栗の渋皮煮

 先日の「秋のなめろう大会」の時に家内に作ってもらった栗の渋皮煮が
けっこう好評でしたので、帰宅してからレシピを教えてほしいと頼んだところ
「かなりいい加減だよ。」
って言っていました。

 彼女自身、実家の母親からの聞きかじりで作った物だそうですので、
この通り作られて失敗しても当方では責任を持ちませんので
宜しくお願いいたします。(笑)
  
  栗1キロを半日ほど水につけて柔らかくした栗の鬼皮をむきます。
  この時に渋皮に傷を付けないようにしないと煮ている時に割れてしまうそうです。
  鍋に栗とたっぷりの水と重曹を大さじ1杯を入れて中火位で煮ます。
  沸騰したら15分くらい静かに煮てからそのまま自然に冷えるのを待ちます。
  これを3回~5回程繰り返します。
  次にきれいな水の中で渋皮のすじを栗にきずをつけない様に取ります。
  ヒタヒタの水グラニュー糖を500グラム~800グラム
  (このへんは甘みの好みによって違うそうです)入れ弱火で30分くらい煮ます。
  そして自然に冷やす事によって栗に甘さをしみこませていきます。
  冷えてからあとは好みでブランデーを入れる事もあります。

以上であります。栗も高価ですからくれぐれも自己責任でお願い致します。
[PR]
by szsato | 2009-10-13 17:46 | 男の料理
<< いよいよ四万十川です 四万十川への道第2弾 箕面~妙... >>