検査結果

今日は得意先で会議があるので
出席するために大阪市内の淀屋橋まで出かけていった。

普段は作業服か、よほど暑かったらTシャツ1枚で仕事をしている者が、
滅多に着ないジャケットにネクタイをしたものだから汗がたまったものではない。
今日は台風の影響かどうか湿度が高くムシムシと暑かった。

それでなくても、ランニングを始めてから汗っかきになったと思っているのに
全身から汗が噴き出してきて、シャツがどんどんと濡れてくる。
ついに一人だけ大雨にあったようにビショビショになった。
汗をかくのは嫌いじゃあないが、それはそれなりの格好での話だ。

しかし周りを見渡すとビジネスマンはみな涼しい顔でスーツを着こなしている。
やっぱり、私がおかしいのか?

一度、友人の商社マンに暑い時にスーツを着るコツを聞いたことがある。
「水分を極力とらないようにして、ひたすら我慢すればなれるよ。」

それって、体に悪くない?

体に悪くないっていうことではないが、
今日会社から帰宅して近所の医院に先日の血液検査の結果を聞きに行った。

そうしたら、持病の痛風(? 走り始めたきっかけ)の尿酸値が7.6と基準値を
少しオーバーしたが、その他はすべて合格、それも優等生の値だ
とドクターが褒めてくれた。
尿酸値も今まで頑固に薬を飲んでいないけれど、もう少し様子を見るという事で
落ち着いた。


今朝はまだ涼しい朝のうちに8キロ走りました。
[PR]
by szsato | 2006-07-07 22:55 | 健康
<< リタイヤの理由 諏訪湖にて、その2 >>