<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

淡路島の玉葱

今日も徳島に出張です。
明石大橋を車で通りながら、もう何度この大橋を越えて淡路島を通り過ぎたものかと
思いふけました。徳島に行くために単に通り過ぎるだけでまったく滞在する事のない淡路島。
でも、小学校の頃、今は亡き親父さんに釣りに連れて行ってもらった事があります。
当時は明石大橋なんて存在していなくてフェリーで行きましたね。
後は10数年前に、淡路島に得意先が出来たので数回訪ねて行った事があるくらいですね。

 でも、淡路島の玉葱は大好きです。生スライスすると独特の甘みがあってとても美味しい
ですよ。それだけに普通の玉葱よりも少し値段が高いのですが。
ところが高速道路の登り線側の「緑パーキングエリヤ」の淡路島の玉葱を安く買える店が
あったのです。実はパーキングエリヤの公認のお店ではなくて、そのパーキングエリヤを
1歩出た所にその店はあります。
淡路島の玉葱3.5キロがネットにはいって500円って安くないですか?
それに鳴門金時がやはりネットにはいって500円です。あとは明石の蛸とか海苔とか
ビワの実とか色々ありました。
これで今晩も血液さらさらになるぞ~。

 今日は直帰したので割合と早く帰宅できたのですが、現場仕事のうえ、
往復400キロを車で走ったので帰宅した時にはクタクタでした。
でも、疲れ切った時に走ればより鍛えられると思い直して10キロ走りました。
本当に疲れました。
これで今月の走行距離は360キロに達しました。
(あくまでも萩往還の140キロ込みですが)

d0075225_239793.jpg

[PR]
by szsato | 2008-05-29 22:47 | 旅日記

自己暗示

 最近、ジョギングする時に自己暗示するようにしています。
自己暗示というか、自問自答ですかね。
どういう物かというと、

「長い坂道は好きですか?」
「いいえ、嫌いです。」
「それならば、好きになって下さい。そうすればやがて楽しい下り道が待っていますよ。」

「いつまでも続く厳しい山道は好きですか?」
「いいえ、大嫌いです。」
「ぜひ好きになって下さい。そうすればやがて峠から素晴らしい景色が望めますよ。」

「一人っきりで走る夜道は好きですか?」
「どちらかと言えば苦手です。」
「勇気を持って走って下さい。そこには壮大な満天の星が包んでくれますよ。」

「そして、それらはやがて来年の”萩往還の道”へと繋がっているのですよ!」


不思議とそれらを繰り返し、繰り返し唱えながら走っていて登り道になりと
「待ってました!」
って思ってしまうのって変ですかね。
[PR]
by szsato | 2008-05-27 22:38 | ジョギング

棒テンプ式 機械時計

 阿蘇スーパーカルデラマラソンの2週間前となりました。
今月は今日まで、延べ320キロ走ってきたとはいえ、制限時間が厳しいので
まだまだ、不安が拭えません。

 今日は少し長い距離を走り込もうと考えていたのですが、今月はゴールデンウィークを
萩往還に行ってきたりして、家族サービスもまったくお留守になっていたのですね。
と言うことで家族の「買い物に連れて行って」という要望に屈してしまい、車で15分ほどの
ショッピング街に出かけました。
 色々と買い物もして昼食もそこで済ませる事になり長距離走は断念せざるえませんでした。

ところで、本屋さんを何気なくのぞいていると、ふっと目に付いたのは
「大人の科学」(学研)の”VOL.08 棒テンプ式 機械時計”でした。
このシリーズはふろくで組み立てキットが付いている」もので現在はVOL.19まで
出版されているのでこの”棒テンプ式 機械時計”だいぶん前のバックナンバーになります。 
”棒テンプ式 機械時計”は初期の機械時計の原理を再現たものです。

 子供の時からプラモデルを組み立てるのが好きだったのですが、大人になってからは
結構遠ざかっていました。思い出したように自動車(クラッシックカー等)を作ったことは
ありますが、なかなか継続してすることはありませんでした。
 それが今回は、なぜか心を動かれて買ってしまいました。買い物から帰宅してから
8キロだけジョギングに出て、さっそく組み立てようと思ったら九州に行っていたお袋さん
から新大阪まで迎えにきてほしいとのこと。
 結局、夕食後に缶酎ハイを飲みながら組み立てました。
30分ほどで組み上がりました。初心者でも簡単に組み立てられますね。
 ねじ巻き式でおもりの重力で棒テンプを降りながら、カチコチと音を響して
時針が動いていきます。時計の構造はこんなふうになっているんだあ、といつまで
見ていてもあきませんね。
d0075225_9393420.jpg

[PR]
by szsato | 2008-05-26 09:24 | ホビー

血液検査の結果が出ました

 30代の時に通風になって以来、年に数回、会社の健康診断以外に個人的に近所の
医院で血液検査を受けるようにしています。
 実は3月の会社の検診の時は2日前に東京お台場の24時間チャリティラン・ウォークに
参加して100キロを走ったり歩いたりしてきた後だったので肝臓関係の数値がメチャクチャ
高くでてしまい肝機能障害と判定されてしまいました。

 だから、今回は萩の後3週間は間を空けてから検査に行きました。
その結果が今日、出ました。
今回検査を受けたのが仕事を終えて帰宅してからだったのですが、
うっかり帰宅寸前に会社で頂いたシューアイスを食べてしまったのです。しかも、
小倉あん入りの物です。検査まで2時間しかなかったのですごく焦りましたが結果は、
血糖値 83mg/dl(70~109mg/dl)
でまったく問題なしです。(しっかりインスリンが出ているのですね)
心配していた肝臓関係も
γ-GT 30 IU/L(80IU/L以下)、
GOT 15 IU/L(10~40IU/L)、
GPT 21 IU/L(5~45IU/L)、と完全に正常値に戻っていました。
あと、総コレステロール 193 mg/dl(130~219mg/dl)、
善玉コレステロールのHDL 87 mg/dl、 
(HDLは40mg/dl 以上が正常で高い方が良いそうです。これは継続的に運動を
していると高くなるそうです。)
中性脂肪 94mg/dl(35~149mg/dl)、 
と先生も感心するほど健康優良児だと言っていました。
ただ、薬嫌いなため痛風の薬を飲んでいないので、
尿酸値は 8.6 mg/dl(7.0mg/dl以下)
と高めにでてしまい、再び薬の服用を薦められてしまいました。
 
 でも、メタボリック検診での対象の腹回り85センチ以下はクリア出来そうにもありませんね。
(ビールの飲みすぎで~す。)
この血液検査の結果でもメタボって判断されてしまうのですかね?
[PR]
by szsato | 2008-05-24 21:51 | 健康

今月も月間300キロを達成

 今日10キロ走ったので、今月も月間300キロを達成しました。
2ヶ月連続の300キロ越えは久しぶりです。
と、言ってもこの間の萩往還でリタイヤした140キロを含んでいるので
たいした事はないのですけれど。

 しかし、来月は阿蘇100キロカルデラマラソンに参加予定ですので、
少しでも自信になればいいのですが・・・。
阿蘇はコースがハードな割には100キロとしての制限時間が13時間30分と
厳しくて去年はスローランナーの私は関門との戦いでした。
結局13時間20分と制限10分前のゴールでした。
 ヘトヘトのゴールでしたが素晴らしい風景に感動した大会なので今年も参加をきめました。
今年はもう少し余裕を持って走りたいです。
d0075225_21162559.jpg


 
[PR]
by szsato | 2008-05-23 21:16 | ジョギング

四万十川ウルトラマラソンの抽選申し込み用紙がきました

 四万十川ウルトラマラソンの抽選申し込み用紙がきました。
今年の開催日は10月19日(日)です。
そして、抽選の受付期間は5月22日から6月19日です。
私は去年も参加したので抽選申し込み用紙が送られてきたのですが、
RUNNETでも申し込み可能ですよ。

 初めて四万十川ウルトラマラソン100キロに参加してから去年まで
5年連続で当選しています。
その結果は?と聞かれると少々辛いのですが、3勝2敗でした。
初めての時から2年連続で完走していたので(しかも2回目は100キロ自己ベストで)
3回目の時は嘗めてかかっていたのでしょうね。
62キロのカヌー館レストステーションに着いたときには胃をやられて気分が悪くなり、
寝込んでしまいました。1時間くらいして何とか復活して走りだしたのですが
時すでに遅しで、70キロ付近でバスに拾われてしまいました。

 2回目のリタイヤは実は去年でした。
50キロをすぎて半家沈下橋の手前のエイドでトイレに行ったところ
血尿がでてしまいその後は戦意消失してしまいました。
結局62キロのカヌー館レストステーションでリタイヤでした。
(これも100キロ最短リタイヤ自己ベスト?です)

 四万十川ウルトラマラソン100キロのコースはスタートからしばらくは緩やかな
登り道です。15キロすぎてから勾配がきつくなってきて21キロの峠まではなかなか
楽しめる(大いに苦しめる)道です。
 峠から10キロくらいはずっと快適な下り道ですが、ここで故障をして後半
走れなくなってしまう人が結構多いそうです。
(去年の血尿もここのせいかなあ?なんて思っています)
33キロくらいの所で四万十川と初めて遭遇するのでここは感動ものです。

 後は比較的ゆるやかで走りやすいのですが、半家沈下橋をすぎて55キロ付近に
少しピリッと応える峠道があります。それさえすぎればゴール付近までは大丈夫です。
ただし、ゴール近くの残り3キロくらいにまたピリピリッと応える登り道がありゴール
寸前の中村高校の前にふうっと言うくらいの登り道が待っています。
(これが制限時間いっぱいだったらけっこうしんどいですよ)
 でも、ゴールの手前で紙吹雪で歓迎してもらえます。
これにはとっても嬉しいのですが、もうゴールかなと思って聞いてみたら、
「はい、あと1キロです。」だって。少し疲れがぶり返しました。
 
 この大会は町あげて歓迎してもらえるので、沿道の応援が非常に多いのです。
スタートしてしばらく行った山間地に、こんな早朝におばあさんやおじいさん、
それに小さな子供たちまでが大勢声援してくれます。
 エイドは約2.5キロ毎にあり、中学生が一生懸命にボランティアして水を
配ってくれるのでついつい飲み過ぎてしまいます。
(3年前に胃にきたのもこのせいかなあ?・・・言い訳ばっかり)
それと80キロすぎには私設エイドがあって地元特産の食べ物がずらり並んでいて、
オーダーしたらビールも出てきます。それこそ宴会できますね。

 それから、これは知らない人が多いと思いますが、限られた参加者だけに
限られた場所で特別に参加賞が貰えるのです。
 それは何処かと言いますとゴールの中村中学校でリタイヤバスを降りるときに
「四万十川ウルトラマラソン」と名前の入ったタオルが配られます。

 得したみたいでとっても嬉しい!・・な、わけないですよ。
これで心の傷を少しでも拭って下さい、ということなのですかね?
d0075225_1283078.jpg


 
[PR]
by szsato | 2008-05-22 11:37 | 大会

大人のブログ探訪

 日経BP社のサイトでセカンドステージの中ブログ紹介コーナー「大人のブログ探訪」
で「ゆっくり走ろう長い道」が紹介されていました。
ビックリ仰天、てん、テン、テン、点、転、・・・・・・・・・・・・・・・です。
http://secondstage.weblogs.jp/blog/2008/04/post-98fe.html

ところで、なぜ紹介されていました、と過去形なのかというと掲載日は4月10日で
現在はバックナンバー入りだからです。
今日まで全然知らなかったのですが、偶然他のサイトを閲覧していたら
この「大人のブログ探訪」を見つけて、バックナンバーの中に「ゆっくり走ろう長い」を
見つけました。あ~、驚いた。

 ところで日経BP社サイト「セカンドステージ」は、45歳以上を対象としたこれからの
「セカンドステージ(後半戦)」をいかに充実し、有意義に過ごすかという視点で情報の
提供や各種イベントの開催、コミュニティの構築を目指すという生活設計サイトです。
その中のコーナーで色々なブログを紹介しているのが「大人のブログ探訪」です。
紹介された内容は去年アップした「西国三十三カ所第6段」でした。
内容は自分が恥ずかしくなるようなくらいに書いて頂いて恐悦至極です。
本当に有り難うございました。
d0075225_13371199.jpg

[PR]
by szsato | 2008-05-19 13:37 | ブログ

武庫川月例練習会まで・・・。

 武庫川月例練習会があったので、今日はそこまで走って行きました。
だいたい20キロくらいと思って出発したのですが、実際は22キロありました。
計算が狂ってしまったので現地に着いた時はスタート5分前でした。
別にスタートは自由にできるので少し休憩してからボチボチと走り出しました。
今日はここで20キロは走ろうと意気込んで来たのですが、暑かったのかどうか
急に疲れが出てしまって10キロでやめてしまいました。
結局、今日の走行距離は32キロです。
阿蘇が思いやられますね。
[PR]
by szsato | 2008-05-18 20:22 | ジョギング

虫怖い

 新緑が綺麗なこの季節、雄一嫌な事は虫が大量に発生する事です。
特に草むらの近くを走るときは小虫がいっぱい飛び回っていて、
口呼吸をしようものなら口の中にどんどん吸い込まれてきます。
良質のタンパク質?って言う人もいますが、私には耐えられません。
口に飛び込んできたら慌てて吐き出していますが、なかにはゴックンもあります。
そんな時は気分が悪くなりますね。
 それが嫌で鼻呼吸だけで走るとその苦しいこと苦しくないこと・・・。

 また、汗をかいた顔や首筋に小虫が張り付いてしまい、
後でみたらホクロみたいになっていました。
鏡に映った自分の姿をみて卒倒しそうになりました。

本当に何とかして~です。
[PR]
by szsato | 2008-05-17 21:59 | ジョギング

キゥイフルーツ

 家の中学1年生の息子はフルーツが大好きです。
キゥイフルーツは普通、皮をむいて輪切りにするのですが、
彼だけは丸ごと1つを欲しがります。
そして、そのキゥイの頭の部分を少し切り落として
まるでカップのアイスクリームを食べるように
スプーンで器用にすくいながら食べていきます。
最後にはペラペラの皮だけになったカップが残ります。
いつも感心してみています。

 私はというと輪切りにしたキゥイをレモンチュウーハイに
入れて楽しんでいます。だからついつい飲み過ぎてしまいますね。
[PR]
by szsato | 2008-05-16 13:14 | 家族