2017年 秋 長崎橘湾岸マラニックの103キロ 完走

2017年長崎橘湾岸マラニック秋の103キロに参加してきました。
この大会は2年連続でリタイヤした人には2時間のアーリースタートが認められているので今回は午前10時のスタートとなりました。
通常ならば午前0時スタートで制限時間が17時間なのですが、午後10時のスタートで制限時間が19時間あります。
集合したのはだいたい15名程でした。スタッフが「19時間もあるのだから絶対に完走できます」と言っていましたが
今回も全く練習しないでの参加なので全く完走できる気持はありません。まあ、ゆっくり行こう、それだけです (^^)
午後10時に小浜温泉をスタートしました。しばらくは一番最後尾になって女性3人の後ろにストーカーのように付いていきました。
今回は273キロの部も併設されていたので多くの歩いているランナーを追い抜いて行きました。
それはそうでしょう、ここまで173キロ以上走ってきたのだから…
敬意をこめて「お疲れさまです」と声をかけるとほとんどのランナーが疲れ切った声で「お疲れさまです」と返してくれました。
最初のエイドの津波見バス停で女性ランナーが3人ともトイレに行ったので、どうせ後で追う抜かれるだろうと思いながら先に出発たら
ほぼほぼ単独走になってしまいました。第2エイドの口之津で21.4キロで、ここまで1キロ8分くらいのペースでした。
エイドでトマトゼリーを頂きました。美味しかったです!1回目のチェックシートにパンチをしてから出発です。また単独走です。
今晩は月が明るくて楽しみにしていた満天の星は望めなかったです。湾岸線をしばらく走ったらやがて右折して街頭が全くない原城跡に
向かって行きました。エイドの前を通り抜けて城址に向かって行きました。前後に誰もいない真っ暗な道をヘッドライトと予備に持っていた
ハンドライトで照らしながら登って行きました。石碑の所で2回目のチェックシートにパンチをしました。するとやっと273キロの
人達が2,3人登ってきました。エイドで30.4キロ、ほぼ一定のペースで来ました。
いつもならばこの辺りで疲れが出てペースががた落ちになるのですが、今回はゆっくりペースが良かったのか順調に一定ペースを
維持することが出来ました。そろそろ後発の早いランナーに抜かれる頃だろう思っていたのですが40キロを過ぎても誰にも追い抜かれる
事はなかったです。45キロを過ぎた頃にやっと後ろから凄いスピードのランナーに抜かれました。不思議と心の重荷が降りたような気がしました。
いままでならば第5エイドは夜明けなのですが、エイドを過ぎてもまだ暗かったです。さすが2時間の持ち時間は大きいですね。(^o^)
島原の市街地を走って行きました。去年まではここは膝痛で歩いていました。
57.8キロの第6エイド島原城に着いたのは午前6時40分だったのでかなり良いペースです。ここは去年のまでの終了地点でした。
d0075225_11020193.jpg
3回目のチェックシートにパンチをしていたらスタッフの人から「お疲れさま、あとは厳しいけれど全部歩いても完走出来るから」
と励まして頂きました。少し休んでから手作りのお菓子を2,3個頂いてリックに入れてから全部歩くぞ!と思いながら再出発しました。
あと45キロ、残り時間はまだ10時間残っています。
寒い,寒いと武家屋敷を歩いていたら273キロの人が同じく寒そうに歩いていたから声をかけました。
これから眉山の厳しい勾配は登りは一切走れに事、登り終わったら同じくらいの勾配の下り坂が待っている事など教えて頂きました。
向かい風の中、眉山の登り口まで緩やかな登りを歩いて行き登山口を左折したところに急勾配が待っていました。
周りは多くの273キロのランナーが歩いていました。ここまで230キロを越えています、本当に尊敬致します。
眉山ロードをぜいぜい言いながら登っていると元気なランナーに抜かれて行きました。見ると103キロのランナーです。
d0075225_14072392.jpg
やっと眉山を登り終えました。当然すべて歩きです。ここからは同じくらいの勾配の下り坂でゆっくりと走ったのですが疲れた脚を痛めつけます。
すぐに第8エイドがありました。4回目のチェックシートにパンチをいれてから温かいおでんを頂きました。本当に嬉しかった!
d0075225_14140769.jpg
右後ろに平成新山の壮大な景色を見ながら下って行きました。平成新山は平成2年から平成8年にかけて起こった大規模噴火によって
形成された標高1483メートルの火山だそうです。
ここで神戸から参加されている女性ランナーのみちよさんと知り合いました。彼女は過去2回完走されているそうです。
彼女は午後11時のスタートだったので1時間追いつかれた事になります。この後はずっと引っ張って頂きました。
d0075225_14263201.jpg
眉山を下り終わったら直ぐに雲仙普賢岳に向かっての登り道が続きました。最初は緩やかな勾配だったのでみちよさんは元気に
走って行きました。私も必死に着いて行きました。(^^;)
流石に勾配が厳しくなってきたら歩きになりました。道は2車線ですが結構狭くて観光バスに追い抜かれるとヒヤッとしました。
登り道は10数キロ続きました。朝に寒さは何処へやらで暑くて大汗をかいています。
「寒くても暑くても走るランナーは本当に風邪をひかないね」とかたわいもない会話が疲れを紛らせてくれました。
途中のエイドではぜんざいが用意されていました。しかも熱い物と冷たい物がありました。冷たいぜんざいは初めて食べたのですが
汗が退いていき美味しかったです。その後で熱いぜんざいも食べました。普段はぜんざいは全く食べない私が2杯も頂きました。
仁田峠入口の分岐点で標高750mで最高点です。ここからいきなり下りです。本当に平坦な道が無いです。(*_*)
走って下って行きましたがここまで80キロ走ってきた脚は悲鳴を上げています。本当にここまでこれたのが不思議です。
それに比べたらみちよさんは元気ですね、どんどんと下りを走って行きました。着いて行くのが必死です。
雲仙温泉の賑やかな場所を抜けて大叫喚地獄に入って行きました。段差のある道が堪えます。硫黄の臭いにむせながらやっと
チェックポイントに着いて5個目のチェックをパンチしました。
d0075225_14565848.jpg
第13エイドで87.3キロ。あと16キロです。ここから少しトレイルランになりました。みちよさんは本当に少しだけだと言っていましたが
3キロくらいはありましたね。流石に脚が痛くて着いていけませんでした。本当にみちよさんは強い!! ^^;
トレイルを抜けたところで後ろから来たランナーにリックのファスナーが開いているよと言われたので、もしかしたらと思って中身を確認したら
チェックシートが見あたらない!みちよさんには先に行ってもらってリックをひっくり返して探しました。
その結果、他の所に押し込んでいました。凄く焦りましたね。疲れでボケていたのでしょうね・・・
ここからはまたひとり旅です。すると自分に甘い私は全然ペースが上がらずどんどんと後続に抜かれてしまいました。
第15エイドで最後のチェックをパンチしました。あと7キロです。
脚はもう限界を超えています。やっぱり練習をしていないと悲惨な事になりますね。
雲仙温泉からゴールの小浜温泉まではずっと下りだと思っていましたが甘かったです。小浜トンネルを抜けるとずっと登り道です。
久しぶりに歩きが始まりました。走ってきた元気なランナーに抜かれます。
やっと登り終わればあとは緩やかな下りですがもう脚には優しくなかったです。
小浜温泉に入ったらしばらく温泉街を走ってやっとゴールの公民館にたどり着きました。
時間は14時57分、記録は16時間57分27秒でした。2時間の余裕時間は使わなくてギリギリ正規の制限時間の
17時間に間に合いました。自分には出来過ぎでした。
ただ来年からはアーリースタートは認められないでしょうね。(*^_^*)
今回は多くのランナーに助けて頂きました。特に後半ずっと引っ張って頂きましたみちよさんには感謝、感謝です。m(_ _)m






[PR]
# by szsato | 2017-11-15 15:26 | 大会

橘湾スーパーマラニック100キロリタイア

長崎の橘湾スーパーマラニック100キロに
参加しました。

左足の痛みが続きとても走れる状態ではない
ので寸前までDNS しようか迷っていました。

それでも走れくなってからもずっと毎朝7キロ
のウォーキングは続けていたので取り合えず
歩ける所まで歩いてリタイアするつもりで
参加しました。
目標は30キロ地点の原城跡です。

去年リタイアしていたからアーリースタート
が認められて1時間早い午前11時スタートです。

軽いジョグでスタートしました。
速く飛ばしていく人もいればかなりゆっくり
ペースの人もいました。
私はそんな中である女性ランナーのペースが
良かったので迷惑だろうがついていく事に
しました。

全然走っていない自分でも問題なくついて
いく速度だったのでづっと引っ張ってもらい
ましたが、やっぱり迷惑だろうなあと思い
声をかけました。
すると気さく答えて頂きました。
その人は熊本から参加していて日頃から
ゆっくり走るマラニックが大好きだと
言ってました。しばらくは色々と話しなが
楽しく走る事が出き今日のリタイア目標の
30キロ地点の原城もいつの間にか通過出来
ました。
しかしさすがに30キロを越えると左足の
痛みが我慢出来なくなってきたので
迷惑をかけたらいけないので先に行って
もらいました。
ここからは一人旅です。
ここまでずっと我慢して走っていたのが
歩きも交ざってきました。
50キロくらいで辺りがやっと明るくなって
きました。
ここまではラン&ウォーキングでなんとか
続けてきたのですがもう走る事が出来なく
なってきました。

やっとの思いで57キロ地点の島原城に
たどり着きました。まだ時間はたっぷりと
残されていたのですがここでリタイアする
事にしました。
去年リタイアしたのと同じ場所です。
足さえ痛くなければまだ続けられたのに
残念ですがあんな状態でここまでこれた
といく満足感がいっぱいです。
本当に参加して良かったです。(^O^)
d0075225_06345843.jpg



[PR]
# by szsato | 2015-11-23 06:08 | 大会

42キロ歩きました

毎日7キロくらいしか歩いていないので
奮起一発長距離を歩いてみました。
自宅から丹波篠山の城跡、篠山マラソンの
ゴール地点まで丁度42キロあるので朝5時
半に家を出発しました。

このコースは今まで何度も走った事はあるの
ですが最後まで歩き通した事はありません。

何時間でゴールできるのか、はたまた途中で
足の痛みのためりタイヤになるのか、不安を
抱えての旅立ちでした。
d0075225_15453061.jpg

猪名川町のいな坊

途中のコンビニで水とクリームパンを買い
袋をぶら下げて歩きました。
以前参加した100キロウォーキング大会で
知り合ったアル中(歩き中毒)の人にならって
休まずに歩きながら給食や給水を済ますため
です。
d0075225_15453410.jpg

花衣酒造の酒蔵

酒蔵を越えたところで篠山まで30キロ
という看板がありました。
d0075225_15453860.jpg

まだまだですが段々左足が痛くなっていました。
d0075225_15454208.jpg

杉生の交差点で丁度半分の21キロです。
いつもはここのコンビニに座り込んでビール
休憩とするのですが今日は止まりません。
ここから登り道で峠に向かいます。
d0075225_15454671.jpg

6キロ、約1時間かけてやっと西峠に着き
ました。ここからいったん下るのですが
それが足に堪えました。
d0075225_15455074.jpg

下りきった所が後川です。
戻りのバスが出ているのはここまでです。
ここを過ぎたらりタイヤは出来ません。
覚悟を決めて次の峠を目指しました。
d0075225_15455505.jpg

やっとの事でトンネルに着きました。
ここで約30キロです。
あと12キロ、空元気ですが希望が見えて
きました。
d0075225_15460055.jpg

こんなのどかな道もありました。

d0075225_15460348.jpg

下りきって日置の町に入りました。
あと8キロです。

今日は暖かいを通り越して暑かったです。

大汗をかきながらやっとの思いで篠山の
町に入りました。
あとゴールまで1キロです。
マラソンの時みたいにどきどきしました。
(^O^)
d0075225_15460889.jpg


ゴールです。
時間は丁度8時間でした。
全く予定通りでした。
最後まで休憩はありませんでした。

家からここまで42キロという偶然に感動
したのはおそらく私だけでしょうね。
(^_^)v

今回、気が付いたことがあります。

それは42,195キロはウォーキングでも
しんどい…。(^O^)

[PR]
# by szsato | 2015-10-24 14:42

家族の誕生会

母親が10月末、嫁さんが10月中旬、娘が
9月末という恐怖の誕生日ラッシュです。

そのためまとめて御祝いを済ませようと
先日、京都に行ってきました。

場合はミシュラン2つ星に選ばれた
要庵西富屋さんです。
オーナーがランナーなのでひょんな事から
お知り合いになりました。
オーナーは村岡100キロの入賞常連者と
いう凄いランナーです。

料理は子持ち鮎、松茸、銀杏、柿、栗…。
秋の味覚を堪能しました。(^O^)

松茸が高級なのでめったに食べられないから
鼻を近づけてクンクンと匂いを嗅いでいたら
娘から「みっともない!」
と怒られてしまいました。

娘から怒られる年になったのだなあ、
としみじみと思いました。(;_;)

d0075225_19490550.jpg


         
d0075225_19490949.jpg


d0075225_19491325.jpg


[PR]
# by szsato | 2015-10-13 09:49

余呉湖に行ってきました

この週末に余呉湖に行ってきました。
大学の卒研OB会の慰安旅行で10人の参加でした。
他のメンバーは大阪で待ち合わせて車に分乗して
来られたのですが、私は勝手してひとりで車で来ました。
場所は余呉湖の近くにあるウッディタウンパーク余呉です。
ここはテントサイトやバンガローがあり我々はバンガロー
泊まりです。
私は少し早く到着して余呉湖に行ってみました。
明日にここでマラソン大会が開催されるので
スタッフの方々が準備にはげんでいました。

カワニャンさんが明日ここを走られるので私はコース
報告のために試走してみました。

d0075225_13221261.jpg

一周約7キロのフラットなコースです。
この日は晴天でけっこう暑かったのですが
湖畔の木陰に入ると湖からの風もあり
すごく心地がのかったです。
d0075225_13221606.jpg

途中から山に入る登山口が何ヵ所かありました。
ここはかって羽柴秀吉と柴田勝家が戦った
賤ヶ岳の古戦場跡でもあるのです。
時間があればゆっくりと散策してみたいところですね。
d0075225_13222189.jpg

途中でマラソン会場を設営していました。
d0075225_13222599.jpg

走ったり歩いたり写真を撮ったりして1時間
かけて一周しました。
d0075225_13222959.jpg

そこからウッディパーク余呉に行ってOB会
のメンバーと合流して夜の宴会へとなるの
でした。

恩師と顧問の方は80歳を越えるご高齢なので
(お二人ともすごくお元気です)
お酒は全然飲まれないので残りのメンバーで
大量の缶ビールと焼酎1升2合程とバーボン
ウィスキー1本が空になってしまいました。

久しぶりに良く飲みました。(^_^)
[PR]
# by szsato | 2015-10-05 12:27 | 旅日記

歩いています

5月の萩往還250キロマラニックに参加して
以来、腰痛と膝痛に苦しんでいました。
萩往還は結局50キロもたどり着かずに
リタイアしてしまい6月の阿蘇100キロマラソンもDNS してしまいました。

その後も腰痛が長引きずっと接骨医院に通っ
ていました。
それでもなかなか良くならなかったのですが
6月の末くらいから少しずつウォーキングを
するようにしました。

最初のうちは痛い腰や膝を我慢しながら、
と言ってもあまり無理をしないように歩いて
いたら段々と痛みが和らいできました。

1か月程したらあれほど酷かった腰痛が不思
議と治ってしまいました。

おかげさまで7月はウォーキングで約300
キロ、8月は出張が多かったのでウォーキン
グ約150キロ、ランで約20キロ、9月は
今日までウォーキングで約200キロ、ラン
で約30キロでした。

膝痛が治まれば少し走ってみるのですが、
その後はかならず痛みがでます。

だからまだしばらくはウォーキングを中心に
体を動かしていこうと思っています。

今晩も十六夜の月をめでながら歩いてきました。
(^_^)v

d0075225_22125698.jpg
d0075225_22130053.jpg




[PR]
# by szsato | 2015-09-28 11:11

東京出張ラン

東京に出張です。
今回は初めて旗の台に泊まりました。

実は最近SLのC57を組み立てだしたので
大森駅近くの入新井西公園に展示しているC57を見たくて往復しました。

環7をしばらく走ってから住宅街に入り
途中、闇坂(くらやみざか)というとても
気になる坂道を通って大森駅につきました。
d0075225_11251083.jpg



公園はそこから南へすぐの所です。
d0075225_11245175.jpg


午前11時と午後3時には汽笛を鳴らして
動輪が動くそうなのですがまだ午前6時
なのでひっそりとしてました。
[PR]
# by szsato | 2015-05-27 11:14 | ジョギング

玉子かけご飯マラニック

萩往還が終わってからはほとんど走って
いませんでした。

なのにいきなり40キロのマラニックを
しました。
コースはいつものM練からMを抜いた、
つまり箕面~妙見山から妙見山を抜いた
コースです。

金石橋から妙見山には登らずに国道を亀岡
方向に約5キロ程走って玉子かけご飯屋
さんで昼御飯を食べてから折り返すという
結果38キロの軟弱マラニックでした。
d0075225_17293413.jpg

これが玉子かけご飯です。
とても美味しかったです。
今回は最後までビールを我慢したので
ゴールでの箕面の生地ビールが
すごく美味しかったです。
d0075225_17331444.jpg

付き合っいただいたメンバーに
感謝、感謝です。 
d0075225_17343433.jpg

[PR]
# by szsato | 2015-05-24 17:24 | ジョギング

山口観光

萩往還が終わりゴールデンウィークも
終わりました。

しかし、7日はまだ山口県にいました。
と、いうのは連休明けは山口で仕事だった
のでそのまま山口市で滞在していました。

その間は休みなので秋芳洞や秋吉台に
行ってきました。

過去に数回来ているのですが何回来ても
良いですね!

おかげさまでとても良い休暇を過ごす事が
できました。

ただし、家にほったらかしの家族が怖いです…。
("⌒∇⌒")
d0075225_22574064.jpg

d0075225_22582787.jpg

[PR]
# by szsato | 2015-05-07 13:36 | 旅日記

戦い済んで、日がくれて…。

今年の萩往還は当然の結果で終わりました。

当たり前ですが全く練習しないで参加すると
どうなるか?
と、言うことを実証してきました。

スタート時から咳が止まらず
(言い訳だと思ってください)
5キロ付近からすでに息苦しくなり
ペースダウンしてしまいました。

本当に13キロの第一エイドでやめようと
思ったくらいです。

それでも気を取り直して進んでいったのですが、
全く走れなくなりひたすら歩きました。

どんどんと抜かれてしまい、完全な一人旅
になってしまいました。

おそらく最後尾だと思っていたのですが
それでも途中で10人くらいに抜かれて
しまいました。

まだ後ろがいたんだ、
何て変な感心をしたものです。("⌒∇⌒")

歩いていても息苦しくて28キロのエイドで
今度こそやめよう、と思っていたのですが
エイドに着いてみたら何故か次のエイドまで
行くなりました。

32キロエイドに着いたら
「すみませんがもう水がありません」
と言われたのでしかたなく2~3キロ先の
コンビニまで行く事にしました。
喉がからからでコンビニに着いたら
もう営業が終わっていました。

今までこんなに遅くここに着いた事が
なかったので営業が終わるなんて知らな
かったです。
まあ、自販機はあったので飲み物を補給して
先に進みました。

ここからどんどんと登っていくので全く
走れません。ひたすら歩きました。

すると不思議な事が起こりました。
何と先行していたランナーを5人も抜く
事ができたのです。しかも走らずにですよ!

その後は歩いているのなかなか良いペース
で進んでいけました。43キロからの下り
道ではひさびさに軽くジョグする事も
できました。

45キロの西寺エイドに着いた水を貰って
豊田湖までいこうかな、とは思ったのですが
ふと見ると同宿のラン友がいて今から
豊田湖を目指しても絶対に間に合わない
のでここで終わったと言いました。

時間を聞くと(実は途中で時計が電池切れ)
午前1時半だと言うことでした。
豊田湖の関門が午前3時半、約15キロ
を2時間で行かなければなりません。

今までのペースでは絶対に無理です。
そう思ってしまったらもうおしまいです。

そういう事で今年はフルマラソンの距離
で終わってしまいました。

やめた理由?

咳も不思議と治まっていたし、スタート時に
少し痛かった膝も今は何ともないし腰痛も
大丈夫でした。

元気に終わりました。

本当に根性無しですね。O(≧∇≦)O
[PR]
# by szsato | 2015-05-05 03:50 | 大会