2008年 丹後100キロマラソンマラソン撃沈記

 午前4時半、国会議員、丸山弁護士の挨拶の後スタートしました。
1キロほど網野の街を走っていよいよ七竜峠の登りにかかりました。
実は前日、早く夕日ヶ浦温泉に着いたので、この七竜峠を試走していたので、
峠までのだいたいの雰囲気はつかんでいました。
七竜峠を越えて夕日ヶ浦温に降りた地点でちょうど10キロ、65分でした。
峠を越えた割には早いペースに自分でも驚きました。
しかし、自分のペースとしては早すぎです。
d0075225_002513.jpg



20キロ地点で2時間5分、久美浜を周回し終わった30キロ地点では
少し落ちたといっても3時間20分程でした。
「これは、早すぎでやばいぞ。」
と思っていたら案の定、七竜峠の復路での登り道では走る力が残っていずに、
ガタガタに落ちてしまいました。
峠を過ぎた40キロ地点では何と5時間もかかってしまいました。
d0075225_01831.jpg



d0075225_014152.jpg

大会車両が脱落していました。たぶん夜中にライトアップしようとした準備中の
ハプニングだと思います。ご苦労さまでした。



ここから網野町から碇高原の登り口までの約15キロの道は
毎年暑さに苦しめられてしまう所なので気合いを入れ直して走ったのですが、
やはり今年も日陰のない炎天下の暑さにヘロヘロになってしまいました。
途中で車で移動している、大阪ミントさん(私は部員じゃあないのですが)の
応援を何度も頂きそのたびに「ファイトー」と心のなかで叫びながら走ったのですが、
なかなかペースの方は上がりませんでした。

 それでも、何とか碇高原の登り道にかかり、ふっと制限時間がきになったので
(知らなかったほうがおかしいのですが)併走していたランナーに聞きましたら、
あと1時間だという事でした。その時点の距離は約65キロでした。
と、いう事はあと8キロを1時間で走らなければなりません。
それも、こんなに厳しい坂道を暑さにバテバテになった状態で・・・。
途中でのリタイアも疲れ切った頭には浮かんだのですが、
最後まであきらめずに動き続けようと思い直して、峠道を登り続けました。
しかし、厳しい勾配の坂道なのでほとんど走ることができず、時間ばかりが
過ぎていきました。
 そして、ついに70キロ手前にして、制限時間が過ぎてしまいました。
今回は完走を疑わないでのぞんだのですが、まだまだ甘かったです。
反省点は色々ありますので、順次振り返ってみたいと思っています。
d0075225_043411.jpg

[PR]
by szsato | 2008-09-18 00:12 | 大会
<< 千葉県への出張でした 碇高原は遠かった >>