<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

篠山まで走りました

いよいよ今週末(6月1日)は阿蘇カルデラ100キロマラソンです。

最後の週末なので土曜日に自宅から丹波篠山の城跡まで走りました。
滅茶苦茶暑かったです。
そのためにタオルを水に濡らして首に巻いて走りました。

豊臣家の財宝が眠っていると言われている多田銀山跡を通過して
近畿自然歩道にはいってしばらくはトレイルランです。
d0075225_13263776.jpg

                        多田銀山

こんな所で転んで怪我でもしたら大変なので早歩きで行きました。
やがてトレイルコースを抜けるといきなり住宅地です。
そのギャップは大きいです。

猪名川道の駅から歴史街道という散策道がしばらく続いているので
田園風景を楽しみながらのんびりと走って行きました。
歴史街道は「いながわ町立ふるさと館」まで続いていました。
ここまで15キロです。
暑くてかなりバテ気味でした。
トイレを借りてカラカラに乾いていたタオルを濡らしてから再出発です。
ここから県道12号を北上していきました。

「別に篠山まで行くなんて誰に宣言したわけではないのでここからひきかえそうかなあ、
それでも30キロは走れるのだし・・・。」
と暑くてもうろうとした意識の中で思いました。

家を出てから18キロ地点にコンビニがあるのでここで「ガリガリ君ソーダ味」と
氷結レモン水を買いました。
ここまでスポーツドリンクを2本飲みきっています。
d0075225_13581082.jpg


この氷結レモン水は結構楽しめましたね。
早く溶けるように手に持って首筋に当てたりおでこを冷やしながら走りました。
それでも最初は溶けて冷たいレモン水がチョロチョロと飲めるだけでした。
最後にはじれったくなって残っていたスポーツドリンクをレモン水のボトルに流しこんだら
意外や意外、結構美味しかったです。

いつものように21キロ地点の杉生のコンビニでお昼ご飯にしました。
おにぎりを2つといつもなら缶ビール350mlを飲むところなのですが、今日は暑すぎ
なのでさすがの私でもビールはちょっと、思い200mlにしました。(笑)
d0075225_1491327.jpg


ここから篠山に続く峠道です。
エネルギーを充填したのでさあ、頑張るぞ!
と思わなければ行けないところですが、あまりの暑さでその元気も無くとぼとぼと
歩き出しました。やがてゆっくりと走りには移行していくのですが気分的には
どちらでもいいや、と思うようになりました。

途中で自販機があったのでサイダーの飲んでそれから水を買ってすっかり干上がった
タオルを湿らして首に巻くと少しは元気が出てきました。

クラクラしながら
「天気予報では今日は日中での激しい運動は避けて下さい。」
なんて放送しているかもなんて思っていました。
自分でもよく熱中症にならないものだと感心したりしましたね。

やっと西峠にたどり着くと少し木陰が出てきました。
木陰はさすがに涼しかったですね。

峠を下っていく途中に道の駅で休憩です。
本当に今日は休憩ばかりしています。
こんな事では阿蘇は不安になってきました。
ここで「アイスの実 ぶどう味」を食べてまたまたスポーツドリンクを買いました。
トイレでタオルを洗ってから首に巻いて出発です。

後川の交差点から最後の峠を登り城東トンネルにたどり着いたらトンネル内工事のため
片側通行になっていました。
トンネルの歩道を半分くらい行くと警備員の人が通行留めにしている方の道を走らせて
くれました。これはぼこぼこの歩道と違って快適に走れましたね。

トンネルから豪快な下り道を走って日置まで行きました。
今日一日で一番快適に走れた区間でした。

日置から国道372号の暑い道をだらだらと走りました。
京橋口北詰で篠山川を渡り市街地に入りました。

ここからは城跡のゴール地点(篠山マラソンのゴール)まで超スロージョグで
進行していきました。
やっと到着しました。ここまで42キロでした。
d0075225_14351875.jpg


すぐに自販機を見つけてコカコーラを買ってがぶ飲みしました。
これでここまで4リットルくらいの水分を摂取したことになります。
それでもお腹がチャプチャプにならないのが不思議でした。

ここからはバスでJR篠山口液まで行って帰宅しました。

日曜日に前日の疲労抜きで10キロ走りました。
あくまでもゆっくりですが・・・。
とりあえず今月はこれで月間走行距離が300キロになりました。
本当に久しぶりです。
[PR]
by szsato | 2013-05-27 14:41 | ジョギング | Comments(4)

kimi兄さんとM練です。

70歳代のスーパーランナーのkimi兄さんと久しぶりのM錬でした。
18日(土)に箕面駅に午前9時に待ち合わせました。
当初天気予報では雨だったのですが、一日ずれて暑いくらいの
良いお天気でした。
腕と首に日焼けクリームをたっぷり塗ったのですが結果的には
現在ヒリヒリ状態です。

この間の萩往還の結果があまりにも不甲斐ないのでこのままでは
阿蘇もかなり危ないのでkimi兄さんに稽古をつけて頂けるように
お願いしたのでした。
kimi兄さんは凄い脚力の持ち主なので普通ならプュ~と
置いていかれるのですが
今回は腰を痛めていてコルセットに鎮痛剤服用という
痛々しい状態でした。それでもお付き合いいただけるので
感謝、感謝です。

そういう訳で今回は私のペースで走ったのでかなり
ゆっくりしたものでした。
厳しい上り坂はしっかり歩く、勾配のキツイ下り坂も気をつけて歩く
と言ったものでした。

妙見山山頂の気温は23℃で思ったよりも暑かったですね。
と、いうわけで途中のコンビニでは美味しいビールを頂きました。
まあ、訓練というよりはのんびりマラニックを楽しんだと
言った方が良いでしょうか。(笑)

それでも結果的には42キロを走った(かなり歩いたのですが)ので
良い練習になりました。

kimi兄さん、どうもありがとうございました。
[PR]
by szsato | 2013-05-20 21:59 | ジョギング | Comments(2)

息子の母の日プレゼント

東京で一人暮らしをしている息子から
一日遅れで母の日のプレゼントが届きました。

母の日当日に家内は
「どうせ息子からは何にも来るわけないし・・・
亭主はマラソンばかりでどうせ私はウルトラ後家ですよ。」

とこちらにもとばっちりが回ってきました。

まったく期待していないところに突然届いたものだから
その喜びようと言ったらありませんでした・・・。

プレゼントの内容は100均で見繕ったようにしか
見えなかったのですが、
「値段じゃあないのよ、その気持が嬉しいの」
と言っていました。

良かった、良かったというお話ですが・・・
実は・・・。


その数日前に私から息子に送ったメールは次の様なものでした。

「今度の日曜日は母の日やで。
何か送ってあげたら感激すると
思うけれどなあ。
感激しすぎて大泣きするかも・・・。
たぶんええ息子や、と近所中に言いふらすやろな。

なおこのメールは内緒やで。」

その返事は
「」あ-、ん-、わかった」

でした。


なお、このブログも内緒ですよ・・・。(笑)
[PR]
by szsato | 2013-05-14 17:46 | 家族 | Comments(0)

筍を担いで西国街道

母親が
「今年はもう筍は終わったのかなあ~、もう一度たべたいな~]
なんて言うものですから母の日の事だしと去年西国街道を走った時に
見かけた京都と筍屋さんを思いだしてさっそく阪急電車で東向日駅に行きました。

いつもよりも大きめのリックを背負って駅から1キロほど走った
西国街道沿いにそのお店「神崎屋」さんはありました。

店先にはまだまだ沢山の筍が並べられていました。
さっそく値段を聞いてみると最低2000円からでした。

なるべく軽くしたいので1本はと聞いてみるととてもリックに入る大きさでは
ありません。これをむりやりリックに詰め込むと先端がリックからはみ出して
しまいますね。(笑)
それではあまりにも格好悪いので2本2000円の物にしました。

これは無事にリックに収まったのですがずっしりと重たかったです。
これを背負って高槻駅までの15キロを西国街道を走ったのですが
、肩にずしっと食い込みまるで冬山登山をする人が夏季に訓練をする
ような気持ちになりましたね。

今日はものすごく晴れわたり暑くて参りましたね。
体がまだ夏モードになっていなかったのですかね。
でも阿蘇に向けての良い練習が出来ましたね。
d0075225_2204854.jpg

[PR]
by szsato | 2013-05-13 22:00 | ジョギング | Comments(4)

長距離ランの擦れ防止

フルマラソンの距離を越えると体のあちらこちらに擦り傷が
出来てしまいますね。

萩でも多くのランナーが途中で擦れに苦しんできました。
特に股ずれは辛いですね。

友人のランナーが去年の萩往還250キロで順調にはしっていたのですが
千畳敷を降りた地点で(約130キロ)で股ずれに耐えられずにリタイヤして
しまいました。もったいないですね。

スタート前に行われるウルトラセミナーではそんなときは手袋をパンツの中に
突っ込んでしまえばマシになる、なんて言っていましたがなかなか大変です。

実は私も長いこと股ずれには苦しんできました。
「そんなものはやせれば無くなる」
なんて言われたこともありますが、それはそれで難しい課題です。(笑)

そこで色々と試みました。
まあ、恥ずかしいので今まで内緒にしてきたのですが
最近では全然股ずれで苦しむ事はなくなったのでそれなりの効果はあるみたいです。
(250キロ完踏したときも股ずれにはなりませんでした)

その方法とはすごく簡単なことです。

市販の防水傷テープ(傷パットの無いタイプ)のラージ版、もしくはフリーサイズを
スタートする前に擦り傷が出来そうな所に張って置くだけのことです。
ワセリンとかクリームは一切塗りません。
そんな物を塗るとテープがはがれてしまいます。
汗にも強く結構しっかりと張り付いてくれています。
ただし張り方がまずいと途中ではがれてしまうことがあるので予備のテープは
数枚持って行きますよ。

別に股ずれ専用という訳ではないので気になるところにあらかじめ張って置くのが
良いと思います。

まあ一度お試しあれ・・・。
d0075225_10501579.jpg

[PR]
by szsato | 2013-05-10 10:45 | マラソングッズ | Comments(6)

萩往還250キロ、来年頑張ります

250キロ超ウルトラマラニックには
偶然とかたまたまとかはあり得ません。

色々と言い訳はあるのですが
やはり練習量が全然足りていませんでした。

自分の場合はいっぱい、いっぱい練習しても
ぎりぎりなのにしかたがないです。

5月2日午後6時「エイエイオ~」の掛け声で
スタートしました。
今回は第5グループで9分遅れのスタートでした。
d0075225_16325466.jpg


上郷駅までは実に気持ち良く走れました。
駅に着いたのは7時30分だったので13.2キロを約80分で着いた事に
なります。自分のウルトラのペースとしては速すぎです。

さあここから長い登り坂になるのでペースダウンして走っていたら
ryujiさん、かねやんさん、じゅんこさんのホラポス軍団に追いつかれて
しまいました。

そこでしばらく付いていったらどんどんと前のランナーを追い抜いて行きます。
二本木峠あたりではもう付いて行く事ができなくなりました。

こんどこそマイペースでと思って走っているとジョグノート仲間の
ウルトラマンさんに追いつきました。

そこで今度はウルトラマンさんのペースに付いて行く事にしました。
色々と話しながら走っていると疲れもやわらいできますね。

33キロ地点にコンビニがあったのでトイレを借りるために
ここでウルトラマンさんとは別れました。
トイレを借りてジュースを飲んで(まだビールではありませんよ)
再出発です。
今度こそ一人旅でした。

11時30分、44キロの西寺交差点に到着。
5時間20分、まあまあのペースです。

ところがやはり練習不足はここらへんから出てきましたね。
52キロ以上練習で走っていなかったのも響きました。

坂道が続き段々と走れなくなり気力もダウンしてきました。
すると今度は今まで何度もお世話になった越田さんとお会いしました。
越田さんはこの萩往還を最初からずっと参加している超ベテランランナーです。
越田さんは登りは歩く、下りと平坦な道は走る、宗頭では5時間寝てゆっくり休み
午前4時(関門時間)に出て余裕でゴールする、という強者です。

越田さんとそのまま豊田湖まで引っ張って頂きました。
お話しながら走っていると不思議なもので体力も気力も回復してきました。

三又路を右に曲がって登って行く途中で道路の轍に足を引っ掛けて
転んでしまいました。

左肘をしたたか打ちつけてしまいました。
良く見ると手のひらも擦りむいて血まみれでした。
59キロの豊田湖に到着したのが3日の午前1時30分でした。
豊田湖のトイレで傷を水洗いしてからバンドエイドで応急処置をしました。

ここのエイドの受付に同じ旅館に泊まっている札幌からこれてている
美人ランナーのAさんが居られました。
調子がおもわしくなく休んでいるとの事でした。
実はバンドエイドはAさんから頂きました。

豊田湖からは再び一人旅です。
寒くても左手が血まみれなのでウィンドーブレーカを着る事が出来ません。
Tシャツ1枚なので震えながら走って行きました。

さすがに疲れてきてここから多くのランナーに抜かれてしまいました。
「今回はここまでか・・・。」
どこでやめるかということばかりを考えるようになりました。

67キロの俵山温泉エイドについても回復しませんでした。
それから長くて厳しい砂利ヶ峠をとぼとぼと歩いて行きました。
眠たさもピークになってきました。
確か完踏した時はここも走って登ったなあ、なんて考えると益々と
気が滅入ってきました。

峠からに長い長い下り道をボチボチと走っていると段々と調子良くなってきて
80キロの新大坊エイドまでの10キロは休まずに走り続けることが出来ました。
d0075225_1720679.jpg



復活!
と思ったのですが基礎体力も無いくせに調子に乗ったものだから
ここからまた走られなくなってしまいました。
眠気も襲ってきました。

伊上の交差点を右折してしばらく行くと自販機がありました。
ここでブラックコーヒーを飲んで少しですが眠気を抑える事ができました。

朝日が綺麗でした。
d0075225_17235114.jpg


不思議と登り道になるとゆっくりですが走る事が出来るようになり
何とか87キロの旧油谷中学校に着く事が出来ました。
チェックをしてから近くの海湧食堂でお粥さんを食べました。
この食堂はこのレース中で雄一生ビールが飲めるところなので当然
頂きました。

気力回復!
午前7時に食堂をでて登り道を走り続ける事が出来ました。
恐るべし生ビールパワー・・・。

しかしそんな付け焼刃のパワーは俵島でことごとく打ち砕かれてしまいました。
俵島の厳しい道では全く走れなくなってしまいました。
時間がかかり過ぎているのと左肘も痛いし足も痛いし眠たくなるしと
気力がどんどんと萎えて行きました。

俵島のチェックポイントでは何と豊田湖でお世話になったAさんが追いついて
きました。休んでいると少し回復して走れるようになったという事でした。
d0075225_1735862.jpg



自分はもう走れないのでAさんは先に走って行かれました。
ここからずっと歩きです。
やっと農協の三又路までたどり着いたらAさんがベンチに座っていました。
やはり調子がいまひとつ良くないみたいです。

Aさんは私付いて行きますというのですが
「私に付いてきても完踏できませんよ」と言うと
「行ける所までお願いします」ということで再び道連れが出来ました。

Aさんは去年初めて250キロに参加して見事完踏しています。
走歴も私よりもずっと長いベテランランナーです。
色々と話していると何故かまた少し走れるようになりましたね。
(現金なものですね)

本当はこれ以上歩き続けるのも辛いので107キロの川尻岬でリタイヤを
しようと思っていたのですが、それも出来なくなってしまいカレーライスと
缶ビールで最後のエネルギー補給をしました。

それでも案の定、117キロの立石観音で力尽きてしまいました。
私と道連れになったAさんには申し訳ない事をしました。

結局、今年も「宗頭おはようございます隊」の一員になっちゃいました。

朝、バスは山口行きしかありません。

Aさんと相談して萩までのコースを歩いてみる事にしました。
私は何度か明るい時に(当然リタイヤした時ですが)歩いているのですが
Aさんは去年真っ暗な時に走ったので全くイメージが出来ないそうです。

4日午前7時に宗頭文化センターを出発して約3キロで
藤井商店に到着しました。
d0075225_1805980.jpg


ここから細い道を左に登って行きます。
暗いと全く分からないのですがのどかな里山の良い道です。

楽しく話しながら歩いていると辛いはずの鎖峠もあっという間に
到着しました。長い道を下って三見分岐を左折してから三見駅に向かいました。

途中で馬の頭が3つ並んでいました。
d0075225_1862415.jpg



三見駅を見てAさんは去年とまったくイメージが違うと感心していました。
d0075225_1819553.jpg



レース中ではここからの道が一番暗くて恐い所なのですが、
明るい時ならばどういう道ではありませんね。

踏切を越えると雄大な日本海に出会います。
ここも暗いと海の音と潮に香りしかしませんね。

玉江駅を通過して萩城址に行きここでお土産を物色し再びコースにでてから
浜崎緑地公園を通って行きコースは雁島橋を渡っていくのですが、今日は
橋を渡らずに左折して萩駅に向かう事にしました。

実はAさんも私も焼き物に興味があったので萩市民体育館で開催されている
萩焼き展を見に行く事にしました。

途中でこんなものがありましたよ。
d0075225_18175923.jpg


萩焼きを堪能してお土産も買ってから萩駅からシャトルバスのある東光寺の
金照苑までタクシーで行って山口に帰って行きました。

一日お付き合い頂きましてありがとうございました。
本当ならばさっさと山口の宿に帰って不貞寝していたところを
おかげさまで充実した一日を過ごせました。

写真はこちらです。
ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2013-05-06 18:26 | 大会 | Comments(15)