<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

悪夢の丹後

丹後100キロマラソンが終って1週間が経ちました。
まったく練習していないので完走できない事は当たり前なので
それはそれでしかたがないのですが、その終り方があまりにも情けなかったです。

9月18日午前4時にスタート会場のアミティ京丹後に行きました。
そしてなるべく後ろの方に並ぼうとしていると東京からこられた走友の
Sさんと再会しました。
Sさんとは一昨年の四万十川のゴールで声を掛けていただいて、その後今年の
萩往還でも40キロ地点の西寺まで一緒に走って頂きました。
私と違ってここでの自己新を狙っているらしく月間400キロ以上走り込んで
おられて気合いが入っていました。
(実際に自己新を達成されました)
d0075225_1452770.jpg

                               Sさん

4時30分にスタートして七竜峠に向かって登って行きます。
例年ならばここは頑張って流れの早いペースに何とかついて行くのですが
今回はマイペースで登って行きました。
当然、どんどんと抜かれていきました。

七竜峠からの下りも飛ばさずにマラニックペースで下って行きました。
それでも10キロ過ぎの夕日ヶ浦温泉を通過した時には結構バテ気味でした。
ここまで70分、それでもそんなに悪いペースじゃあないと思っていました。

ところが20キロを過ぎて久美浜に着いた時には走り続けているのが辛くなって
きました。すると少しの登り道でも歩くようになってしまいました。
今までにはなかった事です。
割り切って走ったり歩いたりして残された力を継続することにしました。
その代わりエイドではほとんど立ち止まらないようにしました。
すると割合と疲れずに進むことが出来ました。

自分なりには
「まあ、こんなペースでは完走は出来ないだろうが、半分まで行けるか
もしくはうまく行けば56キロの弥栄庁舎まで行けるか、ダメでもそれまで
に止められるか、まあ行ける所まで頑張ろう」と思っていました。

そして、30キロのエイドに着いた時です。
「お疲れ様でした」とスタッフの人が声をかけてきました。
「?」
「制限時間が過ぎました」
「え~」
正直最初は訳がわかりませんでしたが、すでにスタートから4時間1分が過ぎて
しまっていました。しかも数10秒です。
今までここの関門なんてまったく意識した事がなかったのでまったく気にして
なかったのです。
関門を知っていればもう少しペースアップしたのに・・・。

エイドに着くとぎりぎり間に合ったランナーが休んでいました。
「間に合った人も10分後には再スタートして下さいよ」
という声をむなしく聞きながらゼッケンを外しチップを返却しました。
「リタイヤの人はここからバスに乗って下さい」
と言っていたのですが、泊まっている所がここから3キロほど先の夕日ヶ浦温泉
だったのでスタッフにことわって歩いて行くことにしました。
何しろ全然元気ですから・・・。

最初は歩いていたのですが途中からゆっくりと走って行くと
「最後尾」と掲げた車が最終ランナーについていました。
段々とその最終ランナーに近づいて行きやがて抜きました。
何しろ元気ですから・・・。
d0075225_15413081.jpg



ゼッケンとチップを外すと気持ちが軽くなったのかどんどんと走る事が出来るように
なりました。(まあゴールは3キロ先ですけれど)

そのあとは10人以上は追い抜いたと思います。
やがて夕日ヶ浦温泉に着いたのですがそのまま宿には帰らずに七竜峠の登り口まで
走って今回のゴールとしました。
スタートしてから34キロ、まだまだ余裕はありました。
しかし、もう走ることは出来ません。

まったく情けない事ですがしかたがないです。
一番の原因は全然練習をせずに参加した事が悪いのです。
100キロマラソンはそんなに甘くないという事を改めて思い知らされました。
[PR]
by szsato | 2011-09-25 15:41 | 大会

いよいよ丹後です

先ほど夕日ヶ浦温泉に着きました。
明日はいよいよ丹後100キロマラソンです。しかしご存知のように今回はまったく練習出来ていません。
だから明日はかなり長いマラニックのつもりで気負わないようにゆっくりと走ったり歩いたりして行きます。
それでもお天気は心配ですね。
[PR]
by szsato | 2011-09-17 17:42 | 大会

芦屋リレーフォーライフ、キャンドルランに参加しました

土曜日、日曜日と芦屋リレーフォーライフの12時間キャンドルランに
参加しました。

リレーフォーライフというのは癌患者支援チャリティイベントで
24時間リレーで歩き続けるというものです。
そのなかでキャンドルランというのは午後8時半から翌日の午前8時半までの
12時間リレーで走る物でした。

チーム名は「チーム風来坊」です。
そして、メンバーは私と高校1年生の息子の2名です。

息子曰く、「なんで他のチームは大勢なのに家は2人だけやねん
と言う息子に
「しゃあないやん、集まらなかったんやから」
と答えたのですが本当は来週参加予定の丹後100キロに参加予定の
私ですが全然練習不足なので最後のあがきで参加したのです。
大勢で参加したのでは練習にならず、といって単独そうではちょっと厳しそう
だったので息子を引きずり込んでの2人参加としたのです。

土曜日の午後4時頃の受付を済ませて指定されたスペースにテントを設営したの
ですが、そこでトラブルが発生しました。
テントを設営してから開会式に行ってから戻ってみると知らない人たちが
自分たちのスペース内に、テントの真横にブルーシートを引いているでは
ありませんか。
「何だこの連中は?」と思っているとそのメンバーのなかの女性が
「あの、ここは私たち「チーム風来坊」のスペースなのでけれど」
と言ってきました。
私は訳がわからなくて「・・・」状態でした。
そして約3秒後何となく理解して
「私たちも「チーム風来坊」で登録してここにテントを設営するように
言われたのですよ」と答えるとその女性も驚いて
「え~っ」と言っていました。

そうです、偶然「チーム風来坊」が2つあったのです。
たぶん受付では混同されて2チームが1チームと勘違いされたのかも知れません。
「大会本部に言いましょうか?」と言っところ彼らはウォーキングの参加なので
夜は帰宅するとの事。そして我々は夜から朝までの参加なのであまりかぶらないので
これも何かに御縁だからこのままいきましょう、と言う事になりました。

そして、せっかく知り合えたのだから一緒に歩きませんかということで
200mの周回コースを旗を持って一緒に5周歩きました。

そして遅れてやってきた息子と合流したのですが、その足元をみてビックリ・・・。
「お前それで走るんか?」
なんと奴はランニングシューズではなくクロックスを履いてきました。
「いつもこれで走っているもん」と平気な顔をしていました。

午後8時半にキャンドルランがスタートしました。
嫌がる息子を第一走者にして走らせ1時間交代ということにしました。
息子はどうせ途中で潰れるだろうと思っていたのですが、
以外にしっかり走ってくれてちゃんと1時間交代で襷を繋いで行きました。

それでも2人だけで走ることは結構つらく、後半はお互い結構歩きが入って
しまいましたね。

そうしてスタートから12時間後の午前8時半に何とかヘロヘロのなりながらも
ゴールしてほっとしました。
どうせ順位は最下位だろうと思っていたのですが、2人で400周、80キロを
走って58チーム中29位と意外な成績でした。

私は自分で数えていたので42キロ走ったのでクロックス息子は38キロ走った
事になりました。
2人で頑張ったので成績には2人とも大満足でした。

ところでスタート前にはカワニャンさんとロッコーマンさんが訪ねてきてくれました。
応援ありがとうございました。

それから朝方走っているとABCラジオの「ドッキリハッキリ三代康司です」
(以後ドキハキ)の三代沢アナウンサーを見かけました。
実はこの大会は「ドキハキ」のラジオを聴いて参加することにしたのでした。

「ドキハキ」は去年からこのスタッフでキャンドルランに参加しています。
思いきって三代沢アナウンサーの声をかけました。
「おはようございます、実はラジオを聞いての初参加なのですよ」
「おはようございます、そうですかそれはありがとうございます。
一晩走ったあとの朝は気持ちがいいですね。」って言っていました。
確かに気持ちいいのですがヘロヘロでした。

その出会った事を月曜日の番組にメール投稿したら採用されて番組中に
読んで頂きました。
息子と2人で参加して29位になった事、しかも息子はクロックスで約40キロ
走った事などを書いたら驚いていましたね。

録音したものを後で息子に聞かせたら満更でもなかったみたいです。
[PR]
by szsato | 2011-09-14 00:13 | 大会

高知県に出張でした

9月7日から今日まで2泊3日で高知県に出張していました。
場所は前回と同じ芸西村です。

9月8日、早速、出張ランをしました。
民宿を出発して東に向かって自転車道を走って行きました。
午前6時に出発したので日の出の朝日を浴びながら
太平洋の砂浜と松原を望みとても気持ちの良いコースでした。

4キロ走った所に坂本竜馬の妻、おりょうの銅像がありました。
展望台があったので太平洋に向かって大きく伸びをしたから、
また走り出しました。
道は安芸市に向かってまだまだ続いていたのですが、
結局5キロ走った時点で引き返しました。

往復10キロを自分にとっては普段の練習では考えられないくらいの
良いペースで走る事が出来ました。

その日は仕事が早く終ったので午後4時過ぎには民宿に戻ってきました。
出張に一緒に行った3人は宿の近くの防波堤で釣りをするというので
(ちゃんと釣り道具を持ってきていました、笑)
釣りが苦手な私は夕飯まで走る事にしました。

朝とは反対方向の西に向かって自転車道を走って行きました。
香南市の夜須駅までの3キロの往復6キロを走りました。

この自転車道はお遍路さんの歩く道なので途中でお遍路さんの休憩所が
何箇所かありました。
将来、いつの日にか四国八十八ヶ所歩き遍路旅をしてみたいものですね。

9月9日、午前5時に目が覚めたら外は雨・・・。
今日はもういいかあ、と思ってウトウトして6時くらいまでしていました。

雨は上がっていたので思いきって外に出ました。
今日は昨日の夕方に走ったコースから途中で分かれて半島を走る事に
しました。

手詰(てい)岬に行ってみると遥か太平洋が雄大に広がっていました。
そこから登り道をゼイゼイと言いながらのぼりそこから一気に下った所に
手詰勝どき橋が有りました。

最初は踏切かなあと思ったのですが、その川に船が通る時に
橋が上がるのですね。
朝早かったからかどうかその時は無事に渡ることが出来ました。

そこから夜須駅の手前から昨日と同じ自転車道で民宿に帰り6キロ走りました。
さすがに今日のペースは昨日に比べたら遅かったですね。

久しぶりに気持ちの良いランが出来ました。
[PR]
by szsato | 2011-09-09 21:50 | ジョギング

台風12号、大変でしたね

鈍足台風12号の被害は甚大だったみたいですね。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
また亡くなられたかたには心からご冥福をお祈りいたします。

私はというとおかげさまで台風の被害は全くありませんでした。
しかし、土曜日は仕事、そして今日は日曜日で休みだったのですが
ある現場の関係で一日自宅待機状態でした。
それが解除されたのは夕方になってからでしたが、外はザーザー降りの雨・・・。
結局走れずじまいでした、丹後2週間前だというのに・・・。

今日、走友のたかさんから11月13日開催の「2011 KOBE 六甲全山縦走大会」
の申し込み用紙を送って頂きました。
9月1日の申し込み日に行けなかったのでタカさんが私の分まで確保して頂いたのです。
タカさん、どうもありがとうございました。

これで秋の予定は、丹後100キロマラソン、四万十川100キロマラソン、と
この六甲全山縦走大会になりました。
[PR]
by szsato | 2011-09-04 22:25 | ブログ