。
 エイドは約2.5キロ毎にあり、中学生が一生懸命にボランティアして水を
配ってくれるのでついつい飲み過ぎてしまいます。
(3年前に胃にきたのもこのせいかなあ?・・・言い訳ばっかり)
それと80キロすぎには私設エイドがあって地元特産の食べ物がずらり並んでいて、
オーダーしたらビールも出てきます。それこそ宴会できますね。

 それから、これは知らない人が多いと思いますが、限られた参加者だけに
限られた場所で特別に参加賞が貰えるのです。
 それは何処かと言いますとゴールの中村中学校でリタイヤバスを降りるときに
「四万十川ウルトラマラソン」と名前の入ったタオルが配られます。

 得したみたいでとっても嬉しい!・・な、わけないですよ。
これで心の傷を少しでも拭って下さい、ということなのですかね?
d0075225_1283078.jpg


 
[PR]
by szsato | 2008-05-22 11:37 | 大会 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今月も月間300キロを達成 大人のブログ探訪 >>