117

 あれからもう14年も経つのですね。
群馬県の出張先から車を飛ばして誰もいない家に朝帰りして、
うつら、うつらと寝かかった時にあの衝撃が襲いました。
いつまでもいつまでもそして永遠に揺れ続けているような感覚でした。

 やっと治まってふっと我に返ると家内と子供達が里帰している芦屋の事が
心配になって急いで電話をしてみました。
何度かけ直してもかかりません。

 これじゃあ、らちが開かないとい思って車で芦屋に向かいました。
西宮からの道が通行止めになっていたので有馬の山越えをして
やっとたどりつきました。家内の実家に、いや正確には実家のあった跡地に・・・。

 全壊でした・・・・。

そして、生後4ヶ月の次女が犠牲になってしまいました。

 毎年、1月17日の朝は早朝ジョグをして、途中で南西の方(芦屋の方向)に
むかって軽く黙祷する事にしています。
 ところが今日は何と寝坊をしてしまい慌てて家を出たときには
もう6時を過ぎていました・・・。(あっちゃ~)
しかも、今日は現場の仕事が入っていたので
法事にも参加できませんでした。

   黙祷・・・・・・。
[PR]
by szsato | 2009-01-18 10:01 | ブログ
<< 千葉県への出張 息子の実力テスト >>