カテゴリ:旅日記( 67 )

余呉湖に行ってきました

この週末に余呉湖に行ってきました。
大学の卒研OB会の慰安旅行で10人の参加でした。
他のメンバーは大阪で待ち合わせて車に分乗して
来られたのですが、私は勝手してひとりで車で来ました。
場所は余呉湖の近くにあるウッディタウンパーク余呉です。
ここはテントサイトやバンガローがあり我々はバンガロー
泊まりです。
私は少し早く到着して余呉湖に行ってみました。
明日にここでマラソン大会が開催されるので
スタッフの方々が準備にはげんでいました。

カワニャンさんが明日ここを走られるので私はコース
報告のために試走してみました。

d0075225_13221261.jpg

一周約7キロのフラットなコースです。
この日は晴天でけっこう暑かったのですが
湖畔の木陰に入ると湖からの風もあり
すごく心地がのかったです。
d0075225_13221606.jpg

途中から山に入る登山口が何ヵ所かありました。
ここはかって羽柴秀吉と柴田勝家が戦った
賤ヶ岳の古戦場跡でもあるのです。
時間があればゆっくりと散策してみたいところですね。
d0075225_13222189.jpg

途中でマラソン会場を設営していました。
d0075225_13222599.jpg

走ったり歩いたり写真を撮ったりして1時間
かけて一周しました。
d0075225_13222959.jpg

そこからウッディパーク余呉に行ってOB会
のメンバーと合流して夜の宴会へとなるの
でした。

恩師と顧問の方は80歳を越えるご高齢なので
(お二人ともすごくお元気です)
お酒は全然飲まれないので残りのメンバーで
大量の缶ビールと焼酎1升2合程とバーボン
ウィスキー1本が空になってしまいました。

久しぶりに良く飲みました。(^_^)
[PR]
by szsato | 2015-10-05 12:27 | 旅日記 | Comments(2)

山口観光

萩往還が終わりゴールデンウィークも
終わりました。

しかし、7日はまだ山口県にいました。
と、いうのは連休明けは山口で仕事だった
のでそのまま山口市で滞在していました。

その間は休みなので秋芳洞や秋吉台に
行ってきました。

過去に数回来ているのですが何回来ても
良いですね!

おかげさまでとても良い休暇を過ごす事が
できました。

ただし、家にほったらかしの家族が怖いです…。
("⌒∇⌒")
d0075225_22574064.jpg

d0075225_22582787.jpg

[PR]
by szsato | 2015-05-07 13:36 | 旅日記 | Comments(0)

札幌出張

先週の5日(金)から8日(月)にかけて札幌に出張に行っていました。
出張と言っても仕事半分、遊び半分でした。
(そのおかげで帰ってきてから昨日まで仕事で忙殺されてアップ出来
ませんでした)

7月5日(金)
午後3時半に関西国際空港に到着しました。
今回は経費削減のためLCCのピーチを利用しました。
ピーチだと1カ月以上前に予約したのですが今日の17時45分の便
ならば関空~新千歳空港で1万円でお釣りがくる値段でした。
同じ日でも出発時間でかなり値段の差はでるのですが最終便はお徳です。
仕事は明日の午後一番に現場に入れば良かったのですがこの航空運賃と
ビジネスホテル代を足した物の方が明日の2便(10時25分)の運賃
よりも安くなるので前伯する事にしました。

ピーチの乗り場は関空の第2ターミナルで関空駅から無料バスで10分
ほどかかります。
(そういう情報を色々と調べていたので早めに空港に来ました)
搭乗受付はきっかり1時間前の16時45分からでした。

飛行機にはタラップで乗ります。
(よくゴルゴ13の標的にされる物です)
初めての経験なのでドキドキしました。
LCCは狭いと聞いていたのですが、1時間半くらいならさほど苦には
なりませんでした。

さすがにおしぼりや飲み物サービスはありません。
シートにも音楽用の差し込みプラグのありませんでした。
コスト削減は徹底しています。
そのかわりキャビンアテンダントさんの愛想は良かったです。


19時40分に定刻通り霧の新千歳空港に着陸しました。
(霧のために関空に引き返す事もあると放送があったので冷や冷やでした)
飛行機を降りると(ここはタラップではありませんでした)少し冷やっと
しました。大阪では暑くて着れなかった上着を着て丁度良いくらいでした。

JRで札幌に行き駅周辺のホテルに到着したのは午後10時前でした。
今晩はおとなしくコンビニでサッポロビール黒ラベルと小樽ワインと
ナポリタンスパゲッティ(パスタとは言えないでしょう 笑)を買って
部屋でひとり寂しく乾杯しました。(わびしいなあ~)


7月6日(土)曇り
仕事は午後1時に白石の病院に行けば良かったので午前中は空いています。
泊まったビジネスホテルはおにぎりとトーストですが朝食無料サービスが
あるので貧乏な旅人には大助かりです。

午前7時からなので時間になるとさっそく1回のロビーに行きました。
セルフサービスなので好きなだけ取れるのですが、朝食を食べてから少し
走ろうと思っていたのでおにぎりは控え目に2個にしました。
おにぎりと簡単なおかずとサラダををプレートに入れて席について食べて
いると空いていた隣の席にお兄さんがドンとプレートを置いてからまた
何かを取りに行きました。そのプレートをみるとおにぎりが6個も
入っていました。おかずも山盛りです。そしてその人はさらにトーストを
取ってきたではないですか。それにしても良く食べるなあ!

部屋に帰って着替えてからホテルを出ました。
午前7時半スタートです。
まずは南に向かって大通り公園まで走ってみようと思いました。
ところがいつまで走っても大通り公園には出ませんでした。
そのうちに北海道同庁らしき建物が見えてきたのでさすがにおかしいと
思ってスマホの地図で現在地を確認してみました。

すると何と完全に方向を間違ってしまっていました。
南に向かっていると思っていたのが西に向かっていたのでした。
ホテルを出た時から方向を間違っていたのでした。

まあ、それも良かろうと思い直してどんどんと西に向かって走って
行きました。
それから少し南下してまた西に向かって走っていくとやがて円山公園に
着きました。

公園の入口広場ではウォーキング大会参加者が集合していました。
その垂れ幕には「歩くのはいつ?今でしょう!」と何だか流行っている
らしき文言がみえました。

北海道神宮を左手に見て汗だくになりながらどんどんと坂道を登って
行きました。
看板を頼りにやがて大蔵山のスキージャンプ場に到着しました。
ここまでホテルから8キロです。
d0075225_16362370.jpg



TVでは良く視ているのですが初めて見る生ジャンプ場には本当に
ビックリしました。本当にこの上から人間が滑り下りてくるとはなかなか
信じられないくらいの急こう配です。

スタート地点へはペアリフトで行けるのですが、汗臭いおっちゃんが一人で
ペアリフトに乗るのも嫌なので歩いて行けないかどうか警備員に
聞いてみました。すると右側に遊歩道があって1時間くらいで行けるとの
ことでした。
しかし今から1時間登ってまた降りてきていたのでは時間が足りません。
しかたがないので少しだけ遊歩道を歩いてみました。
道はかなりの勾配でくねくねと曲がりながら登っていました。
そしてそのカーブの先からジャンプ場の何段にも連なっている階段?に
延びている道がありました。

遊歩道はどんどんと上に登って行っていて、いつ引き返えそうか迷いながら
進んで行ったのですがやがて写真のような看板が目に入りました。
d0075225_16502042.jpg



「熊出没注意だと!
引き返すのはいつ?今でしょう!」

大急ぎで走って降りて行きました。

ジャンプ場を後にして円山公園を通って東に走って行くとやがて
大通り公園に出ました。
d0075225_1656190.jpg



公園内を走ってからホテルに戻ったのが午前11時になっていました。
結局15キロ走った事になりました。

午後からの仕事を済ませて今日札幌入りした施主の設備メーカーのNさんと
夜のすすきのに繰り出しました。
お目当てはジンギスカンです。

予定していたお店は満席で1時間待ちだと言われたのでぶらぶらとさ迷って
臭いに誘われて一軒の焼き肉屋さんに入ってみました。
ここでも少し待たされたのですが10分程でした。

ここのお店は何とエアコンが入っていませんでした。
最初は暑いと思っていたのですが、慣れてくるとそれほど苦痛では
なくなりました。かえって冷えたビールが美味しかったくらいです。

オーダーはもちろんジンギスカンです。
d0075225_17447100.jpg


飲み放題プランが何と780円でした。
生ビール1杯が380円なので3杯飲むと完全に元が取れます。
ただし、時間が1時間半と少し短めの設定なので元が取れるが少々心配でした。

しっかり1時間半後には店を追い出されてしまいました。
結果、生ビール8杯飲みました。
後で塩を撒かれたかも・・・(笑)

その後はラーメン屋に入ってNさんは札幌ラーメンを注文したのですが
私はさすがにお腹がいっぱいなので餃子と生ビールでした・・・。

7月7日(日)晴れ
今日は完全にオフです。
ホテルで朝食を済ませた後で札幌駅からJRで小樽に行ってみました。
小樽駅からスタートして北に走って行きました。
2キロほど行ったところに小樽市総合博物館がありました。
北海道で初めて機関車が走ったのは札幌~小樽間でここがその記念の地です。
入場料を払って中に入ってみると蒸気機関車から電気機関車、電車、さすが
北海道と思ったのはラッセル車までずらっと展示していました。

d0075225_17211498.jpg


d0075225_17214789.jpg


d0075225_17223251.jpg


d0075225_1834013.jpg


館内展示場では有名な「義経号」の姉妹車「しずか号」が展示されていました。
あまり面白くて結局2時間くらいここで時間を過ごしてしまいました。

博物館を出てから南下して行きやがて有名な小樽運河に着きました。
日曜日とあって観光客で溢れかえっていました。
d0075225_18345869.jpg


人力車のお兄さん達が一生懸命に客引きをしていました。
信号待ちをしているの目の前のカップルやおあじさん、おばさん誰かまわずに
声をかけているのに日しぎと誰も私に声を掛けてくるお兄さんはいませんでした。
やっぱり走る恰好をしているからでしょうかね?

観光地のメッカを過ぎてさらに南下して行くとやがて「石原裕次郎記念館」に
着きました。
実はここは21年前に新婚旅行で訪れた思い出の所です。
そのころを思い出して入館しようと案内所に行って入館料を見てみると
1500円・・・。

思い出は深く心に中にしまって置く事にしました。(笑)

d0075225_18463743.jpg


ここから北上して小樽駅に向かう事にしました。
途中で田中酒造の亀甲蔵があったので立ち寄って日本酒の試飲をしました。
辛口でなかなか美味しいお酒なのでお土産にいいかなあと思いながら
試飲したお酒の値札を見てみました。
「どうもご馳走さまでした。」
そそくさと酒蔵を後にしました。

しばらく走っていると太鼓の音がしてきました。
堺町本町通りに入った広場で「潮まつり」の宣伝イベントをしていました。
「潮まつり」は7月26日~28日に開催される小樽の大きなお祭りです。
d0075225_2195136.jpg


20人くらいで大太鼓、小太鼓、鐘を敲いていてかなり賑やかでした。
しばらく見入っていました。

それからお土産屋さんが並ぶ堺町本通りをさすがに人が多くて走れないので
ぶらぶらと歩いていきました。

すると大きな選挙演説の声が聞こえてきました。
新党Dの名物党首であるS木M男さんが選挙カーを伴って歩いてやってきました。
自分の真ん前にやってきたので別に応援しているわけではないのですが
思わず握手してしまいました。

一瞬思いましたね、「この人いつシャバに戻ってきたのかなあ・・・」

その後、小樽駅まで走って行ってJRで札幌に戻りました。
今日の走行距離は12キロでした。

ホテルに帰ってシャワーを浴びてから少し寛いでいると電話が掛ってきました。
Nさんからでした。Nさんはやはり大阪から出張してきた機械メーカーのTさん
は今日は仕事だったのですが仕事が終ったので今からホテルに帰るのでその後の
食事のお誘いでした。

午後6時にホテルのロビーで待ち合わせて札幌駅近くの居酒屋に繰り出しました。
今日は海鮮料理でした。
d0075225_19553077.jpg



d0075225_1956495.jpg


特に雲丹が絶妙のお味でした。
口に含んだときの磯の香りと何とも言えない甘味の少しの苦み・・・。
その後に日本酒を口に入れた時の何とも言えない調合・・・。

あ、あの決してここはグルメブログではありませんよ。

居酒屋の後はラーメン屋に行ったのですが、私はやっぱりお腹いっぱいで
札幌ラーメンは食べられずに餃子とビールでした。

7月8日(月)曇り
札幌出張最後の日です。
今日は現場に行かなければいけないのであまりゆっくりとはしていられません。
それでも最後の出張ランをしました。
今まで何度か札幌に来た事があるのですが北海道大学にはまだ行った事が
なかったのでクラーク博士に会いに行ってきました。

ホテルから約2キロで北海道大学の正門に着きました。
ここから学内に入ってすぐの所にクラーク像はあるのですが、まずは大学を
1周してみました。学内の中央道路を北上して走って行きました。
学内はランナーや散歩している人が沢山いましたね。
やがて中央通りが突き当たったので西に走って行くといつの間にか
学外の道に出ていました。そこから石山通りを南下して北8条通りを通って
再び学内に入っていきました。
それからクラーク像はすぐにわかったのですが、私はクラーク博士が
「少年よ、大志をいだけ」と指差している像があるものだとばかり思い込んで
いたのですが、実はクラーク博士の胸像があるだけでした。
d0075225_20425785.jpg


あの有名な像は羊ヶ丘の方にあるそうです。
それにしても札幌大学の広い事、広い事。
エルムの森も静寂で素晴らしい空間でした。
d0075225_20473295.jpg


ホテルまで帰ってきて今日の走行距離は7キロでした。

その後仕事のため現場に行ってから新千歳空港に行ったのですが
昼食のアサヒビール園での食事をゆっくりしすぎたために
搭乗締め切り時間5分前というギリギリでまったくお土産を買う時間もなく
帰宅してから家族から大ひんしゅくを買うのでした。

d0075225_20523771.jpg

[PR]
by szsato | 2013-07-14 20:52 | 旅日記 | Comments(4)

無事脱藩成功

朝6時半に梼原の民宿を密かに出発して
国境の伊予に向かいました。

山を越えやっとの思いで土佐と伊予の国境、
韮ヶ峠を越える事が出来ました。

実は私は昨日の走りで痛めた膝痛が
思わしくなく峠越えの最後の所でワープ
してしまい、他の同志よりも一足早く楽チンに
峠に到着してしました。

辛い思いをしてたどり着いた同志に
聞かれて、
「どこでもドア」としんどい言い訳をする
私でした。(汗)

その後も体調が思わしくなくワープしまくり
だったので全ゴール50キロの半分くらいしか
走りませんでした。

ところで密偵はどうなったかって?

判明しました。
やはりベテランのランナーが密偵でした。

密偵からワープを利用して逃げたのですが
密偵の走力は凄くあっという間に追いつかれ
追い抜かれて行きました。

その後、密偵さんとも仲良く脱藩する事が
出来ました。

詳しくはまた報告します。
(しっかり写真は撮りました)
[PR]
by szsato | 2013-03-17 22:36 | 旅日記 | Comments(2)

着々と脱藩進行中

決められたとおり早朝5時半に
坂本龍馬生誕地から密かに脱藩が
行われました。

今回の脱藩者は予定通り4人です。

私以外はいずれもベテラン揃いです。
みんな凄い走力の持ち主です。

案の定、付いていけたのは
10キロ程度でした。

後は迷惑のかけっぱなしです。

今日は梼原までの75キロだったのですが
結局3回もワープ(車に乗りました)して
60キロ弱しか走りませんでした。

花粉症で咳が止まらず、膝通も発症したので
明日の50キロの行程のうち何キロ走れるか
ですね。

明日、密偵が判明すると思います。
[PR]
by szsato | 2013-03-16 21:02 | 旅日記 | Comments(0)

無事に潜入しました

午後3時半に無事に土佐に潜入しました。
その間、仕事の電話は一件だけでした。
誰にもバレていません。

先に土佐に潜入している同志の
すずやんとお田鶴さんと合流して
脱藩の大先輩である坂本龍馬先生の
軌跡を辿るべ
「龍馬の生まれたてまち記念館」に
行ってきました。

先生の生い立ちから脱藩、そして
時代の大波に飛び込んでいくまでの
多くの資料を拝観しました。

その後は密かにお城に潜入しようと
したのですが、午後5時を過ぎていたので
入城を拒まれてしました。

仕方がないので密会まで時間があたのですが
今夜の密会の場所、「ひろめ市場」に
向かいました。

「ひろめ市場」の建物の中に入ってみると
多くのお店が鮮度の良い魚やその外色々な
物が売られていてそれをつまみに場内にある
テーブルで自由に飲み食い出来るようになって
いました。

誘惑に負けた我々はまだ密会まで時間が
あるのに関わらずテーブルを見つけて
先に密会を始めてしまいました。

やがて約束の時間、7時になり首謀者の
Hosokawa氏ともう一人の同志、Huziwara氏
と合流しました。

密会の結果、今年の脱藩者は4人、
脱藩は明日早朝5時半に坂本龍馬生誕地
を出発することが言い渡されました。

いよいよ脱藩です。

ところが今回、密偵が紛れ込んでいる
そうです。

参加するメンバーは例年と変わって
いないというのに果たして誰か
密偵なのか?

それは明後日、判明しそうです…。
[PR]
by szsato | 2013-03-15 21:43 | 旅日記 | Comments(0)

密会・・・

土佐から密会の連絡がありました・・・


密会の場所と日時は極秘です・・・


明日、誰にも悟られず、密かに
土佐に入ります・・・


そして脱藩します・・・


ただし花粉症に苦しみ
膝痛に不安があるので
無事に脱藩できるかどうか・・・・


また報告します・・・
[PR]
by szsato | 2013-03-14 15:51 | 旅日記 | Comments(4)

忙しかった3連休

1月12日、13日と家族で東京に行ってきました。
実は息子が東京で就職したい(単なる憧れからですが)
と言って独りで仕事もアパートも決めてきたので
未成年の親として保証人として出向いたのでした。

それだけならば私一人で行けばいいのですが
家内が息子がどんな所に住むのか見てみたい
と言ったら娘は東京に行ってみたい!
と言い出しました。

そうなると年寄り一人留守番をさせるわけには
いかないので母親も誘って全員で車で行くことに
なりました。

朝7時に家を出て東京を目指しました。
仕事では車で何度も走って行くことはあるのですが
旅行としては初めてです。
仕事の時は豊中ICから東京ICまで2、3回しか休憩
しないで6、7時間位で走破するのですが、さすがに
何度もパーキングサービスに止まりながらになった
ので東京ICまで8時間位かかってしまいました。

新宿のホテルの駐車場に車を留めてから私と家内は
前日に先行していた息子と代々木駅で待ち合わせて
不動産屋に行って契約する予定の物件を見るために
連れて行っもらいました。

その間に母親と娘は埼玉県から出てきた従姉妹と
一緒に渋谷の109に買い物に行きました。
(後で聞いたのですがその時一悶着あったので
それはまた後日に書きたいですね。)

その後で息子を連れて渋谷に行き全員合流して
鯨専門店ではりはり鍋を食べました。
(流石に高くつきました。涙)

13日、朝6時にホテルを出てジョグに出ました。
まずは昨日行った不動産屋のある代々木駅に向かい
そこから明治神宮に入って行きました。
流石に公に参道を走る訳にはいかないので小走り
(早歩きかな?)で本宮に向かいました。
参拝をしようと思ったのですが一銭も持って
いなかったのでニッコリと微笑んで手を合わせる
という顔施(がんせ)をしました。
その割には色々とお願い事をしましたね。(笑)
d0075225_23532975.jpg


それから参道を代々木公園方向に向かっていると
途中で氷の彫刻展をしていました。
d0075225_23542965.jpg







d0075225_23545217.jpg
























それらをゆっくりと見学していると益々ランから
離れてしまいますね。
それから代々木公園の中を色々と走りました。
流石にここは多くのランナーが走っていました。
d0075225_23553592.jpg


本当はもっと走っていたかったのですが、そろそろ
朝食の時間になるのでホテルに帰らないといけないので
結局7キロで終わってしました。

その日は結局ひたすら帰宅するだけでどこにも観光することなく
帰宅しました。
お天気は快晴で富士山がとても綺麗でした。
d0075225_2356860.jpg



14日、朝5時半から成人式の着付けをするために娘を8キロ程離れた着物を
買った店のあるイオンモールまで連れて行きました。
昨日と打って変わってしっかりと雨が降っていました。

6時前だというのに駐車場はいっぱいでした。
取りあえず受付をして娘と荷物を残して朝食の準備をする家内をつれていったん
帰宅しました。

家に帰ってTVを視てビックリしました。
東京が豪雪に襲われていました。
昨日滞在していた新宿や渋谷はすっかり雪景色になっていて高速道路は通行止めに
なり交通状態は酷い事になっていました。
本当に一日違いで助かりましたね。

8時半、そろそろ朝食を食べようとしたら娘から電話がかかって来て迎えに来てほしい
という事でした。お餅を急いで口に押し込んで家を出ました。

それから迎えに行った娘を乗せていったん家に帰って玄関先で写真を撮りました。

その後すぐに成人式会場まで車で送って行ったのですが、雨なのでどこも一緒なのか
会場付近で渋滞に巻きこまれてしまいました。

何とか会場近くで娘を降ろしてから家内と近くのスーパーに買い物に行きました。
家に帰ったらもうヘトヘトです。

昼食が済むと今度はメールでそろそろ帰るのでまたまた迎えに来てほしいとの事でした。
娘を連れて帰ってホットしているといつの間にか雨が上がっていました。
これは走るチャンスだと思っていたら、今度は友達と2次会に行く前に美容院に行って
髪を戻したいから連れて行ってほしいと頼まれてしまいました。

何やかんやと車で走りまわっているうちにまたまた雨が降ってきました。
結局疲れ果ててしまって今日のジョグは中止としました。
本当にバタバタと忙しい3日間でした。

d0075225_0211355.jpg

[PR]
by szsato | 2013-01-15 23:39 | 旅日記 | Comments(10)

丹後ウルトラマラソン応援旅行

結局、丹後100キロマラソンはDNSでした。

しかし、ホテルも予約していたし何と言っても一緒に行く連れ(お袋さんと従妹)は
毎年マラソンに関係なく温泉とグルメ旅行を楽しみにしているので私の都合で
旅行自身がなくなってしまうという事はありませんでした。

大会当日(16日)の朝5時からホテルの前に出て通過するランナーを応援しました。
4時半にスタートなのに5時20分くらいにはスタートラインから11キロあるここに
先頭ランナーが走ってきました。
あの七竜峠を越えてこのタイムとは凄い!

5時30分頃からボチボチと知り合いに出会いました。
「こんな所で何してんの?」
と質問される事もありましたね。
d0075225_23513050.jpg


ryujiさんには立ち寄って頂いて写真まで撮って頂きました。
途中で足を止めさせて済みませんでした。
d0075225_2351152.jpg



皆さんに声をかけていながら心の中では
「走れていいなあ」
と沸々と悔しさが湧きあがってきました。

最後のランナーを見送ってからホテルに戻って朝食と温泉です。
すると先ほどの思いとは違い
「たまにはこんなにノンビリするのもいいなあ」
なんて思ってしまいました。
本当に勝手ですね。(笑)

それから連れのお二人さんをつれて丹後半島を1周するドライブに
出かけました。
途中で船宿で有名な稲の港も通ってきました。
d0075225_2352032.jpg


この日は天気予報では曇りのち雨だったのに朝から良い天気で
カンカン照りになってきました。

100キロを走るランナーと遭遇するととても暑そうです。
「やっぱり走らなくて良かった~」
なんて思ってしまいましたね。

最後に味わいの里を見学しました。
ここはコースの一つでまだ60キロのランナーが走っていました。
「暑いのに御苦労さまです、頑張って下さい」
と応援しました。

ここ味わいの里は初めて参加した時(第2回大会)に前夜祭があった所なので
とても懐かしかったです。
(前夜祭はいつの間にかなくなってしまいましたが・・・)

ホテルに帰ってからリハビリのつもりで温泉町の周りを5キロほど1時間かけて
ウォーキングしました。

平坦な道や登り坂は何ともないのですが、下り道はまだ歩いても膝に
負担がかかるのかゆっくり歩いているのに疲れてしまいます。

走れるようになるにはまだまだかかりそうですね。
[PR]
by szsato | 2012-09-19 23:55 | 旅日記 | Comments(10)

八幡流れ橋

接骨医院に日曜日以外は毎日かよったおかげでやっと
右膝の腫れは引いてきました。

でもまだ歩くのはぎこちないです。
通っている接骨医院はご近所なのですが、最初の日は足を引きずりながら
3分もかかっていました。
最近は1分ほどで行きます。
たぶん何ともなかったら30秒もかからないだろうなあ、なんて思いながら
通っています。(走ったら10秒?)

ところで富士山から帰宅した日は御殿場からどこにもよらずに高速を走って
きただけでした。

八幡市にお住まいのSさんを送りに寄ったのですが、ふと「八幡流れ橋」を
思いだし、Sさんに無理を言って案内をして頂きました。

「八幡流れ橋」正式には「上津屋橋」と言って木津川に架けられた木橋です。
橋桁が橋脚に載せてあるだけで固定されていなくて川が増水すると橋桁だけが
流されるの構造を持つれので「流れ橋(ながればし)」と呼ばれています。

最近では平成21年10月の台風で被害を受けて橋桁が流されてしまいました。
平成22年6月に復旧した物の平成23年9月に台風でも橋桁が流されてしまい
今年の4月に復旧したばかりです。

車を橋の近くにある「やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館」の駐車場に止めて
歩いて3分ほどで行けます。
d0075225_1495499.jpg


木津川の堤防に上がってみると流れ橋の全ぼうを見ることができました。
この橋は歩行者と自転車の専用道路となっています。
d0075225_13515589.jpg


橋は八幡市から久御山町にかかっているのですが、八幡市側の橋元には
藤田まことさんの石碑が建てられていました。

この橋は時代劇の撮影によく使われているらしく、「必殺シリーズ」でもよく映って
いるそうです。

早速、橋を渡ってみました。橋幅は3.3m、橋長は356.5mでゆっくり歩いても
数分で対岸に着いてしまいました。
お天気はかんかん照りで少し歩いただけでも汗が噴き出してきました。
d0075225_1410664.jpg


何人かのカメラを持った観光客にすれ違ったのですが、橋を往復して八幡側に
戻ろうとした時に対岸から歩いて来る人に違和感を覚えました。

段々と近づいて来る人は何と「旅の武士」でした。

すれ違う時に
「写真を撮ってもいいですか?」と尋ねると
「いいですよ。」と気安く応じてくれました。
d0075225_135237100.jpg


どういう素性の方かは存じませんが粋な感じがしましたね。
それにしてもこの衣装は暑くないのでしょうか?
それとも本物の武士???

写真はRAWファイルで撮っていたのでこのように加工してみました。
d0075225_1352505.jpg


何だか江戸時代にタイムスリップしたみたいで面白いと思います。
(でもこの流れ橋は昭和に架けられた物ですけれどね)

かなり汗をかいたので「やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館」によって少し涼ませて
いただきました。
お土産屋さんもあるし食堂や宿泊施設、お風呂まであります。

もう少し涼しくなったらこの流れ橋を渡って時代劇を満喫できるマラニックをしたいものです。
[PR]
by szsato | 2012-08-09 13:57 | 旅日記 | Comments(4)