<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しごかれました、M練

昨日、M練を行いました。

M練とは阪急箕面駅をスタートして滝道を走り、滝からさらに
戦国大名高山右近生誕地の高山までずっと登り、そこから一気に
国道423号の金石橋まで下りそれから標高660mの妙見山まで
厳しい登り道を走って山頂で約21キロ、その往復で42キロを走る
というマラニックです。

箕面(M)と妙見山(M)のイニシャルからM練と呼ばれているのですが
影ではあまりにもきついのでSMのM(マゾ)の練習とも呼ばれています。
(*^▽^*)

距離が42キロというのでフルマラソンの練習と登り下りのロングコースから
ウルトラの練習にも適していると思います。

さて今回のメンバーですが、鬼軍曹の青ちゃん
(どんなときにも手抜きしない厳しさを持っています)
サブスリーのエムエムさん(まさにその通りのランナーです)
それからパワフルkimi兄さん(70歳代なかばでも凄いパワフルです)
の凄いメンバーが集まりました。

一人で走るときはいつものんびりと走って厳しい登りはバテながら
歩いているのですが今回は厳しいことになりそうです。

午前9時に箕面駅で集合して9時15分に出発しました。
d0075225_16245393.jpg


先頭は青ちゃんです。まだ最初なのでゆっくりと合わせてくれています。
一汗かいたら約3キロで箕面の滝に着きました。
木陰は涼しかったのですが日が当たれば結構暑かったので滝の水飛沫が
とても気持ちよかったです。
正直ここで引き返したかったです。 ´_`
d0075225_16485467.jpg


ここから車道に上がって高山に登って走っていきました。
箕面ダムが見えてくるくらいまでは先行する3人について行けたのですが
段々と離されていきました。

先頭は青ちゃん、ぴったりと着いてエムエムさん、そして少し離れてkimi兄さん
かなり離されて私が続きました。

湧き水の所でみんなが待っていました。
これはこれでマイペースで走ろうと開き直っていたのにプレッシャーになります。

冷たい水で口をすすいで再出発です。
またまた離されて次は高山の公民館で大休憩です。
ここまで約11キロすでにかなりバテバテでした。

言い訳をしますと先週の途中リタイヤした丹後の疲れが向けていないのかも
しれません。(やっぱり練習不足でしょう)

高山からの下りも全然ペースが上がりません。
でもやっぱり下りは楽ですね。(復路ではこれが地獄になるのですが・・・)

金石橋でまたみんなを待たせてしまいました。
どうもすみません。

さあ、これから妙見山頂までの約7キロ厳しい登りの始まりです。
普通ならばここから身体が慣れるまでゆっくりと歩いて行くのですが、鬼軍曹の
青ちゃんは手を抜きません。当然またまた離されてしまいました。

青ちゃんにぴったりとエムエムさんが着いていってkimi兄さんと私はしばらく
話をしながら歩いて行きました。
それでもやっぱりパワフルkimi兄さんに少しづつ離されていきました。

やっと身体が慣れてきたのでスロージョグで登って行くことが出来ました。
あ~、一人なら絶対に歩いているなあ、と思いながら自分なりに頑張っていましたね。
尋常ではないくらいの汗が噴き出してきます。
それでも木陰に入ると凄く気持良かったです。やっぱり秋ですね。

山頂と野間口の三叉路でまたまたみなさん待っていました。
先に山頂まで行ってくれたらいいのにすごいプレッシャーです。
ここから山頂まであと1キロです。
ここから登りの勾配がきつくなります。

青ちゃんとエムエムさんが先にいったのでkimi兄さんを誘って
ショートコースのハイキング道に誘いました。
ところがショートコースだけあって地道で勾配はさらに厳しく足が全くあがりません。

ハイキングコースから車道に出てショートコース達成という時に
青ちゃんとエムエムさんが丁度登ってきました。
やっぱり凄いは!

あとはkimi兄さんと一緒に山頂に到着しました。
ここで21キロです。約3時間15分程かかりました。
みんなの足を大文に引っ張ってしまいました。
おそらく自分が参加しなければ2時間半以内で着いていたことでしょうね。
d0075225_1710010.jpg


d0075225_17113099.jpg

山門の所に気温は23℃でした。

参拝してから下って行きました。
先行する3人には悪いと思ったのですが下山の登ってきたショートコースを
走っていったのですが三叉路までほとんど同じでした。

復路は野間口の方向に下って行って妙見口から国道423号沿いにある
コンビニに向かいました。
ここでやっと昼食です。
d0075225_1717205.jpg

別にビールは飲みたくはなかったのですが写真のお決まりで・・・。( ̄∇ ̄)

一息ついたらいよいよ金石橋から高山までの地獄の登りです。
やっぱり練習不足が祟ってほとんど走れませんでした。

ここで青ちゃんは登りの約3キロを15分で登り切ったそうです。
凄すぎです!

高山から箕面駅まで約11キロはずっと下りです。
それでも一人なら疲れているから途中で歩いてしまうこともあるのですが
今回は全く歩く事なくゆっくりですが走りきることが出来ました。
みなさんのプレシャーのおかげです。

休憩時間を除いたら約7時間で箕面駅に帰って来れました。
本当に良い練習が出来ました、。

青ちゃん、エムエムさん、kimi兄さん 
どうも有り難うございました。
[PR]
by szsato | 2014-09-24 17:26 | ジョギング | Comments(4)

こっそり参加ひっそりリタイア、丹後ウルトラ

今年の丹後100キロマラソンは全く練習していなかったのでこっそり
参加してきました。
d0075225_1650216.jpg



今年はスタート前にも誰にも知り合いに会わないで午前4時半の
スタートを待ちました。

今年のゲストの「はるな愛」さんの寝起きのがらがらなダミ声に送られて
真っ暗な道をずるずるしました。

最初の難関の七竜峠は思っていたよりも順調に走る事が出来ました。

練習不足なのに何故かなあと思い巡らしてみたらスポーツジムで
短い距離だがトレッドミルでキロ6分半~4分半のインターバル走を
何回かしたのが良かったみたいにです。

峠を下りきった最初の10キロ地点を65分程で通過しました。

普段の100キロマラソンならばまずまずの出だしなのですが、
ここからはやっぱり練習不足が祟りましたね。

15キロ位から周りのペースについて行けなくなりずるずると
落ちていきました。

自分では30キロの関門は間に合わないと思うほどバテバテになり
登り道は歩き走ってもペースは上がらすほぼ関門は諦めていました。

ところが30キロの関門時間にはまだ30分程余裕を残して
通過しました。

本来ならば「ここからだ!」となるはずがそうもいかず
だらだら走りが続きました。

夕陽ヶ浦温泉を過ぎるまでは何とか走りをキープしていたのですが、
七竜峠の復路はさすがに歩いてしまいました。

すると途中で50キロの部の先頭集団に追い抜かれてしまいました。
今までこんなに所で抜かれた事はなかったのでショックでした。

それからは次々と抜かれていきました。

バテバテでやっとの思いで峠にたどり着いた時には
右の外側の股関節に激痛が走っていました。

ここからせっかくの下り道なのにこれでは走る事が出来ません。

仕方なく足を擦りながら峠を下っていきました。
d0075225_1649425.jpg


50キロの人達には続々と抜かれていきました。
せめて走る事が出来たらこんなに置いていかれる事はないのに、
と思うとモチベーションがどんどんと下がっていきましたね。

やっとの思いで峠を下りきった45キロのエイドにたどり着いた時には
まだ関門時間は残っていたけれども走る事が出来ないのでひっそりと
リタイアさせてもらいました。

毎年思う事なのですがやっぱり今年も思いました。

「来年、頑張ろっと…。」

リタイアがきまったらまだ暑い中走っている人達には申し訳ないのですが
さっさと引き上げてビールを頂きました。

その日はやけに夕陽が綺麗でしたね。
d0075225_1658509.jpg

[PR]
by szsato | 2014-09-17 16:23 | 大会 | Comments(6)

重陽の節句

昨日は五節句のひとつで重陽の節句でした。

この日に杯に菊を浮かべて飲めば長生き
出来るそうです。
 
毎年未練たらしくおこなっています。
(そんなに長生きしたければ飲まなかったええやん) 
と聞こえてきますが…。

それにしても今年のお月様は綺麗でしたね。
思わず飲み過ぎてしまいました。
またまた寿命を縮めてしまいましたね。
(^○^)
d0075225_21134911.jpg

[PR]
by szsato | 2014-09-10 21:08 | Comments(0)