カテゴリ:大会( 152 )

坂本龍馬脱藩マラニック、ファイナル(密会編)

恒例の坂本龍馬脱藩マラニックに参加してきました。

今年でファイナルの大会です。
いつもこのマラニックをしっかりと走りきるために練習をしよう、
と思っているのですが今年も例年と違わずまったく練習せずの
参加になりました。

今回はファイナルということで通年は2日間が3日間になります。
(3日目はオプションの時もありました)

それにしても高知市内から四国山脈を越えて愛媛県の長浜まで走波する
という大変な大会です。

初日は高知市内の坂本龍馬生誕地からスタートして龍馬が匿われたという
檮原までの85キロの工程です。

2日目は檮原から峠を無数に越えて愛媛県の宿間(内子町)までの
山また山の50キロの工程です。

3日目は宿間から海岸沿いの長浜までの35キロの工程で
全行程2泊3日で170キロにもおよぶマラニックです。

3月20日(金) 午前中に仕事を済ませて車で高知県に向かいました。
主催者のH川さんと高知市内で午後5時に待ち合わせてました。
H川さんが車で全サポートを行ってくれるのでその間空いている駐車場を
貸して頂けることになっていたのです。

H川さんとお会いして明日からの駐車場の場所を確認してから車をホテルの
駐車場に駐めて密会の場所に向かいました。

密会の場所はひろめ市場です。
ここは鮮魚店や飲食店など色々なお店が集まっていて市場内の至る所に
テーブルと椅子が並べられています。各自がそれぞれ自分の好きなものを,
好きなお店で買ってきて持ち寄って食べるスタイルとなってます。

こんな賑やかなところで密会とはこれいかに? ですね。

追々と脱藩するメンバーが集まってきました。
主催者は10数年を導いてきたH川さんです。

そして先導役のすずやん、H原さん、お田鶴さん、初参加のドクターTさん、
千Bさん夫婦そして4回目の私こと風来坊です。
それから脱藩はしないけれど途中まで同行してから戻るというK岡さんの9人で
密会は始まりました。
(要は好きな物を食べて好きな物を飲むという物ですけれどね)
皆さん強者揃いで私ひとりびびっていました。

特にお田鶴さんという女性脱藩者は凄いです。
どう凄いかは追々とわかると思います。(^0^)

千Bさん夫婦は長年仕事でチリ転勤していて久しぶりの帰国後の参加だそうです。
ご主人の方が「久しぶりの異常な会話が懐かしい」
と言っていました。
異常な会話って何でしょうね?
d0075225_16485865.jpg


d0075225_16492492.jpg


いよいよ明日早朝から脱藩が始まります。
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2014-03-24 16:50 | 大会 | Comments(2)

篠山マラソンDNS

篠山マラソンをDNSしました。

昨日(土曜日)の仕事が終わらなかったからです。

本当は土曜日にもし仕事が残ってしまっても
週明けの月曜日に片付ける予定だったのですが
現場の都合と私自身週明けそうそうに千葉県の船橋市に
出張が入ってしまったからです。

その予定も先ほど変更になって明日の千葉行きは
今晩から車で走っていくことになりました。
当然日帰りです。
(帰りは新幹線ですけれど)

その新幹線ですが終わらない仕事と言うことは
某鉄道会社の新幹線基地の中でのエレベーター
(リフターですが)の設置工事をしています。
何だか因果を感じています。(*^O^*)

先ほど基地に入場しました。
2両並んで止まっています。
マニアならたまらないだろうなあ。
[PR]
by szsato | 2014-03-02 07:48 | 大会 | Comments(9)

新年走ろう会~耐寒おでんパーティ

今年も1月3日の武庫川スポーツクラブ主催の新年走ろう会に
参加してきました。

5キロのコースにエントリーしてスタートからはゆっくりと周りの
ペースに合して走って行きました。
大体キロ6分半くらいでした。

折り返し地点から少しずつペースをあげて最後はきっちりと30分、
キロ6分に合わせました。
正直いってしんどかったです。
サボりすぎですね・・・。

その後はこちらも恒例の耐寒鍋パーティの準備をしました。
今年は初心に戻っておでんにしました。

元々はこの新年走ろう会の後で缶ビールと乾き物で震えながら飲んで
いたのですがやっぱりおでんと熱燗が欲しいね、という事で次の年には
おでんと熱燗、そてからボタン鍋(猪鍋)、モツ鍋、トマト鍋、蟹鍋と
色々と変化してきました。
差し入れのお酒も「越の寒梅」や「蔵元の隠し酒」など
普段飲む事が出来ないお酒やワインもボージョレヌーボなど
なかなか豪華で私が用意した熱燗ようの「呑のも」がみすぼらしく
見えました。(笑)

今年も10人ほどで武庫川の野宴で11時頃から午後4時まで5時間
大いに盛り上がりました。

来年も開催予定ですので宜しくお願いいたします。
[PR]
by szsato | 2014-01-04 21:29 | 大会 | Comments(0)

珠洲マラソン撃沈

能登半島の石川県珠洲市で開催された珠洲100キロマラソンに参加
してきました。

結果は見事67キロで撃沈しました。

まあ、膝を痛めて完歩した白山、白川郷マラソン以後ほとんど練習らしい
ものをしていないので当然の結果ですが・・・。

それでも67キロまで良く粘れたなあ、と自分でも驚いています。


前日の土曜日に自宅の兵庫県から7時間かけて車で移動しました。
金沢から「のと里山海道」を走り途中で「千里浜なぎさドライブウェイ」
を走ってみました。
ここは砂浜の波打ち際を8キロに渡って車で走る事が出来る
ドライブウェイです。
砂浜なので当然なのですがセンターラインがなく何処を走っていいのか
戸惑いましたね。

d0075225_2157350.jpg


d0075225_21574891.jpg


d0075225_21582514.jpg


日曜日、午前5時に100km570人、60km200人が一緒に
スタートしました。
約20キロで別れるまで同じコースです。

スタート時からかなり雨が降っていましたがまだ寒いというほどでは
ありませんでした。
そのおかげで10キロ付近の見附島では暑くて雨具を
脱いでしまいました。
それがあとで身体を冷やしてしまう事になってしまいましたが。
見附島は別名軍艦島と言われるくらい見事な船の船首みたいです。

d0075225_21595474.jpg


20キロまでは何とか集団に着いて行けたのですがここから
少しずつ登りになってくるとさすがに練習不足がたたりペースに
着いて行けなくなりました。

登り道はまだ何とかなったのですが下り道では故障中の右膝に
痛みが出てきました。まったく走れないわけではないのですが
全然ペースが上がりませんでした。
そのうちに自然と右足をかばって走っていたのか左股関節が
痛み出しました。まだ30キロを越えた所なのに最悪です。

どんどんと抜かれていきました。
570人程の少人数なのであっという間にかなり後方に
なってしまいました。

d0075225_2221622.jpg


45キロの関門の千枚田は3分前のすり抜けでした。
関門を過ぎたエイドでカレーを食べたので少し元気が回復する
ことができました。
そこから曽々木に向かう途中で福井県から参加のUさんと
知り合いになりました。

Uさんは今年の春にフルマラソンを初完走されたばかりなのに
いきなりの100キロ参加だそうです。
仲間内からは「100キロマラソンなんかに参加したら死ぬよ」
と脅かされたそうです。(笑)

その後ずっとお付き合いを願いました。
色々と話をして走っていると不思議と元気になり復活してきました。

d0075225_221710.jpg


第2関門の曽々木58キロは諦めていたのがお互いに励ましあって
なんとか10分前に通過する事が出来ました。

さあ、次の関門だと意気込んで時間と距離をみて愕然としました。
次の関門の自然休暇村73キロまで2時間で15キロあります。
キロ7分は今の状態ではかなり厳しくなっていました。
普通の大会ならばキロ8分くらいは見てくれているのに・・・。

ぼやいていても仕方ないのでUさんと励ましあった先に進みました。
海岸沿いの道を走るのですが雨は強くなり日本海から冷たい風が
吹いてきて走っていても身体が震えるくらいです。

見附島で雨具を脱いでしまったので全身ずぶ濡れで雨具を再び着る
タイミングを逃していました。

それでも止めろと言われるまで、せめて次の73キロの関門まで
それが無理ならば70キロまで頑張ろうと言っていたのですが
関門の一つ手前の67キロ大谷エイドで時間切れになってしまいました。

d0075225_223732.jpg


Uさんとは来年のリベンジを誓いながら別れました。

今回も阿蘇と同じく身体が冷え切ってしまったので宿に帰ってから
30分くらいお風呂に浸かっていました。

現在は右膝痛と左股関節痛とその他筋肉痛で苦しんでいますよ。
それにしてもいつも思うのですが走りを止めるまでは痛い痛いと
言いながらも身体が動くのにレースが終った瞬間に痛さが我慢が
出来なってしまうのは何故でしょうね?

d0075225_2234865.jpg

[PR]
by szsato | 2013-10-21 22:03 | 大会 | Comments(6)

白山、白川郷マラソンの50キロ完走、いや完歩

白山、白川郷マラソンの50キロに参加してきました。

50キロで制限時間が10時間半なのでなめてかかっていましたが
標高差1200Mはなかなかタフなコースでした。

第一回大会なので宿泊事情も現地の交通事情もわからないため
今回はカワニャンさんとわかちゃん、わかだんな(わかちゃんのご主人なので)
の4人で旅行会社を通して宿泊場所を申し込みました。

わかちゃんとわかだんなは都合によって電車で受付会場まで来る事に
なっていたのでカワニャンさんとカワニャンさんのラン友2名(当然女性)との
4名で西宮から車の乗り合いで現地に向かいました。

名神高速から東海北陸道を通って白川郷に着きました。
村営駐車場に車を止めてから世界遺産の合掌造り集落を観光しました。
d0075225_21224066.jpg


今日のお昼ご飯は村の中の食堂に入り山菜山芋鉄板焼き定食を頼みました。
素朴な味でなかなか美味しかったです。
今度家でやってみよっと。
d0075225_21231673.jpg


それから明日の下見を兼ねて白山スーパー林道を車で走ってみることに
しました。
ちなみに明日はマラソン大会のため白山スーパー林道は一般車通行止めです。
(なかなかな物ですね)

白川郷からしばらく上り坂を登っていきました。
これがなかなかな急勾配です。

料金所について通行量を払おうとしてジェジェジェ!
何と片道3.150円也です。

西宮から白川郷までの高速量が3.750円だったのであまり変わりませんね。
そこから白山スーパー林道の景色を堪能したと言うよりもコースの厳しさを
堪能しました。
d0075225_21264059.jpg


それから受付会場に行ってわかちゃん夫婦と合流しました。
実は私は3日前から去年半年間苦しめられていた膝痛が再発症していて
参加するかどうかを迷っていました。

ところがわかだんなも突然足首が腫れ上がってしまい参加するかどうか
迷っていると言うことでした。
結局、2人でゆっくり歩いて参加しようということになりました。
d0075225_2144443.jpg

         コースを検討するカワニャンさん

今晩の宿は民宿「獅子吼荘」です。
ここは受付会場から約20キロです。
ちなみに受付会場の「白川役場」から明日のスタート会場「道の駅瀬女」
まで34キロです。
遠すぎませんか?


わかだんなも私も二人とも民宿の階段を手すりなしでは登れない
状態でした。( ̄∇ ̄)

「獅子吼荘」は思っていたよりも綺麗な宿で食事も大変おいしかったです。
こんな場所だから山菜と川魚料理だと予想していたのが大いに外れました。
流石に石川県、海の幸がいっぱいでした。
特にノドグロの塩焼きは美味しかったです。
d0075225_21271651.jpg


食事の後は明日の準備をして4人でワインで前祝いをしました。

翌日4時に起床しました。
4時半にはちゃんと朝食の準備をしてくれていました。
ちなみに100キロの部の人は2時半頃に朝食の準備をしていてくらたそうです。
本当に至れり尽くせりでした。

そこからスタート会場の「道の駅瀬女」に行きました。
スタートは午前7時からだったのでのんびりと時間がすぎましたね。
(いつも100キロは4時から5時くらいのスタートが多いので)
d0075225_2128412.jpg


ゲストランナーは丸山弁護士でした。
スタートしてから一緒に歩きながらスタートしようと言っていたわかだんなに
裏切られてしまいました。
わかだんなはどんどんと前に行ってしまいました。

後から聞いたのですがわかだんなは朝になったら腫れが少し収まっていたらしく
結局なかなかの好タイムでゴールされたそうです。

ひとり取り残された私はスタートしてからずっと歩いて行きました。
どんどんと集団から取り残されていきました。
地元の人が応援してくれるのですが恥ずかしかったです。
本当にそれくらい走る事が出来ませんでした。

ふと気がつくと最終車両を伴ってずっと歩いていました。
鬱陶しいものですね。

そのうちの歩くのには慣れてきたのか完全ではないのですが
ウルトラウォークが出来るようになってきました。
道はスタートしてからずっと登り道です。

10キロ過ぎから前に歩いているカップルがいました。
段々と追いつくのが気がつくのか時たま走り出しました。
私は走る事ができないのでそのたびに離されるのですが歩きになると
また追いつきます。何度かそんな繰り返しだったのですが坂道の勾配が
厳しくなるとついに追い越す事ができました。
やっと最終車とお別れすることが出来ました。

それから1人抜き2人抜きで第一関門の最高地点約28キロまで
20人程抜きました。
ゲストランナーの丸山弁護士も10人目として抜きました。
追いぬくついでに握手をして頂きました。

昨日下見をしていた通りなかなかなタフなコースでずっと歩いていても
いい加減に疲れてきましたね。
約13キロで白山スーパー林道の入口ゲートにたどり着きました。
d0075225_21295070.jpg


今回は膝痛での参加なので登りは何とかなっても下りはむりだろうから
登り終わる第一関門でリタイヤする予定でした。
しかし登り終わってみるとここの関門時間が13時なのに12時15分に
到着することが出来ました。
ということはあと22キロ、残り時間は5時間15分もあります。
それこそ残りも全部歩いてもゴール出来そうだと思ったら膝にかなり無理を
してもらうことにしました。

当然走る事は出来ません。
折角追い抜いたランナーからはどんどんと抜き返されていきました。
後は自分との戦いです。
d0075225_21311244.jpg


下り坂のほうが膝への負担が大きので膝がきしみました。
何度も大会の車を駐めようかと思ったりもしました。
やっと白川郷の集落が見えてきました。大分と降りてきました。
d0075225_2133377.jpg


それでも何とかスーパー林道を過ぎやっとの思いで下りきって白川郷の村に
入っていきました。
白川郷に入ってあと残り10キロ?

下りきったらゴールじゃあないの?
次の関門は45キロ地点の展望所?

展望所ってもう下りきったのに・・・。

そうです、下ったら登る、ウルトラマラソンの鉄則ですね(^0^)

そこから白川郷の観光客であふれるコースを過ぎて展望台までの厳しい登り道を
登っていきました。
d0075225_21335491.jpg


その途中で50キロを走り終わったラン友のカクイさんが出迎えてくれました。
しかも缶ビールを持っていて一口ごちそうになりました。
美味しかった!
d0075225_21342040.jpg


展望台で写真を撮ってから再出発です。
d0075225_21345789.jpg


ここからがなかなか長く感じられました。
考えてみたら歩いているのだから5キロといったら1時間近くかかるのですからね。

結局何とか10時間で歩き通してゴールする事が出来ました。
いや完歩ですね。
一緒に参加していた仲間がまさか完走するとは!とびっくりしながらも
暖かく迎えてくれました。

さすがに見栄っ張りなので観光客が多い白川郷の町の中とゴール寸前だけは
ゆるジョグをしましたが、それ以外は全然歩き通しました。

もし膝の具合が悪くなかったら」もっと余裕があっただろうか?
けっこう考えさせられました。

今は膝痛は悪化してしまい歩くのもなかなか大変な状態ですが
昔、海宝さんから言われた言葉がよみがえってきました。

「痛い痛いと行っているが明日になるとその痛みが完走の喜びになるのだよ」

d0075225_2140415.jpg


写真をアップしました ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2013-09-30 17:10 | 大会 | Comments(10)

緊急事態発生、膝痛が・・・

緊急事態発生です。

去年の夏から半年以上苦しめられていた右膝が急に痛み出しました。

丹後ウルトラマラソンが終わったときも何ともなくその後もそれほど
走った訳でも無いのに一昨日歩いていたら急に違和感から痛みに
変わってきました。

なぜ緊急事態かと言いますと明日から車で白山に行って明後日開催の
白山、白川郷ウルトラマラソンの50キロに参加する予定だったからです。
この大会は標高差が1200mもあるのでかなり過酷になりそうなのです。

こんな状態では走る前からDNSになる可能性が大です。
今、必死に湿布していますがどうなることやらです・・・。
[PR]
by szsato | 2013-09-27 08:49 | 大会 | Comments(4)

丹後ウルトラリタイア

丹後ウルトラ100キロマラソンに
参加して予定通り回収されました。

雨だったのでいつもの灼熱もな
く走りやすかったのですが
練習不足が全てでした。

それにしても今回は調子が特に
ひどかったです。
走り始めてすぐから息苦しくな
り全くペースが上がりませでした。

今までで10キロでリタイア
したいと思ったのは初めてです。
どんどんと追い抜かれていって
モチベーションは下がりっぱなし
でした。

本当は30キロの関門で引っかか
ってしまうと思っていたのですが
何とか2分前に通過する事が
出来ました。

それからは開き直たのか苦しさも
なくなりゆっくりとマイペースで
走って行きました。
 
全く関門時間を気にしないで
走ったので56キロの弥栄庁舎
の関門時間を10分越えてしまい
リタイアバスに回収されてしまい
ました。

碇高原にチャレンジ出来なかっ
たのは残念ですがあんな状態で
56キロまでたどり着いたのは
奇跡に近いのであまり悔しさは
ありませんでした。

阿蘇ウルトラマラソンに続けて
また雨になってしまいましたね。

もう何も怖い物はありません。
(*⌒▽⌒*)

d0075225_2149891.jpg

[PR]
by szsato | 2013-09-16 21:12 | 大会 | Comments(6)

萩往還250キロのエントリー状況

来年5月に開催される萩往還ですが、早々と申し込みました。

去年は10月中旬でもう250キロの部は一杯になるという
走友からの緊急メールで慌てて土曜日だというのに郵便局から
機械で振り込んだのですがそれが良かったみたいでギリギリ
間に合いました。

今年はそんなにバタバタしないように申し込み用紙が送られて
きてから1週間以内で申し込みました。

そして萩往還マラニックのHPを閲覧したところ8月11日時点で
250キロは定員500名のところ209名だそうです。
この分では10月からのWEBエントリーまでに定員に達するかも
しれませんね。

140キロと70キロはまだまだ大丈夫です。

d0075225_1814758.jpg
こんなマニアックな大会もランニングブームの影響を受けるのですね。
[PR]
by szsato | 2013-08-18 18:14 | 大会 | Comments(0)

夜カモメ12時間走に参加しました

週末に武庫川で開催された夜カモメ12時間走に参加しました。

コースは武庫川の尼崎側の河川敷を南に500m往復して北に500m
往復して2キロで1周です。
8月3日(土)17時半に集合して19時にスタートして翌9日(日)
7時まで懐中電灯をバトンにして繋いで行きます。
d0075225_2339351.jpg


7時半に集合する予定だったのですが、私は仕事が長引いて
結局20時半にやっと現地の行く事が出来ました。
23時過ぎに初めて一回目のスタートを切る事が出来ました。

我がチームは私を入れて8人構成だったのですが、一人があまり調子が
良くなかったので6人プラス2人が交代という変則的に繋ぎました。
だから大体1時間に1回順番が回ってきました。

毎年明け方には眠さと疲れでペースが落ちてくるものですが
今年のメンバーは誰もペースが落ちませんでした。


だから結局私も最後の9周(18キロ)を走り終えるまで
1キロ5分を越えることなく走らされてしまいました。

私にとってこんなに高速ペースで走る事はめったにない事です。
おかげさまでヘトヘトでしたが良い練習が出来ました。

最後はチーム全員で手を繋いでゴールしました。
d0075225_23401265.jpg



7時に終わった参加者全員で打ち上げがあり眠たい状態で
缶ビール3本飲んでしまいました。
d0075225_23403754.jpg



宴会中は自分でも驚くほど頭が冴えていたのですが
帰りの電車の中では眠くてフラフラ状態でしたでした。
当然日曜日の午後からは家で爆睡でした。

(写真はすべてカワニャンさんから頂きました)
[PR]
by szsato | 2013-08-05 23:40 | 大会 | Comments(2)

萩往還マラニックの案内書が届きました

来年の萩往還マラニックの案内書が
届きました。

萩と言えば先日の大雨の影響で
かなりの被害が出ているので思わず
大丈夫かなあ、と心配していまた。

締切は今回も3月になっていますが
去年は10月で定員オーバーになっ
てしまいました。
だから今回も急いで申し込まなけ
ればと思うのですが、何せ250キロ
の参加費3万円はなかなか大変ですよ。

d0075225_1925892.jpg


萩往還の記録集と参加申込書
&プレミアムモルツとスナズリのからめ煮
[PR]
by szsato | 2013-08-02 18:46 | 大会 | Comments(6)