<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

白山、白川郷マラソンの50キロ完走、いや完歩

白山、白川郷マラソンの50キロに参加してきました。

50キロで制限時間が10時間半なのでなめてかかっていましたが
標高差1200Mはなかなかタフなコースでした。

第一回大会なので宿泊事情も現地の交通事情もわからないため
今回はカワニャンさんとわかちゃん、わかだんな(わかちゃんのご主人なので)
の4人で旅行会社を通して宿泊場所を申し込みました。

わかちゃんとわかだんなは都合によって電車で受付会場まで来る事に
なっていたのでカワニャンさんとカワニャンさんのラン友2名(当然女性)との
4名で西宮から車の乗り合いで現地に向かいました。

名神高速から東海北陸道を通って白川郷に着きました。
村営駐車場に車を止めてから世界遺産の合掌造り集落を観光しました。
d0075225_21224066.jpg


今日のお昼ご飯は村の中の食堂に入り山菜山芋鉄板焼き定食を頼みました。
素朴な味でなかなか美味しかったです。
今度家でやってみよっと。
d0075225_21231673.jpg


それから明日の下見を兼ねて白山スーパー林道を車で走ってみることに
しました。
ちなみに明日はマラソン大会のため白山スーパー林道は一般車通行止めです。
(なかなかな物ですね)

白川郷からしばらく上り坂を登っていきました。
これがなかなかな急勾配です。

料金所について通行量を払おうとしてジェジェジェ!
何と片道3.150円也です。

西宮から白川郷までの高速量が3.750円だったのであまり変わりませんね。
そこから白山スーパー林道の景色を堪能したと言うよりもコースの厳しさを
堪能しました。
d0075225_21264059.jpg


それから受付会場に行ってわかちゃん夫婦と合流しました。
実は私は3日前から去年半年間苦しめられていた膝痛が再発症していて
参加するかどうかを迷っていました。

ところがわかだんなも突然足首が腫れ上がってしまい参加するかどうか
迷っていると言うことでした。
結局、2人でゆっくり歩いて参加しようということになりました。
d0075225_2144443.jpg

         コースを検討するカワニャンさん

今晩の宿は民宿「獅子吼荘」です。
ここは受付会場から約20キロです。
ちなみに受付会場の「白川役場」から明日のスタート会場「道の駅瀬女」
まで34キロです。
遠すぎませんか?


わかだんなも私も二人とも民宿の階段を手すりなしでは登れない
状態でした。( ̄∇ ̄)

「獅子吼荘」は思っていたよりも綺麗な宿で食事も大変おいしかったです。
こんな場所だから山菜と川魚料理だと予想していたのが大いに外れました。
流石に石川県、海の幸がいっぱいでした。
特にノドグロの塩焼きは美味しかったです。
d0075225_21271651.jpg


食事の後は明日の準備をして4人でワインで前祝いをしました。

翌日4時に起床しました。
4時半にはちゃんと朝食の準備をしてくれていました。
ちなみに100キロの部の人は2時半頃に朝食の準備をしていてくらたそうです。
本当に至れり尽くせりでした。

そこからスタート会場の「道の駅瀬女」に行きました。
スタートは午前7時からだったのでのんびりと時間がすぎましたね。
(いつも100キロは4時から5時くらいのスタートが多いので)
d0075225_2128412.jpg


ゲストランナーは丸山弁護士でした。
スタートしてから一緒に歩きながらスタートしようと言っていたわかだんなに
裏切られてしまいました。
わかだんなはどんどんと前に行ってしまいました。

後から聞いたのですがわかだんなは朝になったら腫れが少し収まっていたらしく
結局なかなかの好タイムでゴールされたそうです。

ひとり取り残された私はスタートしてからずっと歩いて行きました。
どんどんと集団から取り残されていきました。
地元の人が応援してくれるのですが恥ずかしかったです。
本当にそれくらい走る事が出来ませんでした。

ふと気がつくと最終車両を伴ってずっと歩いていました。
鬱陶しいものですね。

そのうちの歩くのには慣れてきたのか完全ではないのですが
ウルトラウォークが出来るようになってきました。
道はスタートしてからずっと登り道です。

10キロ過ぎから前に歩いているカップルがいました。
段々と追いつくのが気がつくのか時たま走り出しました。
私は走る事ができないのでそのたびに離されるのですが歩きになると
また追いつきます。何度かそんな繰り返しだったのですが坂道の勾配が
厳しくなるとついに追い越す事ができました。
やっと最終車とお別れすることが出来ました。

それから1人抜き2人抜きで第一関門の最高地点約28キロまで
20人程抜きました。
ゲストランナーの丸山弁護士も10人目として抜きました。
追いぬくついでに握手をして頂きました。

昨日下見をしていた通りなかなかなタフなコースでずっと歩いていても
いい加減に疲れてきましたね。
約13キロで白山スーパー林道の入口ゲートにたどり着きました。
d0075225_21295070.jpg


今回は膝痛での参加なので登りは何とかなっても下りはむりだろうから
登り終わる第一関門でリタイヤする予定でした。
しかし登り終わってみるとここの関門時間が13時なのに12時15分に
到着することが出来ました。
ということはあと22キロ、残り時間は5時間15分もあります。
それこそ残りも全部歩いてもゴール出来そうだと思ったら膝にかなり無理を
してもらうことにしました。

当然走る事は出来ません。
折角追い抜いたランナーからはどんどんと抜き返されていきました。
後は自分との戦いです。
d0075225_21311244.jpg


下り坂のほうが膝への負担が大きので膝がきしみました。
何度も大会の車を駐めようかと思ったりもしました。
やっと白川郷の集落が見えてきました。大分と降りてきました。
d0075225_2133377.jpg


それでも何とかスーパー林道を過ぎやっとの思いで下りきって白川郷の村に
入っていきました。
白川郷に入ってあと残り10キロ?

下りきったらゴールじゃあないの?
次の関門は45キロ地点の展望所?

展望所ってもう下りきったのに・・・。

そうです、下ったら登る、ウルトラマラソンの鉄則ですね(^0^)

そこから白川郷の観光客であふれるコースを過ぎて展望台までの厳しい登り道を
登っていきました。
d0075225_21335491.jpg


その途中で50キロを走り終わったラン友のカクイさんが出迎えてくれました。
しかも缶ビールを持っていて一口ごちそうになりました。
美味しかった!
d0075225_21342040.jpg


展望台で写真を撮ってから再出発です。
d0075225_21345789.jpg


ここからがなかなか長く感じられました。
考えてみたら歩いているのだから5キロといったら1時間近くかかるのですからね。

結局何とか10時間で歩き通してゴールする事が出来ました。
いや完歩ですね。
一緒に参加していた仲間がまさか完走するとは!とびっくりしながらも
暖かく迎えてくれました。

さすがに見栄っ張りなので観光客が多い白川郷の町の中とゴール寸前だけは
ゆるジョグをしましたが、それ以外は全然歩き通しました。

もし膝の具合が悪くなかったら」もっと余裕があっただろうか?
けっこう考えさせられました。

今は膝痛は悪化してしまい歩くのもなかなか大変な状態ですが
昔、海宝さんから言われた言葉がよみがえってきました。

「痛い痛いと行っているが明日になるとその痛みが完走の喜びになるのだよ」

d0075225_2140415.jpg


写真をアップしました ウェブアルバム
[PR]
by szsato | 2013-09-30 17:10 | 大会 | Comments(10)

緊急事態発生、膝痛が・・・

緊急事態発生です。

去年の夏から半年以上苦しめられていた右膝が急に痛み出しました。

丹後ウルトラマラソンが終わったときも何ともなくその後もそれほど
走った訳でも無いのに一昨日歩いていたら急に違和感から痛みに
変わってきました。

なぜ緊急事態かと言いますと明日から車で白山に行って明後日開催の
白山、白川郷ウルトラマラソンの50キロに参加する予定だったからです。
この大会は標高差が1200mもあるのでかなり過酷になりそうなのです。

こんな状態では走る前からDNSになる可能性が大です。
今、必死に湿布していますがどうなることやらです・・・。
[PR]
by szsato | 2013-09-27 08:49 | 大会 | Comments(4)

丹後ウルトラリタイア

丹後ウルトラ100キロマラソンに
参加して予定通り回収されました。

雨だったのでいつもの灼熱もな
く走りやすかったのですが
練習不足が全てでした。

それにしても今回は調子が特に
ひどかったです。
走り始めてすぐから息苦しくな
り全くペースが上がりませでした。

今までで10キロでリタイア
したいと思ったのは初めてです。
どんどんと追い抜かれていって
モチベーションは下がりっぱなし
でした。

本当は30キロの関門で引っかか
ってしまうと思っていたのですが
何とか2分前に通過する事が
出来ました。

それからは開き直たのか苦しさも
なくなりゆっくりとマイペースで
走って行きました。
 
全く関門時間を気にしないで
走ったので56キロの弥栄庁舎
の関門時間を10分越えてしまい
リタイアバスに回収されてしまい
ました。

碇高原にチャレンジ出来なかっ
たのは残念ですがあんな状態で
56キロまでたどり着いたのは
奇跡に近いのであまり悔しさは
ありませんでした。

阿蘇ウルトラマラソンに続けて
また雨になってしまいましたね。

もう何も怖い物はありません。
(*⌒▽⌒*)

d0075225_2149891.jpg

[PR]
by szsato | 2013-09-16 21:12 | 大会 | Comments(6)

雨男は誰でしょう?

明日はいよいよ丹後ウルトラ
マラソンです。

そしてお天気はかなりの確実で
雨です。

6月の阿蘇ウルトラマラソンで
は一日中雨でした。

そしてわか練主催のセッテンバ
ー駅伝にスタッフ参加した時も
最後の30分前に雷雨におそわれ
ズブ濡れ…。

先週のM練でも雨、雨、雨…。

そして明日も大雨かも。

本当に雨男は誰だ!
[PR]
by szsato | 2013-09-14 18:31 | ジョギング | Comments(4)

重陽の節句

9月9日は五節句の一つの重陽の
節句です。
この日に菊の花を杯に浮かべてお酒を
飲めば長生きが出来るそうです。

早速やってみました。
d0075225_22432385.jpg


「これで何年長生きが出来るかなあ?」
とつぶやいたら、嫁さんが
「お酒を止めたら長生き出来るよ。」
だって…( ̄∇ ̄)
[PR]
by szsato | 2013-09-10 22:38 | ブログ | Comments(4)

雨のM練

丹後100キロマラソンまでいよいよ1週間前です。
今回は(ここから言い訳です(^0^))週末の仕事の忙しさとあまりの
暑さ、左股関節の痛み、家族サービス(こちらはかなりおろそかですが)
等々でまったく練習が出来ていませんでした。
そこで走友にお願いしてM練を付き合って頂きました。

9月8日(日)午前9時に箕面駅集合。
メンバーはカワニャンさんとOさんです。
空は雨がしっかりと降っていました。それでも申し訳ないのですが
スタートして頂きました。

箕面駅から滝道を登って行きました。
モンベルの雨具を着て走り出したのですが 途中で蒸れて暑くなっ
てきました。

d0075225_15163126.jpg

箕面の滝に到着してもさすがに観光客は少なかったですね。

そこから勾配のきつい坂道を登って車道に出て高山に向かって走って行きました。
雨の影響なのか自転車とは一台もすれ違わなかったです。
(音も無く後ろからくる自転車は結構怖い物ですよ)

一緒に走った2人は大会で年代別の入賞を狙うくらいのレベルなので
登り道ではどんどんと置いて行かれましたね。
まあ、その分マイペースで走れたので良かったですけれど。

2人は一旦登り切った高山の自販機で待っていてくれました。
雨で体が冷えていたので新たにペットボトルを購入することもありませんでした。

そこから再出発すると先に走っていたカワニャンさんのお口がモグモグしていました。
よく見るのイチジクが成って道の方にぶら下がっていました。
まあ、自生ということで(本当かなあ?)
d0075225_15274246.jpg


国道の金石橋までの下りは順調に飛ばして行きました。
いつも思うのですがここの約3キロの下りはもったいない(帰りは厳しい登りになるので)
と思ってしまいますね。

金石橋からはいよいよ妙見山頂まで約6キロの登り道が続きます。
またまたカワニャンさんの足が止まりました。
今度は見事な栗が成っていました。
さすがにこれは写真だけです。(取っていませんよ)
d0075225_1534185.jpg


さあ気合いを入れて上り坂だ!
と思った瞬間なぜか呼吸が苦しくなってきました。
まるで過呼吸みたいな状態です。
仕方がないので2人には先に行ってもらって妙見山の山頂でも待たずに折り返して
もらうように頼みました。
そして石垣に少し座って回復を待ちました。

5分も休んでいるとかなり楽になってきたのでゆっくりと歩き出しました。
やっぱり練習不足ですね。
やがてゆっくりですが走れるようになって妙見の山頂の野間口にむかう道の
三叉路にでました。
右折して山頂に向かおうとしたらちょうど2人が山頂から折り返してきたところ
でした。そんなに無理することないと説得されて今回は山頂をあきらめて3人で
野間口方向に降りていきました。

鳥居のあるお茶屋さんの前で野菜が100円で販売されていました。

d0075225_15442591.jpg

店のまえで悩むカワニャンさん

d0075225_15451556.jpg

結局買ってしまいました。
ここからお茄子をぶらさげて箕面駅までの約20キロを走ったのですから凄いです。

国道に出て金石橋方向に向かって走って行く途中のコンビニでお昼ごはんに
しました。

d0075225_1547977.jpg


先ほどあんな事があったのでどうしようか迷ったのですが結局カワニャンさんに
付き合っていつものようにビ○ルを飲んでしまいました。
やっぱり不良ランナーですね。

苦しい高山までの登りでも2人の足を引っ張り結局箕面駅にゴールしたのは
休憩時間を入れたとしても約6時間かかってしまいました。

いつもならば妙見山頂までの往復42キロなのですが
今回は1キロ手前で折り返したので40キロの走行となりました。

d0075225_15524344.jpg


どうもお疲れ様でした。
[PR]
by szsato | 2013-09-09 15:53 | ジョギング | Comments(4)

新車を契約

現在乗っている車が7年目で26万キロを越えました。
1年間で平均3万キロ以上走っていることになります。
(それくらいの気合いでランも走れと聞こえてきそうですが・・・)

通勤と仕事、大会への足として走り回っていたので仕方がないのですが
さすがに走りすぎですね。

先日も突然水温計が上がってオーバーヒートを起こしかけました。
たまたま帰宅途中だったのですぐにディラー持ち込んで修理をしました。
ラジエータのファンが壊れてしまったそうです。

これが自宅近くだったので事なきを得たのですが、もしこれが出張中や
大会参加の旅行中だったら大変な事になっていたでしょうね。
まだこの愛車に乗り続けたかったのですが、そろそろ決断のときかもしれないと
言うことで検討することにしました。

今までは家族5人がゆっくりと乗って旅行の荷物も詰めるという条件だったので
ミニバンだったのですが子供たちの手も離れて一緒に行動することがほとんど
なくなったので燃費の良いスモールカーでいいかなあと思いました。

本当は税金の安い軽自動車でもいいと思っていたのですが同居するお袋さんが
軽自動車は小さすぎて怖いから絶対に嫌だ反対されました。

結局、9月5日にモデルチェンジで発売されるホンダフィットのハイブリッド車を
検討しました。

ディラーに行って色々と話を聞くと今の車の燃費がリッター8キロしか伸びません。
(新車の時からそれほど良くはなかったのですが)
ところが今回の新型フィットのハイブリッド車ならばカタログ値でリッター33キロ
実際は25キロは間違いないと言うことでした。

現在のガソリンの値段で計算するとひと月のガソリン代が多いときで6万円
(仕事ですから)としてそれが3分の1の2万円になるとしたら月に4万円節約
できます。
年間にして48万円と計算するとスモールカーなので4年も乗れば車代位は出て
来ることになります。

かなり人気があるみたいで今契約しても3ヶ月待ちになるそうです。
結局ディラーに説得されて契約することになりました。

納車予定は11月末くらいになるそうです。

9月は丹後マラソン、10月は珠洲マラソンと車で走って行く予定ですが
それまで今の愛車が持ってくれるかは心配ですね。

d0075225_1661648.jpg

[PR]
by szsato | 2013-09-07 16:02 | ブログ | Comments(6)