<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

メリークリスマス

メリークリスマス、
と言ってもクリスチャンでもないし

子供達は息子は東京、娘は勝手にクリパー
に行っているしで家に残された嫁さんと
お袋さんと三人ではイブの夜と言っも
何にもないのですがね。

まあ、嫁さんは今日近所の教会に行って
クリスマスミサを聞いてくるそうですが
(でもクリスチャンではありませんが)

夜遅くなって娘が帰宅して嫁さんに
コッソリと彼氏からダイヤのペンダント
をもらったと告白したそうです。

父親としては聞き逃せない事ですよ!

娘の部屋の前で
「サンタさん、今夜のプレゼントは
ダイヤのペンダントを靴下の中に入れて
下さいな。」
と聞こえよがしに言ってから寝ました。

当然、朝になっても枕元の靴下の中は
空っぽでしたが…。

なおさら寂しいクリスマスでした。
(; ;)ホロホロ
[PR]
by szsato | 2013-12-25 06:21 | 家族

高野山町石道

高野山の町石道を歩いてきました。
今回で三回目です。

最初はUMML(ウルトラマンメーリングリスト)の
関西大会だったので当然ランが中心でした。

二回目は去年膝痛で走れなかったときにryujiさんに
誘われてのリハビリウォーキングでした。
今回はといいますと6月年間にH君と西国三十三カ所を
巡ったのですがそのお礼参りということで行ってきました。

H君は最近何にも運動らしいことはしていない
ということだたので全工程約26キロ程あるから
少しでも早くからスタートする事に
しました。
そのために南海橋本駅まで車で行って
駅前駐車場に停めて南海高野線に乗って
九度山に到着したのが8時過ぎでした。今回は車を
使ったので当然ノンアルコールです。
H君は打ち上げが出来ないと残念がっていましたが
仏様に参るのだから当然です。(^0^)

九度山駅を8時半に出発して真田庵を過ぎて
慈尊院につきました。
d0075225_649217.jpg


参拝を済ませてからいよいよ町石道です。
町石道とは高野山の参道で慈尊院から壇上伽藍
まで1町(約108m)ごとに五輪卒塔婆形の
石柱が180本建てられています。

慈尊院で最初の石柱を見ました。
確かに百八十と彫られていました。

そこから一本づつ確認しながら歩いていました。

段々と道の勾配がきつくなってきました。H君の
息づかいが荒くなってきました。
午後4時までに高野山奥の院にたどり着かなければ
目的の朱印が終わってしまいます。
非情のようですが休んでいる時間はありません。
d0075225_647223.jpg

六本木杉峠を過ぎたあたりから道はなだらかに
なりH君もなんとか追いついてきました。
d0075225_6503632.jpg

二ツ鳥居
ちょうど12時に矢立茶屋に到着しました。
d0075225_2059119.jpg


ここまで3時間半です。距離は
あと4時間で奥の院にたどり着いかなければ
いけません。

とりあえずお昼にしました。
d0075225_2055512.jpg

早く出発したかったのですがH君が茶屋の
焼き饅頭を食べたいと言うのでお茶屋に入りました。
d0075225_20585611.jpg

やっぱり美味しかったです。
結局30分ほど休憩してしまいました。
あと3時間半しかありません。
果たして間に合うか?

とにかく再出発しました。
ここからは道が険しくなってきます。
しばらくは途中でH君を待ちながら歩いて
いたのですがこれでは埒が開かないで
大門まで登ってしまって待つことにしました。
d0075225_22184939.jpg

15分程でH君は到着しました。
バテバテなのに良く頑張りました。
「少し休ませてくれ!」
と懇願する彼を
「時間がないし、まあここからは平坦な道だから」
と鬼のように休憩を却下しました。

町石道の終点の壇上伽藍に到着して
やっと一休みしました。
d0075225_2236472.jpg



ここから朱印がして頂ける奥の院まであと3キロ程です。
やっと時間が見えてきました。

高野山の賑やかな町を過ぎて奥の院の入口から
歴代の有名人、例えば豊臣秀吉や織田信長、など
のお墓を巡りながらやっと朱印場所に着いたのは
3時を過ぎていました。

念願の朱印をして頂けいてから安心して
弘法大師御廟を参拝してからバスで高野山駅に
向かいました。

今回は残念ながら打ち上げもありません。
車ですごすごと帰宅しました。

それでもなんとか6年ぶりにお礼参りが
出来て良かったです。

次回は本当のお礼参りの長野の善光寺です。
[PR]
by szsato | 2013-12-11 06:01