2011年 05月 07日 ( 1 )

遠すぎた瑠璃光寺

萩往還250キロマラニックを完踏するためには最低でも3ヶ月以上の
練習が必要な事は2年前にやっとの思いで完踏出来た時に思い知らされて
いる筈でした。
しかし、喉もと過ぎれば何とやらで今回は3ヶ月前になってもまったく練習せず
やっと1ヶ月前になってさすがに焦りだし付け焼き刃的な事で参加してしまいました。

5月2日、午後6時に瑠璃光寺をスタートしました。
今年は去年よりも100人程参加者が増えたのでスタート地点はかなり混み合っていました。
去年はわかちゃんを初めわか練のメンバーがかなり参加していたので賑やかだったのですが
今年はそんなに知り合いとも合わずにひっそりとしたスタートになりそうだと思っていたら
去年途中で何度も一緒にビールを飲んで結局一緒に鯨墓でリタイヤしたピロロンさんが
いました。
でも今年の彼は私と違ってかなり気合いが入っていました。
(ピロロンさんは見事完踏しました)
d0075225_14531820.jpg



去年はウルトラ女王のY子さんについて行ったので45キロ地点の西寺エイドでバテバテに
なってしまったので、今回は最初からかなりペースを落として走りました。
山口駅前あたりで完踏15回を狙うベテランのクニさんを見かけました。
クニさんによれば今年はかなり苦戦になるそうです。

井出原橋を渡ったところから椹野川沿いの河川敷を上郷駅に向かって走って
行くとジョグノート仲間のウルトラマンさんのゼッケンを見かけたので声をかけました。
それから色々とお話をしながら上郷駅まで一緒に走って頂きました。
ウルトラマンさんは1週間前に奥熊野100キロ、その1週間前に余呉湖の70キロを
走っていました。まさにウルトラマンですね!

上郷駅前のエイドで給水しているうちにウルトラマンさんとはぐれてしまったので、また
単独走です。
ところがまたウルトラマンさんと遭遇して何回か離れたり出会ったりしました。
結局45キロの西寺エイドまでご一緒して頂きました。

西寺で11時45分です。去年Y子さんに引っ張ってもらった時よりも45分遅い時間です。
それでも去年はここでかなりバテていたのでそれを思うとかなり楽でした。
ところが疲れはそんなに無かったのですが、どうもお腹の具合が良くありません。
ウルトラマラソンでは水の飲み過ぎでよくお腹の具合が悪くなることがあるのですが
今日は飲み過ぎるほどの水分は取っていませんでした。

取りあえずウルトラマンさんと別れてトイレに駆け込んでから再スタートしました。
去年と比べて登り坂でも割合に走れて順調に行っていたのですがやはり59キロ地点の
豊田湖エイドに着いたときは一番にトイレに飛び込みました。

ここに1時30分に到着したので去年の比べて20分の遅れです。
大分取り戻したようなので少し元気が出てきて順調に豊田湖から走り出す事が出来ました。
しかし、エイドで食べたうどんがお腹に堪えたのかしばらく行くとまたギュルギュルと音を
立て始めました。エイドでは下痢止めを服用したのに今のところ効果がないみたいです。

67キロの俵山温泉エイドをにたどり着いた時に一番にトイレに飛び込みました。
本当に情けなかったです。
ここのエイドでは食べ物はもちろん水分も何も取れませんでした。
そのままとぼとぼと砂利ヶ峠に向います。
さすがに峠の登り道は走る事が出来ませんでしたが、さすがに焦りもあって長い下り道は
走る事にしました。

するとしばらく治まっていたお腹が再びギュルギュルと鳴り出しました。
それと同時に強烈な眠さに襲われました。かなりの疲れが感じられました。
こんな事で疲れを感じるなんてやっぱり練習不足で体力がなかったのだなあ、
と反省しながらも段々と走れなくなってきました。

そんな弱気になっているときにふっと「リタイヤ」という文字が浮かんで来ました。
いや、まだまだだ!という気持と
このまま終わって横になったら気持良いだろうなあ、
という気持が自分の中で戦っていました。

ふらふらになって新大坊のエイドにたどり着きました。
やはり一番にトイレです。
本当にどうなっていることやらです。
ここでは湯豆腐があったのですが怖くて食べることが出来ません。
雄一ホットレモンがあったので一杯だけ頂きました。

新大坊からしばらく歩いてから走ろうとしたのですが、少し走ってみるとお腹がまた
鳴り出しました。それほどの腹痛が無いことがせめてもの救いです。
しかたがないので歩いて回復する事を待ちました。
こんな事では走れない、と思うと情けなくなってきました。

海湧食堂に着いた時には8時になっていました。
去年はここに6時半です。もうかなり遅れてしまいました。
d0075225_1454026.jpg



するとここに大阪ミントのまさみさんが座っていました。
お聞きすると膝の具合が悪くなって途中でリタイヤしてここに送られてきたそうです。
そしてふっと見ると走っているはずのベテランのクニさんがスタッフをしていました。
お聞きするとクニさんも今年は早めに見切ってリタイヤされたそうです。
そうすると今まで張りつめていた気持が一気に緩んでしまいました。

ここから俵島を回って川尻岬までの20キロの間は確かトイレが無かったような気がしたので
これ以上は「無理」と思ってしまいました。
そうしてスタッフをしているクニさんにリタイヤを宣言してしまいました。

ここからバスで宗頭の公民館にバスで送られて体育館で泥のように眠りました。
途中で一回目を覚ましたのですが再びすぐに眠る事が出来て結局15時間も寝ていました。
おかげで目を覚ませば朝になっていました。

疲れもすっかり取れていたのでこのまま山口に帰るのはあまりにも勿体ないので
ここからシャトルバスの出ている萩城址まで歩いて行くことにしました。
昨日のお昼にここに着いたときにおにぎりを食べたきり何も食べていなかったのですが、
お腹の事を思うと怖いのでまともに朝食を食べることが出来ずにバナナを1本だけ食べて
宗頭公民館を後にしました。
d0075225_14544686.jpg



宗頭から藤井商店まではゆっくりながらも走り、鎖峠までは歩いて登りました。
鎖峠から下りきった三見に行く交差点まではまた走ってみました。
そこから三見駅を越えて日本海に出て萩城址まではゆっくりと歩きました。
d0075225_1456587.jpg


みんなこの道を走ってゴールに向かっているのだなあ、
と思うとやはり悔しさがにじんで来ましたが、自分の力不足のためだからしかたありません。
自分の事ながら来年はこの悔しさをしっかりと思い出してほしい物です。

写真をアップしました。
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2011-05-07 14:47 | 大会 | Comments(20)