<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

萩への最終調整

いよいよ明々後日は萩往還で250キロ先のゴールを目指してスタートしているのですね。
泣いても笑ってもしかたないです。不安なのか楽しみなのかわからない状態です。

今日も走り込んでいいのか休息した方が良いのか迷うかなあと思っていると、
家族が近くの道の駅に野菜を買いに行きたいというので連れて行きました。
その後は色々と買い物です。
まあ、5月1日~5日まで家に居ないのですからゴールデンウィークの初日の今日くらいは
家族サービスも仕方ないですね。
やっと夕方になってやっと走りに出て11キロ程走りました。
これで今月は月間走行距離250キロを越えました。しかし、目標の300キロはほど遠いです。

 さて、去年250キロを走った時の精神状態ですが、その時その時でめまぐるしく変化しています。
スタートして15キロの上郷駅までは流れのペースが1キロ6分と今後の距離を考えるとかなり速く
(みんな何考えてるねん、この距離で・・・)と思いましたね。

それから95キロ地点の俵島を走ったり歩いたりしているときには
(何でわざわざこんなに厳しい道がコースなのだろう・・・)とため息ばかりでした。

130キロを過ぎて黄波戸漁港付近では2キロ程ショートカット出来る道があるのですが
一緒に走ってくれた人が
「行きたい人は行けばいいですよ。でも、これは自分の心の問題ですね。たとえゴール出来ても
2キロ誤魔化せが250キロではなく248キロになってしまうのだからね。」
と言われた時にはかなり疲れていたのですが
(ごもっとも)と思いました。

萩市内を通過して200キロを超えてヘロヘロになりながら虎ヶ崎を目指しているときには
ただひたすら
(ビール、ビール・・・虎ヶ崎にたどり着けがビールが飲めるぞ!)それだけでした。

再び萩市内に戻って東光寺から往還道に向っている時には、
(本当に完踏できるのだろうか?)という不安が襲ってきて焦っていました。
そこでタクシーの運転手から
「そんなに苦しいことしないで乗って行けばいいのに」と声をかけられた時には
萎えかけている気持が蘇って
(なに言うてるねん!!)という怒りが起こりました。

230キロを過ぎて石畳にメチャクチャに痛い肉刺を堪えて走っていると
ベテランのKさんが追いついて来て声援をしてくれたのですが、
「肉刺が痛くて辛いです」と言うとKさんは
「そんな肉刺は佐々並豆腐に入れて食べちゃいなさい。」
と言われた時にはすぐには(???)でした。
しばらくして豆と肉刺の駄洒落とわかったときには
(済みませんが今は笑える状態じゃあ無いですよ~)と思ってしまいました。

そして、いよいよ246キロの天花畑を越えた時には完踏するには時間との
戦いになっていました。確かに道はずっと下るのですが体も足もボロボロ状態です。
その時には自分自身で
(痛いのも苦しいのも良くわかる。でもあと4キロや。あと4キロだけすべてを忘れてくれ。
痛いのも苦しいのもゴールしたら聞いたるから、それまではお願いやから我慢してや)
と祈るような気持でした。するとその思いが通じたのか奇跡的に快調に1キロ6分を越える
ペースで走る事が出来て無事に47時間45分というぎりぎりでゴールすることが出来ました。

今、こうしてかきつづっていると1年前の事が懐かしく蘇ってきます。
さて、今年はどんな思い出が出来るのか楽しみです。
[PR]
by szsato | 2010-04-29 23:21 | 大会

萩まで1週間

 いよいよ萩まで1週間となりました。
1週間後の今頃は夜中に250キロ先のゴールを目指して走っているのでしょうね。

今年は去年の違ってもう一つモチベーションがあがらず、週末までに月間176キロしか
走っていませんでした。
ところが金曜日に息子を塾を送って行って終るまで待っていて10キロ走り、昨日は休日
出勤で往復通勤ランで44キロ走り、今日はあまりにも天気が良いので10キロ走って
何とか240キロに達しました。まだ300キロにはほど遠いのですが、ほとんど平日が走れ
ない状態を思ったら我ながら良くやっていると思います。

第二弾 預ける物
萩250キロがは2ヶ所荷物を預ける事ができます。
1ヶ所目は85キロ地点の油谷中学校と2ヶ所目は175キロ地点の宗頭文化センターです。

私のペースで行くと油谷中学校は2日目の朝方になるので特に必要な物はありませんが
一応なにがあるかわからないので雨具だけは預けて置きます。
そして、宗頭文化センターの方には色々とケアする物や補給食(宗頭ではおにぎりと味噌汁は
ありますが)を入れておきます。それと防寒具と雨具も忘れずに。
それから大切なことはこんな事は考えたくないのですがもしリタイヤしたための着替えは
必要です。これは絶対と言って良いほど大切なことです。というのもここでは2日目までに
リタイヤした場合すべて宗頭に送られて一夜を明かすからです。その時にもし着替えが
なかったらとても耐えられないと思います。宗頭にはお風呂もあるし暖かい毛布もあります。
それなのに着替える物がなかったら最悪ですね。
それと着替えの中にある程度の防寒着も必要です。5月といえどもそしてストーブを炊いてくれて
いても宗頭の夜は冷えますよ。
過去3回も「宗頭おはようございます隊」に参加したことのある私からのアドバイスです。

次回は完踏した時の精神状態(あくまでも去年1回だけの事ですが)を書いてみます。
[PR]
by szsato | 2010-04-26 00:06 | 大会

もうすぐ萩ですね~

もうすぐ萩ですね~、恋をしてみませんか~(キャンディズのフレイズで)

あの素晴しい風景、そして再会する人々・・・。

でも今月の走行距離は現在170キロ・・・。
とても無理ですね。

期待と不安の繰り返しの毎日です。
でもそろそろ準備をしなければ、と言うわけで
去年5回目の挑戦でやっと完踏できた私としての準備を公開します。

第一弾 持ち物
懐中電灯(もしくはヘッドライト)
これは絶対の必需品です。しかも電池の持ちを考えてLEDが良いと思います。
ヘッドライトと手持ちの懐中電灯のどちらがいいかと言うとそれは難しいですが、
どちらにしても予備の小さなライトは持っていた方がいいと思います。
それに絶対必要なものは予備電池ですよ。

飲み薬
それぞれ個人によって違いますが、私はいつもお腹の調子が悪くなってしまいます。
たぶん水の飲み過ぎによってお腹の調子を壊してしまうものだと思われます。
そこで今回は整腸剤と下痢止めは持って行こうと思っています。
それから何が何でも完踏したいというならば鎮痛剤は必需品です。
ただしこれを飲んで無理をすれば体がボロボロになる可能性があるのでそこは考えところです。

塗り薬  
これも個人差はあるのですが擦り傷には良いと思います。
擦り傷と言っても転けて怪我をした場合だけではなく250キロも走ればシャツや下着
などでも擦れていたい思いをします。最初からその場所がわかっているならばバンドエイド
などを貼っておけばいいのですが、どこにでるかわからないものです。
そかもその擦れ傷は馬鹿に出来ないほど痛いですよ。
キシリA軟こうは傷め止めも入っているので有効だと思います。

補助食
これは自分にあったも物が一番です。ソイジョイやカロリーメイトなど色々ありますが
一度試してみるのが必要ですね。
私の場合は練り梅は持って行こうと思っています。これはエイドのあるおにぎりにに塗って
食べると食欲増進と塩分補給になると思います。
それから今回は乾燥物のメザシもいいかなあと思っています。
塩分補給と途中でのビールのつまみにもなるし・・・・。

携帯電話
これはリタイヤする時には絶対に必需品です。ただ気を付けないといけないのは大会は
48時間にも及ぶので電池の残量には要注意です。特に山間部に入ると携帯電話の特徴
で普段よりも電池容量が短くなってしまいます。だから必要以外は電源を切っておくか予備の
電池が必要だと思います。

雨具、防寒着
天候によって必要性は変ってきますが、250キロ、48時間にもなると途中で雨に降られたり
寒くなってしまう可能性は大いにあります。と、いっても一番荷物になってしまうのもこれです。
防寒着は途中の2ヶ所のエイドを利用する方法もあるのですが、私のばあいは最低限として
モンベルのウィンドウブレーカーを持って走ります。大きさはたためば缶コーヒーくらいの大きさで
嵩張らず最低限の防水もあります。
それから手袋は必需品ですよ。

お金
これは大会のパンフレットにも書いているのですが、この大会はどこでもリタイヤできるという
ものではないので決められたところまで自己責任でたどりつかなければいけません。
そのためには最低1万円は持って走れなければいけません。


次回はエイドに送る荷物について経験談を書く予定です。
[PR]
by szsato | 2010-04-21 22:45 | 大会

奈良マラソンの試走

 わか練のわかちゃんが「ランナーズ」の取材をするために今年12月に開催される
奈良マラソンの試走をするのでお誘いを受けたので参加してきました。
メンバーはわかちゃん、わかだんな、カワニャンさん、おおばさん、MMさんと私の6人です。

 午前8時半に近鉄奈良駅に集合してから3キロ歩いてスタート地点の奈良鴻池陸上競技場に
向いました。競技場では高校生やランニングクラブと思われる人達が多く練習をしていました。

9時過ぎにスタートをして高天の交差点を西に走り、途中で右手に朱雀門を見て二条大路
五丁目で折り返しです。ここで約5キロです。ここから戻って高天を通り過ぎて近鉄奈良駅前
を通って大仏前を南下して奈良教育大学前を通って天理に向いました。
15キロまでの道は国道で平坦で景色にも変化がなく凄く退屈でした。
ところが15キロくらいから東に折れて国道を離れると俄然面白くなってきました。
道はウルトラマラソンを思わせるような登りになり、竹林もあって浮き浮きとしてきたのですが、
登りはエッと思うくらい短く終ってしまいました。
しばらく下ってまた登っていきました。その登りも大した事は無かったですが。
まあ、フルマラソンのコースならしかたないですか。でも、フルの記録狙いのランナーからは
不満が出るでしょうね。
ところが下りきったところで道がわからなくなりみんなで協議したのです結論は出ず、地元の人に
聞いて走っていたところにパトカーが止まっていて、おまわりさんに親切に教えて頂きました。
本当に良いところにパトカーがいたものです。この遭遇が無ければ我々はもっと迷っていたはず
でした。

 名阪国道の天理インター付近の上にある白川大橋を渡って行くと気持の良い風景が
広がっていました。ここから峠を下っていくと天理市内に入って行きました。
ところが今日は某宗教団体の春の大祭の日に当たっていて街中黒い法被を着た信者の
人で溢れかえっていました。聞くところに夜とその数は3万人にもなるそうでその数に
圧倒されました。その中を走る訳にもいかず黒い服の集団の中、完全に浮くしずしずと歩く6人。
某宗教団体の高校前が折り返し地点だったのでそこで記念撮影をして復路に着きました。
あたりは信者さんだらけです。

早く抜け出したかったのですがお腹も空いていたのでコンビニを探したのですが
全然見つけきれずにやっと見つけた定食屋でお昼にしました。

ここでカツ丼とビール中瓶を飲んだのですがこれが良いガソリンになって復路は快調に
走ることが出来ました。
さすがに同じ道を帰るのは飽きました。
写真を撮ったり迷ったり、某宗教団体さんの中をずっと歩いたりで結局8時間近くかかって
ゴールの競技場に戻ってきました。

近鉄奈良駅前の立ち飲み屋さんで乾杯をしたあとでわかちゃんにインタビューを受けました。
もし採用されたら数ヶ月後のランナーズに掲載されると思いますが、たぶんボツでしょう。(笑)

 ところで奈良マラソンは12月5日に開催されます。その受付は5月10日から10.000人の
先着順だそうです。その参加料は8.000円です。
参加予定の人は要ランネット注意ですよ。

私?
私は試走で充分に堪能しました。(笑)
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2010-04-19 22:53 | ジョギング

造幣局の通り抜け

 昨日は土曜日出勤の日でした。
早めに帰宅して走ろうと思っていたのですが、家から電話があって自称反抗期の
息子が大阪造幣局の通り抜けの花見に行きたいと言ってきたので、3時頃に仕事場に
来るように言いました。

 ところが息子が来た時に丁度得意先からの依頼で門真で機械の調子が悪いから
調査してほしいとの依頼がありました。
しかたがないのでノコノコとやってきた息子に作業服を着せて即興の助手に仕立て上げ
現場に連れて行きました。
最初は「作業服なんてダッセ~」と文句を言っていたのですが、いざ現場に来ると
工具を運んだり私のアシスタントをしたり、現場の人に「チワ~」と挨拶をしたり満更では
なかったみたいです。

現場の調査はすぐに終ったので壊れた部品の手配を済ませて仕事場に帰ってくると
丁度定時になっていました。
そこでJR大阪城東詰駅からぶらぶらと歩いて造幣局の入り口にやってきました。
今年も凄い人混みでした。

黄昏時にライトアップされた造幣局の八重桜はソメイヨシノと違って濃厚な趣があって
なかなか美しかったです。
d0075225_12491636.jpg


ところが連れて行けと言っていた息子は全然桜を観賞する気配もなく
「人が多い」とぼやきながら先へ先へと進んで行きました。
「桜を見に来たのと違うのか?」と聞くと
「そんなん全然興味あらへん。それよりも早く抜けて夜店にいきたいわ。」
奴の目的はそれだったのですね。

そこでアルバイト代かわりに腹一杯食べさせてやりました。
d0075225_1249335.jpg

[PR]
by szsato | 2010-04-18 23:54 | 家族

五月病です

 現在、五月病です。
今頃なぜかって?
私の五月病は五月がやって来ると思うと、ドン~と気が重くなってしまうのです。

と言うのもついに来ました。
萩往還の参加案内書です。
ゼッケンナンバーA101です。
皆様宜しくお願い致します。

は~、全然練習をしていないのでものすごく不安です。
去年の完踏したので大きなプレッシャーです。
そして、わかちゃんを巻き込んだ罪悪感・・・。

あと2週間、五月病に悩まされます。
[PR]
by szsato | 2010-04-15 22:33 | ブログ

息子の塾

 自称反抗期の中学3年生の息子の事です。
今まで勉強が大嫌いで試験の前日でも「暇や~」
と言っていたのが、周りの環境のせいかさすがに焦りだしたみたいで
「塾に行きたい。」と言いだしました。
私としては「何を今さら」とは思ったのですが
家内は藁にもすがる思いで「行かせたい」と言いました。

先日は得意先に廻って直帰だったので走れる時間が取れると思っていたのですが
嫁さんから息子と一緒に塾に行ってきてほしいと言われてしまいました。
日頃、週末は自由にしている弱みでしぶしぶ息子を連れて塾の下見に行ってきました。

塾の担当者に恥ずかしながら息子の中2の時の成績表を手渡して
話を聞いてみると今からすぐに手を打つとまだ間に合うと言う事でした。
私はさすがに営業トークでその気にさせるものだなあ、と感心していると
息子の方は結構その気になっていました。

やがて契約書を出されたので、費用の方の確認をすると
2教科で1ヶ月、30,000円との事・・・。
「これって毎月萩往還の参加費を出しているのと同じやんか~」
と叫びそうになったのですが、そこは親バカですね。
息子が高校に入れるならば、と契約をしてしまいました。

ところが、後で話を聞いていると夏期講習は別料金で
100,000円程かかるとの事でした。

息子よ、あきらめるなら早く言ってくれ~。
[PR]
by szsato | 2010-04-14 12:47 | 家族

わか練24時間練習会

満開の桜の下、わか練24時間練習会に参加しました。
と、言っても私は午後1時から9時までの間の参加でした。

モノレールの山田駅から南にしばらく歩いて千里南公園に到着すると
すでにカワニャンさんはけっこう走っていました。
私はしばらくみんなとお話をしながらグズグズしていました。
30分程してようやくフクさんと一緒に1周916メートルのコースを走り初めました。

11周、約10キロ走ってフクさんと一緒に近くのスーパーにビールとつまみを買い出しに
行き缶ビール1本飲んでお花見モードになりましたね。
公園ではお花見の真っ盛りでした。

エネルギーを補充してからさらに10キロくらい走っていたらわか旦那が到着したので
わか旦那とカンワニャンさんと私の3人で夕食に行くことにしました。
駅前の居酒屋が午後7時まで生ビールが250円という格安なので早く行こうということなので
少し早いのですが5時に行きました。
この時間でも結構混んでいたのですが、そのうちに満杯になってきました。
結局2時間ほど過ごして生中4杯飲んで満腹で良い心地になりました。
それでも一人2200円、安~。

公園に戻ったら20キロ走ったのでこれで終わりかと思っていたらカワニャンさんが
再び走り出したのでお付き合いして私も一緒に夜桜ランをしました。
さすがに満腹でそこそこアルコールが入っていたので走り辛かったのですが
結局、33周30キロをゆっくりと走った事になりました。
桜吹雪の中を走るのは最高ですね

ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2010-04-11 10:32 | ジョギング

萩への道練習会その2・リタイヤ

昨日、ささきさんが主催する萩への道練習会第2歩に参加してきました。
コースは先週と同じ60キロを逆周りするという物でした。
私はその時には家庭の用事があったので10キロだけお付き合いさせて頂きました。

 午前8時に阪急川西能勢口駅にささきさん、カワニャンさん、ただ一人の女性で
かねさんと私の4人が集合しました。荷物をコインロッカーに預けて写真を撮って
出発です。

 まずは五月山を登るのですが有料自動車道を登る方法もあったのですが、
お花見ということもあって車が多いかも知れないというので(本当はなかなかなの急坂
ということもありましたが)階段のハイキング道を登って行きました。
しかし階段だからといって決して楽ではなかったです。
展望台から大阪を見渡す景色はなかなかの絶景でした。
d0075225_14241330.jpg

 

息が切れてまだぜいぜいと言っているのにそこからは走り出しました。
ひとり遅れてマイペースで登っていきました。

 明治の森箕面国定公園でトイレ休憩をして今度は箕面ダムに向かって豪快に下って
行きます。ところが右膝が悲鳴を上げて痛くてまともに走れませんでした。
箕面ダムからは少しトレイルコースを走って車道に出ました。
ここからはいつもM練(箕面~妙見山)で走っているコースです。
高山に向かってゆるやかな登り道が続きます。

 膝の痛みを堪えながらそうこうして走っているうちに今度は左足首が痛み出して
きました。
この症状は坂本龍馬脱藩道マラニックの2日目と全く同じでした。
脱藩道でも初日の85キロで右膝を痛め2日目の途中から左足首が痛み出していました。

 高山から下って行く途中で見事な桜の風景がありました。
しかし痛みの方はひどくなるばかりです。
メンバーからここで無理する必要はないよ、と言って頂いたのでここで別れて
リタイヤする事にしました。
d0075225_14244689.jpg
 


 みんなと別れて後は毎ペースで走ったり歩いたりで交通機関のあるところに行けば
いいのですが、よく考えてみたらこのまま下った府道にバスは走っていたかどうか
思い当たりません。そてにバス停も知らないし当然時間も知りません。
方法は引き返して箕面に下るか、このまま下って再び標高550メートルの妙見山を
登ってトレイルなハイキング道を下って駅に出るかです。

 どうせゆっくりと花見をしながら行けばいいと割り切って先に進み妙見山を登る事にしました。
でも、さすがにいつもみたいにゆっくりでも走ろうという気持にはなれず、歩いたり走ったりで
厳しい登り道をいきました。

 すると後ろから女性2人を引き連れた男性1人が走って登ってきました。
よく見るとAKAさんでした。さすがに速いですね。

 やっとの思いで妙見山頂までの7キロの登りを終えて、さあここからはトレイルコースです。
膝と足首が悲鳴を上げているのを無視して下っていきました。
最初は長い下り階段です。それから滑りやすいぬかるみ道になりやがてごろごろの
石道のなってきました。この時ほどトレイルシューズを履いてきて良かったあ、
と思いましたね。

 ロープウェイ駅まで降りてきてここから能勢電妙見口駅まで2キロ走って
やっとリタイヤです。リタイヤを決心してここまで15キロ。
まるで萩往還でのリタイヤの練習をしたような物です。
萩往還ではどこでもリタイヤできるわけではなく本当に10キロや15キロは
行かなければいけない場合もあります。
でも、リタイヤの練習してどうすんねん、とひとりで苦笑いしました。
ここまでの走行距離35キロ。昨日とあわせてこの週末に77キロ。
まあ、良しとするか・・・。

 それから家に帰って一風呂浴びてTVで阪神-中日戦を視ていると3時半頃に
ささきさんからあと8キロ程だという電話を頂いたので川西能勢口まで出迎えに
行きました。
  
 4時20分頃に無事に60キロを走り終えてゴールしてきました。
みなさん、先週に引き続いてすごいですね。
そのあとかねさんは変えられたのでささきさんとカワニャンさんと
3人で反省会(反省は私だけですが)を駅前の白木屋で開きました。

 ささきさんとカワニャンさんと私は萩の練習と言うことですが、かねさんはやはり5月に
フランスで開催される24時間マラソンに日本代表として参加されるそうです。

 それからランナーズでも掲載されたアラ還の星、カワニャンさん、旬の男ささきさんを
初め国際マラソンに常連の女性ランナーや脱藩道のすずやんさん、お田鶴さんや
チームホラポスの面々、わか練の猛者やスパルタスロンを完走した萩の宿で知り合った人達・・・。
どうして自分の知り合いには凄い人達が沢山いらっしゃるのでしょうね?
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2010-04-05 14:09 | ジョギング

篠山ひとりマラニック

いよいよ差し迫りました萩往還。
何かしなければと焦ってばかりいられないので
ふらっと篠山までひとりマラニックをしてきました。

道は何度も走っているので勝手が知れているので
気分的には楽ですが、距離は42キロあるのでやはりしんどい・・・。
d0075225_15542449.jpg



朝7時前に家を出て、途中の桜を愛でながらゆっくりと5時間45分かけて
走りました。
ビール?
残念ながら今日は飲んでいません。えへん
(嫁さんに返ったら買い物に連れていってと頼まれたからです。)

篠山城址の桜はまだ8分咲きといったところでした。
d0075225_155469.jpg

[PR]
by szsato | 2010-04-03 15:48 | ジョギング